土岐佳裕のblog。
音楽活動してます。HAPPLE、いなかやろう(お休み中)で歌うたうたったりしてます
HAPPLE 1st アルバム「ドラマは続く」発売中!!!
HAPPLE 2ndアルバム 「Three to 2,1」発売中!!!
live
2016/6/4 HAPPLE 秋葉原グッドマン
2016/6/19 HAPPLE 京都アバンギルド
2016/7/9 HAPPLE 渋谷 7thFloor

よこすかリトルアムステルダム

2005/5/28 | 投稿者: どき

京子と二郎と麗三郎を見に汐入へ。
ここは大学二年のころに来たことがあったと
着いた時気づいた。
背の高いマンションがあって
その先は海らしいんだけど
マンションの裏には何もないような感じを受ける。
そのくらい見渡しが悪いのに良い雰囲気。

リトルアムステルダムは小金町にあるグッピーによくにた雰囲気。
居心地がいい。
着くとすぐ京子と二郎と麗三郎が始まった。
ドラム、エレキギター、アコギという編成。

日本の歌という僕の好きなジャンルだったから
最初からとても楽しく見れて
行って大正解と思った。
あだちさんありがとう。
二郎さんのギターは生意気かもしれないけど僕のギター道と近い道にある気がした。
凄くうまくて歌心のあるギター、声もすばらしい。魅力的。
京子さんのうたは自分の世界をたたきつけるというと強すぎるかもしれないけど
そういう力強い歌声。
あだちさんのドラムは過剰な自己主張をしないドラム。
そういう演奏はしっかり歌を聴いて歌わないと出来ないと思った。
それは最近まつきくんのバックをやって思ったこと。
ギターに集中すると歌を殺してしまうこともある。
歌を聞かせるなら演奏者もみんな歌って聞かなきゃね。

バランスが悪かったのが残念。また見たい。
ちなみに6/8にモナレコードでやるみたいです。
が、僕もその日はライヴ。

で、この日はたくさんの人がでていた。
ゆりしーずっていうバンド、最初の曲がすごく楽しいオーラが出ていて
見ていて楽しかった。途中から機材トラブルかなんなのか、その雰囲気が消えてしまったと感じてしまい、残念。
あと以前フニャコツチンがライヴしたときのイベントの主催者だと聞いていた
ルイス稲毛バンドも楽しかった。
ファンキーだからダンスミュージック。
ボーカルの人のとぼけた顔を見ていると真似したくなって
顔まねをしながら見てしまった。
最後にでたタラチネというバンド、二曲しか演奏をしなかったけど
ワルツという曲は祝祭ムードがばんばん出る。
稲刈りの様子が目に浮かぶ。
わらを頭に、手に持って大きなキャンプファイヤーのまわりを回る。
そんな曲だと感じた。

帰りも京浜急行で帰宅したんだけど
見えてくる景色はちょっとした旅行のよう。
家から同じ時間で新宿にもいければ
横須賀にもいける。
横須賀のほうが遠いところにきたと思う。
そんな景色のある街だった。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ