2006/12/26

『生命-いのち』作品解説  作品解説
クリックすると元のサイズで表示します
1999年9月21日午前1時47分
台湾中部をM7.3の地震が襲った
山崩れで家の位置、
家族の行方の分からなくなった"7人"は途方にくれる
しかし時間は、彼らに「かつての平穏」にとどまる事を許さず、
それぞれ震災以前とは違う新しい人生を選択させる...


生命(いのち)-希望の贈り物 Gift of Life
 台湾/2003/北京語、台湾語/カラー/ビデオ/148分
 監督:呉乙峰(ウー・イフォン) Wu Yii-feng

 子供2人を妻の母に預け日本に出稼ぎにきていて
 母と子供を亡くした夫婦
 仕事に出ていて幼い次女をなくした兄夫婦
 就学のため家族と離れて街へ出ていた姉妹
 警察官の兄以外の家族全員を亡くした少女
 1999年9月21日台湾大震災による山崩れで、
 彼らは家族を一瞬にして亡くしました。
 地形が変わり家の位置がわからず
 家族の行方(遺体)を探すことさえ出来ず
 途方に暮れる4家族7人。
 考え想いだすのは亡くなった家族の事ばかり、
 やがて軍の捜索も打ち切られ家族が見つからない者も、
 それぞれ自分の生活する場へ戻っていく。
 そして7人全員が震災前とは違う新しい生活へと歩き出します。
 監督は、信頼関係を気づきながら喪失感にとらわれる7人が
 再生に向かう姿を真剣に見つめ、
 画面を通してその姿勢が見るものに伝わってきます。
0

2006/12/26

『三叉抗』作品解説  作品解説
クリックすると元のサイズで表示します
"三叉坑"
半世紀前に台湾先住民タイヤル族から離れた人達が
辿りついた安住の地
台湾大地震で壊滅した"その地"は移村か再建かに揺れる
心がバラバラになった村人の気持ちを一つにしたのは、
伝統の"竹の家"


三叉坑 Three Fork Village
 台湾/2005/北京語、タイヤル語/カラー/ビデオ/144分
 監督:陳亮丰(チェン・リャンフォン) Chen Liang-feng

 わけあって50年ほど前タイヤル族の雙崎から三叉坑へと移住した
 先住民族の小村。
 震災により集団移転をよぎなくされたこの村の
 再建過程で起こる悲喜こもごもの出来事を、
 カメラは村人に寄り添い、記録しています。
 また、台湾での先住民族の就学や就職難の状況や、
 生活難から土地を少しづつ切り売りしてきた事から
 土地の所有権を複雑にし移村が一層難しくなったり、
 その後の台風による水害なども織り込みながら、
 震災後5年を経てもまだ復興を果たせなかった村の抱える
 問題の本質とは、
 いったい何なのかを考えさせられる作品となっています。
0

2006/12/20

<告知・追記>『山ドキュin大阪Vol.3』について  山ドキュ:告知
いよいよ『山ドキュ3』です。(^^)/
今回は、来年、2007年2月3(土),4日(日)の2日間に渡って開催。
※両日とも同内容です。


『Vol.3』のテーマは、

私たち日本人が決して忘れてはいけない記憶。
『1995年1月17日 阪神大震災』
今年、あの日から12年が経ちました。

2007年第一回目の「山ドキュin大阪vol3」は、
同じ悲しみを受けた隣人・台湾の大震災を追ったドキュメンタリー映画を
特集上映いたします。
 
1999年 9月21日 午前1時47分
台湾中部をM7.3の大きな地震が襲いました。
死者2505名、台湾全土に影響したこの地震は、都市部だけでなく、
山岳部、とりわけ“先住民族”の人々の生活を大きく変えてしまいました。
かねてより、震源地付近での先住民や、
一般の人々へ“映像製作技術”を教える活動をしていた
映像グループ『全景』のメンバーは、すぐ現地の状況を調査、
協議の上、7箇所での被災地の現状を記録、撮影を開始します。
メンバーは、報道・マスコミが去った後も被災地に滞在し、
その実状を丁寧に撮りつづけました。
先んじて完成した呉乙峰(ウー・イフォン)監督の『生命-いのち』が、
2003年山形国際ドキュメンタリー映画祭にて優秀賞を受賞、
2005年の同映画祭では他の5作品が
「全景の試み−大歩向前走(前を向いて大きく歩こう)」として
プログラム上映されました。
全景7作品のテーマは様々ですが、しっかりと被災地を捉え、
被災者と共に生き、彼らと同じ目線をもったカメラの位置から
『全景』メンバーたちの“姿勢”を伺う事ができます。
また、それらの作品は、
日本人とは違う風土・思想・経済事情などが絡み、
とても興味深いものでもあります。
 
今回はその全景作品の中から、
2003年山形国際ドキュメンタリー映画祭で優秀賞を受賞した
『生命-いのち』と、
台湾先住民“タイヤル族”の震災後の移村問題について撮られた
『三叉坑』を上映いたします。


今後、詳細が決定次第、随時告知してゆきますのでご期待ください。
※当初、『Vol.3』の開催時期を“1月末頃”としていた為、
 ご迷惑をおかけした方がおられました事、お詫び申し上げます。
 また今回の上映作品2本が、それぞれ長尺な為、
 できるだけ見ていただける機会を多く作りたいと、
 開催日を2日間としました。
 ご協力いただいた「ビジュアルアーツ大阪」にお礼申し上げます。
 いま、本当に多くの方々に知って頂きたい作品です。
 皆様のご参加、心よりお待ちしております。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ