土岐佳裕のblog。
音楽活動してます。HAPPLE、いなかやろう(お休み中)で歌うたうたったりしてます
HAPPLE 1st アルバム「ドラマは続く」発売中!!!
HAPPLE 2ndアルバム 「Three to 2,1」発売中!!!
live
2016/6/4 HAPPLE 秋葉原グッドマン
2016/6/19 HAPPLE 京都アバンギルド
2016/7/9 HAPPLE 渋谷 7thFloor

ホームページ

2008/1/3 | 投稿者: どき

いなかやろうのホームページ作成に、かなり手こずる。
「フレームを作り、下のフレームだけ動かせるようにする」というだけで、一時間も調べた。
ほとんど知識ゼロなので、僕が作るのもなんだか微妙だが
作ってみたくなったので、作っています。

昔から何かを作るというのが好きで、ただ作っていた。
小さい頃は粘土が大好きだった。
幼稚園のころは雨が降れば、室内で遊べて、粘土をさわれたから
昼には雨が降れば良いとずっと思っていた。

小学生の頃はマンガを書くのが好きだった。
どらえもんのパクリマンガを書いていた。
西遊記のぱくりだった。きちんと巻頭には土岐先生の一言みたいなのもついていた。
他にはドラゴンボールのパクリマンガを書いていた。
それを妹に強制的に読ませていた。
スーパーサイヤ人もどきも、もちろんいた。
鳥山先生より僕がすごかったのが、
悟空はスーパーサイヤ人2、3とかあったが
僕の主人公は確か、5とか6まで変身できた。
他にもろくでなしブルースのぱくりもあったが、ぱくり話はここまでにしよう。むなしいから。

実は音楽もおんなじ。
唄を作りたくて、ギターを弾いた。
中学生の頃、ギターにコードがあるのを知った。
夜時間があって、気分が良いとうちの母親がコードを見て、色んな曲を歌っていた。
僕の記憶が確かなら、父親も一度くらいギターを弾いて歌った気がするが
もっとあったかも。忘れちゃった。

で、ギターを母親に教わった。
DからD7にスムーズに移動が出来たとき感動した。
ちなみにその曲はサザンオールスターズの切ない胸に風がふいていた、という曲です。

中学3年の頃には曲を作った。
高校の時のお年玉でマイクの安いのをかって、早速家にあるコンポで録音した。
音を重ねられるのに気づいたのはすぐだった気がする。
カラオケにして自分の声をダビング出来るコンポだったので
自分の伴奏にあわせて、ギターを重ねた。
ピアノのある部屋は別の部屋だったので、ピアノは重ねられなかった。

そのうち、キーボードを買った。
そのような作業が高校3年まで続き、浪人した時に作るのをやめた。
大学入って、そのままやめていた。
作るより楽しい事があったからだった。
大学2年くらいに、ビートルズをまじめに聞いた。
そこから音楽が広がっていった。

だから僕には音楽で感動したから音楽をやっているなんて、理由がない。
ただ、ただ、何かを作るのがほんとに好きなだけなんだ。

音楽、こんなに続けて、悩んで、喜んで、
とにかくあきっぽい僕がこんなに続けられること自体、音楽って凄いなって思う。

CDで音楽を聴くよりライブが好きだ。

良いライブ見て、感動して、
そのまま曲作って、そのままみんな集まっていて
そのままアレンジして、そのときに既にうまくて、そのままライブしたい。

そのときに既にうまい、というのは練習でどうにかなるので
一人一人がもっとうまくなればよい。
そのままみんな集まるというのは、かなり難しいので
そういう僕に都合の良い、仕組みになってもらえるとありがたい。
そのままライブというのは、都合よく、そうなればよい。

できればそのまま都合良く、色々なってほしい。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ