土岐佳裕のblog。
音楽活動してます。HAPPLE、いなかやろう(お休み中)で歌うたうたったりしてます
HAPPLE 1st アルバム「ドラマは続く」発売中!!!
HAPPLE 2ndアルバム 「Three to 2,1」発売中!!!
live
2016/6/4 HAPPLE 秋葉原グッドマン
2016/6/19 HAPPLE 京都アバンギルド
2016/7/9 HAPPLE 渋谷 7thFloor
2013/12/26 | 投稿者: どき

年末のご挨拶はすませたが、やっぱり更新。
この前の土曜日にHAPPLEでとんちまつりに出演しました。シラフさんも忙しい中、HAPPLEに参加してくれた。
アルバムにも参加してもらったし、片想いと2マンイベントも出来たし、大変なお世話になりました。
プルルタにも大変なお世話になりました。なんだかんだでプルルタがいないでライブしたの、2,3回くらいじゃないかって思う。一緒に京都、静岡、名古屋、福岡、熊本にも行ったしね!めっちゃ色んなところ行ったな!

話戻るけど、とんちまつりは出演者全員完全シークレットということで、出演することは誰にも言えなかった。
見に来てくれた人は次が誰か分からないといドキドキ感があっていいね。僕は誰が出るか知っていたけど、二郎さんが三輪二郎と今から山登りで出ることは見逃していたため、出て来た時にあがったもんなー。
見に来てくれた人はあれが毎回続くわけだから。来年もやるなら見に行こう。

ともあれ、あの場にあれだけたくさんの人が集まるというのは本当に凄いことだと思う。
とんちレコードのこれまでしてきた事への信頼感だけでみんな集まってきたんだよね。本当に凄いことだと思った。

松倉さんと勝さんの演奏も久しぶりに聴いた。数年前、松倉さんの歌を初めて聞いた時、僕はもう歌をやめようかとちょっと思ったんだった。そう思ったのはあれ以来一回もないし、やめようなんて思うことはこの先もないだろうって思う。
今から山登りは、懐かしさもあってか、あの頃を思い出して少し泣いてしまった。
九月にいなかやろうのライブを久しぶりにやったときに、はかまださんが懐かしさで少しうるっとしたと言ってくれた気がしたけど、確かにそれはあるんだなと思った。
二郎さんも僕も、それぞれ新しいバンドをしているわけだけど、それが何より大切なことだよね。

でも僕は一体何がしたくてこんなことをしてるんだろうって思う瞬間がある。その答えはあるからすぐに自分の中で解決するけど、それでも思う時がある。
とんちれこーどのみんなもきっと答えを持ってる。
誘われて、出演して、ひと段落した今になってやっと心の整理が出来てきた。

とんちまつりってのはある種の答えを見せてくれた。
フジロックってあの場に行くことがただただ楽しくて、新しい音楽にあったり、飯食ったり、寝っ転がったり。
約束されているんだよね、そういうの。それって、それまでの大きな流れの中でやっとできた大きな約束だと思うわけ。
とんちレコードのみんなは、その類の約束を出来たんだと思う。
だからみんな集まって来たんだよね。きっと今までずっと色んな約束してそれを守ってきたからだと思う。
昔の僕には出来なかったけど、今は守るべき大切なこととその術がある。だから僕はそれを死ぬまで大切にする。
やっとみんなと約束できるような気持ちになれた。
あとはそれを守っていくけるようなパワーをつけることや!(それが大変でもあり楽しいことだからね)

とんちレコードのみなさん本当にありがとう。
これからもよろしくね!!
0

2013/12/7 | 投稿者: どき

更新頻度が低いので、おそらく今年最後の書き込みになる気がしたので、先に。
今年もお世話になりました。来年もアルバムだしたり、ライブしたりするので、みなさん、よろしくお願いします!

昨年末かな、忘れてしまったけど、今年の目標をたてたのだ。
HAPPLEのテーマとして「無理をしない」というのがあるんだが、そればっかりじゃつまらんということで、一つだけ無理をしようと決めたのだ。
それがラップオンリーライブだったのだ。
普通の目標はワンマンしようとか、動員増やそうとか、あのライブハウスに出ようとか、多分そういうになると思うが、そういうのはおそらくものすごいプレッシャーがかかると思ったのだ。そして、そのプレッシャーに勝つためには多分音楽以外の事もいっぱいしなきゃいけなさそうで、それは大変だと思ったのだ。(大切だからやんなきゃだめだけど)
なので、無理をする、ということをするならば、一番気持ちよく、そして無理せずに無理が出来るのがいいなと思い、ラップライブにしたのだ。

いわゆるバンドマンがトラック作ってラップライブをするというのは無駄に大変なのだ。
どのように大変かは上記の文章の言葉を入れ替えればわかる。
いわゆるラッパーがバンドをくんでバンドライブをする。若干補正をしたが、概ねあってると思う。
無駄に大変な感じが伝わっただろうか。

ってこれを書いていて思ったけど、無駄な事をするって結構面白いことなんだなって思った。
ラップライブのために僕は鏡の前で練習したりする。
スタジオでの練習は売れないアイドルみたいだったりする。
おー、バンドマンにとってなんて無駄な事なんだろうって思う。

この年齢でラップを始めるなんて考えていなかった。
でも楽しいし、一生懸命になったりしている。(お客さんに見せるからね)
無駄に無理なことをするってのは、予想出来ない面白さがあった。

なんの役に立つかわかんないし、どうなるか分かんないけど、今年を振り返ったら楽しかったって思える気がするなー。

12/11の円盤ライブでは川染喜弘さんとハズレッシヴが出演してくれる。
僕はどちらも大好きで、そして多大なる影響を受けた。
ハズレッシヴは直接的に、よっちゃんはぐるっと回って。
バンドをしていなければ、二人には会えなかったと思うし、僕の人生はかなり違ったものになっていたと思う。

初めてあってから、多分10年近くの年がたったけど、ある意味なんにも変わってないと思う。
そういうぶれない魂みたいなものを持っている人に僕はとても惹かれる。
それこそ個性だと思う。変わった人なんて周りにいっぱいいる。見方を変えれば普通の人だって変わった人になる。
変わった人とか、全然興味ない。ぶれない魂を持ってると感じさせてくれる瞬間を見れるのが好きで、そういう人にとても惹かれる。

初めて二人の表現に触れる人がいたら、絶対になんか感じると思う。それが好きであれ、嫌いであれ、何らかの衝撃を感じると思う。
多分それがパワーだし、よっちゃんもハズレッシヴもパワーがすげーある。

3年前、ハズレッシヴが開いたパーティーがパワーパーティーというイベント名だった。
HAPPLEも参加した。誘ってもらえて光栄だった。
その時出演していたよっちゃんのライブは神がかっていた。
特別な時間だった。

今度の円盤ライブも特別な時間になるといいな。
そんな思いをもって、エフスキーが企画してくれたのだ。
ぜひ、みんな見に来てくださいー!

12/11(wed)@ 高円寺 円盤
【エフスキー企画 Say-tang!!】

op 19:00 st 19:30
dr \1500
出演: HAPPLE / ハズレッシヴ / 川染喜弘
0




AutoPage最新お知らせ