土岐佳裕のblog。
音楽活動してます。HAPPLE、いなかやろう(お休み中)で歌うたうたったりしてます
HAPPLE 1st アルバム「ドラマは続く」発売中!!!
HAPPLE 2ndアルバム 「Three to 2,1」発売中!!!
live
2016/6/4 HAPPLE 秋葉原グッドマン
2016/6/19 HAPPLE 京都アバンギルド
2016/7/9 HAPPLE 渋谷 7thFloor
2012/1/27 | 投稿者: どき

まずはライブ告知。
1/29(sun)@下北沢 mona records

「ゾウさんが好きです。でも、キリンさんのほうがもっと好きです。vol.3 in 東京」
OP 18:00 START 18:30 前売¥2000/当日\2300(オーダー別)
出演:Dinner Set / ザ・なつやすみバンド / 春風堂 / Happle

Dinner Seさんのレコ発です。楽しみだなぁ。ザ・なつやすみバンドのシラフさんに会うのもすげー久しぶりだ。
春風堂とは去年のやんばラストライブ以来だね。かやるたもいるね。(かやるたはいなかやろうのスペシャルメンバーで春風堂のスーパーベーシストでもある。というか、春風堂のスーパーベーシストでもあり、いなかやろうでバイオリンをひいてくれる時があるという方が実は正しい。かやるたの説明が長くなってしまった。)

Happleは現在持ち曲がすくないが、この日だけの曲もやる予定です。目標は前回とは違う驚きがあるライブをするってことだな。

1/20のライブは楽しく出来た。感じが掴めたっていうか、これまでライブをしたり、見たりしてきて、僕なりのライブ像ってのがある。なので、今まで以上にライブを楽しめてると思う。
なんか自分のライブに対する気持ちとかをツラツラ書くのは、しっくりこないんでここで止めますが。

そうだ、Happleドラマーの押田さんがマイドラムを手に入れました。凄いよなー。先日の月見ル君想フで初披露となりましたが、モナレコードでもお披露目予定なので、これは必見っす。

楽器って、それぞれ個性がある。その楽器が持ってる音ってのがあって、耳を澄ますと聞こえてくる。僕はこういう音が鳴らしたいんだーって声が。それは弾く内容ではなく、もっと手前にある音のことなんだよね。で、その音を鳴らすには耳を澄ますと同時に当たり前のように練習も必要なんだよね。おそろしや。

ってか話変わるけど、でかいメガネって流行ってんだね。アラレちゃんみたいな人いっぱいいるね。流行りって、流行り作る委員会みたいなのが、作ってるんだってね。その話を聞いた時は違和感を覚えて、嘘だーって思ったけど、今は納得しちゃってんなぁー。なんでだろう。

話戻るけど、バンドにも鳴らしたい音ってのが存在するね。そんで、歌にも鳴らしたい音ってのが存在するね。僕はそれが気になるなー。そんで、それを見つけたい。Happleが鳴らしたい音。
音って言っても、いわゆる音の範疇を超えた言い回しになってしまったけど。

くるりのバラの花って曲あるけど、僕はあんまり好きじゃなくて、いい曲に聞こえなかったけど、矢野顕子さんが歌った時、なんていい曲だって思ったもんな。いつかあっこちゃんに自分たちの曲をカバーしてもらいたい。いなかやろうのたばこロードって曲はオススメなんだけどな。チャンスこないかなー。チャンスを狙うか。

1

2012/1/19 | 投稿者: どき

人見知りってのはまじで厄介だ。人見知りと自覚している人は結構いると思う。そして、人見知りだからと、いろんな場をその理由で乗り切っていた人もたくさんいるだろう。かくいう私も人見知りが激しい人間だった。大学時代、友達10人位で飲んでいた時、ある友達が知らない人を連れてきた。その瞬間から僕は無口になり、最終的には寝た。また、ある時はそれまで楽しく話していたのに、知らない人がきた瞬間から無口というより、一言もしゃべらず、目で話すしか行わなかった。不思議に思った面識の無い人が、土岐君どうしたの?と聞くと、僕の代わりにメンバーが「彼は人見知りなんです」と弁明するのだ。そして、私は目で「そうなんです」と同意するのだ。なんてことだ。
しかも、そのままメンバーと帰宅するも、その道中ですら、前の雰囲気をひきずり、一言も話さなかった。
人見知りっていうのは実にめんどくさい。そして、周りにも気を使わせる。その頃の僕の最大のバカポイントはそれでいいと思っていたことだ。
あー、申し訳ない。僕、人見知り治ったよ!今まで甘えててごめんよと言いたい。
人見知りの人は、人見知りじゃなくなった方がいいと思う。
1

2012/1/10 | 投稿者: 土岐

ほんと眠い。眠気だけには昔から勝てない。一夜漬け、徹夜勉強、夜なべ、ぜんぶしたことない。眠りは僕にとって食欲以上に上にの欲求だ。かと言って、昼寝キャラでもない。眠くなるとやる気というやる気は失われるのだ。。
特に自分の部屋には恐ろしい数の眠りの妖精がすんでいる。
いったい、一日何時間、一週間で何時間寝ればよいのだろうか。曲作りもしたいのに眠いからしない。
どらえもんのピストル型の秘密道具で眠気をすいとるやつがあったけど、あれほしい。多分、僕、必要睡眠時間はねてるはずだから。。
2

2012/1/9 | 投稿者: どき

モエテルーって書いたけど、完全燃焼っていう意味ではなく、静かで力強い炎があるって感じです。
自分を分析すると多重人格ってわけじゃないけど、割り切ってる部分があると思う。
放射線のことを考えると、全てを黒く塗りつぶされた感じがして、んで、それに対して現実的に動ける範囲、家族、仲間のことを考えると、もはや完全にお手上げなんだけど、そこから自分を守るためにどうしたかっていうと、線を引いたわけです。それはあきらめというのかもしれないし、あがいているのかもしれない。でも常にその事を考えていても、どうしようもないわけで、だって現実的に暮らしをしているわけで。
で、そのうちに原発だけではなく、全てのことに線がひかれていったんです。例えば音楽と生活、って訳じゃなく、音楽の中ですら無数の線が引かれている。その中でフルに動く感じ。そのためのアイドリング的なものとして、静かで力強い炎を自分の中に感じている。
表現とは何か、創作とは何か、家族とは何か、仲間とは何か、全ての問いに対して、その炎の行く末が鍵となっているきがする。全てを結びつけるものとして炎があると感じるわけです。
表現、創作などの行く末はおそらく同じものではないと、いま感じています。
もし僕がしんじゃうとして、そのときに最後に、上に書いたような質問をされるとしたら、今の僕はこう答えます。

小さな炎から生まれたもの。その先は風まかせ。

風なんてふくときは吹くし、吹かない時はふかないもんね。どっちでもいいんです。炎があれば。

ま、それすらも消しかねないのが、現在の日本に対する絶望感なんですけどね。
でも、今、生きている、正確には自分もしくは環境によって生かされているっていうのは、すげーでかいことで、幸せなことだと思うわけです。

なんか変な宗教とかはまってんじゃないのとか思われるかもしれないけど、別にはまってませんのであしからず。


1

2012/1/6 | 投稿者: どき

いま、池袋に向かってる電車の中。着くまで書きます。
一昨日はhappleで曲作り。いい感じになった。後は演奏出来るかだけだな。
しかし、この編成になってからアレンジの仕方が劇的にかわった。ま、方法なんていくらでもあって、合うか合わないか、つまりは楽しいか楽しくないかだけなんで、楽しく出来ればそれでいいんだけど。
楽しみ方はいくらでもあって、ってのはゆらゆら帝国だけど、まじで、そうだよなー。楽しみ方いっぱい知りたいなぁ。
しかし、坂本慎太郎さんのアルバムはまじでいいな。何度も聴きたくなるな。昨年聞いた中でベスト5に入るな。他に何度も聞いたのは、jamesBlakeとceroとShe&himと、とここまでで、目的地である池袋についちゃった。あとはたくさん聞かなかったけど、これは、と思ったアーティストを紹介します。
0




AutoPage最新お知らせ