2006/6/1


今日は浴衣のお話です
6月にはいると幼稚園行事や夏祭りで使う浴衣を探しに見えるお客様が増えます。昔と違って今は安い浴衣もあり、有名量販店などでもすごく安い浴衣が店頭を飾るので、お手ごろ価格で購入することができますが、同じラインで作られている物は一目瞭然、価格までわかってしまい、嫌だな〜と思うかたもいらっしゃるみたいです。色々な時代の色々なデザインが集まるので、サイズがあえばリサイクルという選択肢もあるのではないかと思います。最近のものはアジア方面で縫製されるものが多いようで、安いものは全てミシンがけしてあり、サイズ表記に沿った作りがされています。
あひるpiyoが好きなのは昔ながらの古典柄で藍や白に染めが入っているようなものサッカー地でできたレトロな感じのデザインも昭和に育ったあひるpiyoには懐かしい感じがして、好きです。おばあちゃんの手作りなのか、全て手縫いの物など入荷することもあり、思いが伝わるようでアイロンがけが楽しくなります
★緑地にバンビと蝶々の模様、レトロな感じのデザインは、むしろ今っぽい1〜2才用の浴衣です。渋めな色使いの三尺とあわせてみました。日本製★クリックすると元のサイズで表示します
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ