マラソン・ソーティUL-100

2018/10/20 | 投稿者: アラン

マラソンソーティUL-100

1986年の発売から30年以上を経た「ソーティUL-100」

長距離の限られたトップ選手にしか使いこなせなかった最軽量のマラソンシューズ、

購入した人も少なかったせいか、現在のネット上では、ほとんど写真も見る事も出来なくなった貴重なランニングシューズ。

クリックすると元のサイズで表示します
このシューズを購入した頃は、県縦断駅伝を最後に出場した翌年、トライアスロンを始め仙台国際大会に出場したころだった、
とても軽くてピッチ走法の私には向いていると思ったが、当時はヒールストライカーだった私には少々、衝撃が強く、
残念ながら本番には使えなかった。

クリックすると元のサイズで表示します
アシックスヒストリーから引用
クリックすると元のサイズで表示します
東京オリンピック(1964)の前年、私は高校の陸上部に入ったばかりで、
マジックランナーと出会った、このシューズのおかげで駅伝では私なりには満足のゆく成績を残せた。  


ネット上を検索しても写真がほとんど無いので、ここに詳しく写真を掲載しておく。

クリックすると元のサイズで表示します
片足で実質103gと当時としては超級の軽さであった。
クリックすると元のサイズで表示します
ASiCS TIGER の懐かしいロゴマーク、もっと前は「オニツカ・タイガー」だった。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します




3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ