2006/12/27

そして・年末です♪  受験

バタバタとあわただしいばかりの毎日が過ぎ、早い物で当店の年内営業も明日が最後です。
5月にこのブログを始めてから半年以上が経ち、季節も半分まわりました。
ブログを読み返してみると、いつも静かな1日を過しているみたいで
知らない方が読んだら、えらく暇な店だと思われることでしょう。
そんなに暇でもないのですが、儲かって儲かってしょうがない〜といえるほどの物でもありません。
さて、あひるpiyoの弟君のことを前回少し紹介しましたが、今回はもう少し。
色々あって車椅子の身となった彼です。大勢の方のお力もあって自分で部屋を借りて一人暮しをしています。
健常者では味わえないさまざまな苦労をそばで見てきました。
今朝も顔を合わせましたが、ちょこッと鬱が顔を出していたようです。
今回の改装には、多大な協力をしてくれました。どうもありがとう♪

クリックすると元のサイズで表示します
オープンの時からずっとカウンターとして使ってきたガラスのショーケース
本来の使い方とは逆にして扉側をお客様のほうに向けて利用しました。
レジを待っている間に中を覗いて触っていただけるようにしました。
可愛い物や小さな物を入れています。
今後、アルミ部分に木製のカバーをつける予定です。
0

2006/12/26

私達のお店のビフォー・アフター5♪  受験

さて、床が仕上がりレイアウトもある程度決まってお洋服が飾られると
お店らしくなって、あとは小さな手直しや照明など最後の仕上げです。
本当はまだ少し未完成なのですが
暇をみて少しずつ完成させよう!ということで
新装オープンしたのが12月14日のことです。
たくさんのお客様にご来店頂き、とても嬉しかったです。
今までは入ってきたお洋服をギュウギュウ詰めにラックにかけて
販売していたので、量感はあったのですが
いい物も悪い物もいっしょくたという感じでした。
少し品物が減った感じがする事もあるかと思いますが
こまめに出すことで、対応しようと思います。
また、今まで以上に良い子供服をリサイクルで提供していきたいねと2人で話しています。
安価で可愛い洋服を簡単に手にいれることのできるご時世です。
安い中国製に押されて老舗のブランドがなくなったりします。
そんな中で、敢えてリサイクルを売るのですから、
リサイクルだから見つけることができた〜と思っていただけるものを売っていきたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
あひるpiyoには弟がいます。
その弟君が開店祝にくれたおままごとセットです。
木製のレンジ台に流しおなべや野菜がついてきました。
小さなお客様はおままごとが大好きです
0

2006/12/25

私達のお店のビフォー・アフター4♪  受験

改装休店の折り返し点をすぎてもお店の中は片付かず、
どうしても予定日の開店は無理と言う様相を示し出したので
オープンを2日伸ばし、用意したお客様へのDMのポストへの投函はギリギリまでしないことに決めました。
最低限床だけは仕上げて、その他のさまざまなことはどうしても間に合わないときには、とりあえず諦めて、開店しようと思っていましたが
開店前の最後の土日はフル回転で作業しました。
あひるpiyoの娘ちゃんも期末だ部活だと忙しい日々送っていましたが、
お店に来てペンキ塗りを手伝ってくれました。
床が仕上がりブルーシートを剥がし、
棚作りをしながら店内のレイアウトを並行して行いました。
少しずつ形になっていく店内に、ほっと胸をなでおろす私達なのでした。

地元の方や、昔からのお客様は勿論ですが、遠くからご来店下さるお客様や高価なお洋服を預けてくださるお客様の為にも、リサイクルではあっても楽しく利用していただきたいと思っています。
せっかくご来店いただいても買うものが無いような時には、
見るだけでも楽しんでもらえるようなお店作りがあひるpiyoの目標です。
できあがった棚に可愛いお洋服を並べて、
可愛い雑貨やおもちゃも飾って、
頭の中で考えていたことが、現実になっていくって、とても大変だけれど楽しいことなんだな〜と、こんなに大人なのに、いまさら再認識している自分が面白い・・・
途中で投げ出さないで良かった♪

クリックすると元のサイズで表示します
入り口脇にある木目の棚、こちらは床に合わせて無垢のままにしました。
本や雑貨を並べて、外に向けて洋服も飾ります。
今はファミリアの赤いチェックのコートを2枚飾っています。
(偶然にもサイズ違いで同じデザインの物が入荷したので)
0

2006/12/22

「私達のお店のビフォー・アフター3♪」  受験

さて旦那さんたちの作業は土日のみ、日中お仕事をしているのですから仕方がありません。
平日の私達はお店の掃除や、できあがったところの片付け・荷物の移動、今後使うであろうものの買い出しなど微力でしたが、ペンキ塗りが始まってからは、くる日もくる日もペンキ塗りでした。
ペンキを塗るための下準備、塗った後に乾かして2度目の塗装もしました。
気持ちが急いて、ふき取りや汚れ落としが不完全なところは、後ではげてきたりしました。
良く考えずに、ともかく塗り始めてしまった為、大雑把な仕上がりになってしまったところも多々あり・・・
塗った後から、塗らずに置いた方が良かったのではないかと、ちょっと落ちこんでしまった日もありました。
ペンキと木材の相性が悪いのか、綺麗に色がのらず、途中で別のペンキを買いに行ったりもしました。
だんだんとオープン日が迫ってきて、何一つ形になっていない店内の様子には、後悔の気持ちしか浮かばず、あひるpiyoは夜も眠られない日々をすごしていましたよ。(というか夜中に何度も起きてしまう)
夢の中ではせっせと床張りをしていたし、朝も一刻も早くお店に行かなければ・・・という気持ちが先にたち、家事も満足にできなかったので、家族には迷惑をかけました。

クリックすると元のサイズで表示します
5枚で980円の板を白く塗って、フックを均等に付けて壁にとめました。
フックはアイボリーで少しアンティークっぽく加工してある物で、少し遠くのホームセンターで購入しました。
在庫が少なかったのでフックの数が足りず、まだ全部完成していません。
0

2006/12/21

私達のお店のビフォー・アフター2♪  受験

床の張り替えをする前に、張ってあったビニールの床を剥がしました。
お店を始める時に業者さんに張ってもらったものですが
当時最低ラインの安いシートを選択したのがたたり
かなり早い時期から継ぎ目の所がはがれ
汚れがシートの上に染み出して汚くなっていました。
床を剥がして、改めて見てみるとコンクリートの床に地かにはってあり
当初一部雨漏りのあったところなどから、カビや汚れが発生していたようで、お金をかけなかったので仕方が無いけれど、お店の床としては適さない物を選んでしまったな〜と・・・
さて、シートを剥がして基本となる木材を下敷きに数本置いたところへ床材を採寸し、切って一本一本張っていくという根気のいる作業です。
そのほとんどを2人の旦那さんが担当してくれましたが
前回もご報告した通り、張ったところへブルーシートを敷き
什器や在庫品を置きかえるといった作業で
あひるpiyoに課せられた作業は肉体労働とお昼及びおやつ・強壮剤の買い出しという日々が何日も続きました。

クリックすると元のサイズで表示します
間口の狭い当店ですが、窓はとても大きいので
窓枠を白く塗り窓枠の奥行きに合わせて白い板を填めてもらいました。
細かな雑貨や小さな子供の靴などを飾っています。
今まで木の部分が全て、イケテナイこげ茶色でペイントされていましたが
その部分を全部白く塗り替えることで随分明るい店内になりました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ