2013/7/17 | 投稿者: アラン

クリックすると元のサイズで表示します
焚き火缶 ウッドガスストーブ 自作第2号  五徳3本は裏側からロストル部分に収納出来る、
スタンドは脱着式

クリックすると元のサイズで表示します
外側の缶は昔にミスタードーナツで買ったコーヒー豆の缶、
少し黒ずんでしまったが、当時の緑色の塗装が残っていて、
米軍の古いストーブのカラーに似ているのでそのまま残している
上下部分は耐熱シルバーで塗装済み

クリックすると元のサイズで表示します
な○じゃ村で買ったトングが火箸がわりに重宝している

クリックすると元のサイズで表示します
苦心して制作した折りたたみ式のスタンド、燃焼室に入る

クリックすると元のサイズで表示します
他の焚き火ストーブと比較してもかなり小さい
solostove(ソロストーブ)として理想的なサイズだ
0

2013/7/17 | 投稿者: アラン

クリックすると元のサイズで表示します
焚き火缶 ウッドガスストーブ 自作 第1号   ウッドガス型、二重になった壁のすき間を温められた空気が上昇し、上部の穴からから吹き出て二次燃焼をする、
燃焼温度も高く、煙も少ない。

クリックすると元のサイズで表示します
五徳、火力調整用プレート、ロストルの灰受け皿等が、底の部分に
全部収納できてシステム化してある、
燃焼室の底の穴を専用プレートで塞げば中火で自然燃焼してくれるので
炊飯や軽暖房にも使える

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ネットで購入したBBQ用のブロアーを使えば、強制燃焼、
鍋も溶けそうな強力な炎が舞い上がる、

クリックすると元のサイズで表示します
縦に長く燃焼しやすい構造となっていて、焚付に少し紙などを燃やせば
すぐに松ぼっくりや小枝が燃え出す。

今朝方、サビを落として、耐熱塗装を施したので、近々に山で燃焼の撮影を行う予定だ。
1

2013/7/16 | 投稿者: アラン

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりのblog更新、季節ハズレな気がするが、
春先から楽しんでいる「焚き火」用に自作したウッドガスストーブを掲載する。

比較すると左から

焚き火缶 自作 第1号  始めて制作のウッドガスストーブ、高さが有るので
         手で折れる枝ならなんでも燃やせる

        内側 コーヒー豆の缶
        外側 アメリカ製ジュースの缶
       Φ110mm×190mm 350g


焚き火缶 自作 第2号  ポケットサイズでも実に良く燃え、火力もある

        内側 300ccのお茶缶 
        外側 500g入のコーヒー豆の缶
       Φ80mm×140mm 230g


SHERAストーブ (USA製、20年ほど昔の物)
        小さなファンで強制送風するタイプ、
        単三電池 1本使用
        
       火力も強く、大量な調理が可能 


焚き火自作第1号の紹介
 焚き火自作第2号の紹介
1




AutoPage最新お知らせ