2008/4/17

『アンダーグラウンドオーケストラ』作品解説  作品解説
『アンダーグラウンド・オーケストラ』
The Underground Orchestra,Het Ondergronds Orkest
クリックすると元のサイズで表示します
オランダ/1997/カラー/35mm(1:1.66)/115分
※今回は、ビデオ版での"デジタル(DLP)上映"になります。
監督:エディ・ホニグマン
脚本:エディ・ホニグマン、ノシュ・ファン・デル・レリー
撮影:エリック・ギシャール 編集:マリオ・スティーンベルゲン
録音:ピオトル・ファン・ディーク 製作:ピーター・ファン・ハイステ
製作会社・提供:ピーター・ファン・ハイステ・フィルム&TV
配給:フォルトゥナ・フィルムズ (Fortuna Films)

パリの地下鉄構内、あるいは街角で、
さまざまな音楽家が思い思いの楽器を演奏し、糧を得ている。
どこの都会でも見慣れた光景であるが、
彼らの多くは政治亡命者であり、
不法移民である事実が音楽を奏でる背後に潜んでいる。
1995年に映画祭出品された『メタル&メランコリー』で、
ペルーのリマのタクシー運転手たちにカメラを向け、
ラテンアメリカで必死に生きる庶民の姿を
引き出したエディ・ホニグマンは、
異国の地で生き延びる人々の演奏、生活、
ことばを画面に瑞々しく焼き付ける。
クラシックやシャンソン、R&B、ワールド・ミュージックから始まって、
あらゆるジャンルに及ぶ演奏の素晴らしさと、
音楽家たちが語る過酷な過去、決して楽ではない現在。
ホニグマンの彼らをみつめる目は温かく共感に満ち溢れているが、
映像は安易に情感に流れることなく、
軽やかなスタイルを維持している。
目と耳で堪能できる人間讃歌、この監督の最高作である。
0

2008/4/17

【告知】『山ドキュin大阪Vol.4』開催っ!!!  山ドキュ:告知
去年6月の『ルート181』特別上映会から1年間の充電を経て、
ついに『山ドキュin大阪』が再始動します。

今回のテーマは「居場所」。
この言葉をキーワードに2作品を上映致します。

ひとつは、'99年の映画祭で上映された
『アンダーグラウンドオーケストラ』
ヨーロッパの各地から、
居場所を求めパリへ辿り着いた移民者たちが、
日々の糧を得る為にストリートミュージシャンで生活する、
郷愁溢れる作品。

もう一作は、'03年山形映画祭から
『350元の子』
現在、中国・四川大震災の被災地にもなった"四川省成都"で、
麻薬に溺れるストリートチルドレンと、
彼らを助け出そうとした作者の物語。
この作品には、一部、ショッキングで、辛く感じる映像があります。
しかし、世界には悲しい境遇の子どもたちが数多く居て、
私たちはその事から目を背けてはいけないと感じ、
ご紹介させて頂きます。

これら2作品で描かれる現状は、今尚、続いています。
ドキュメンタリーが伝える「世界の物語」。
大阪では、なかなか見ることのできない、
山形国際ドキュメンタリー映画祭を、是非ご高覧ください。

−−−−−−−−−−
【日程・日時】※各作品、2回上映(入替なし)
2008年7月6日(日) 10:30開場
・『350元の子』(85分+特典映像20分)
 @11時00分〜12時25分+特典映像約20分(終了予定12時45分)
 A15時00分〜16時25分+特典映像約20分(終了予定17時45分)
・『アンダーグラウンドオーケストラ』(115分)
 @12時55分〜14時50分
 A16時55分〜18時50分
【料金】
1000円(上映協力金として)-当日券のみ
 ※各作品、2回上映(入替なし)
【場所】
・ビジュアルアーツ大阪・新館3Fアーツホール
 http://www.visual-arts-osaka.ac.jp/top.html
 (大阪市北区曽根崎新地2-5-23)
【問い合わせ】
 ビジュアルアーツ大阪 TEL 06-6341-4407(代表)
 放送・映画学科、柴田まで
 E-mail shibata@visual-arts-osaka.ac.jp

−−−−−−−−−−
◆また、[mixi]のコミュもあります。
・山ドキュin大阪
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=953928
 今後の活動の為、ボランティアスタッフ等、募集しております。
みなさんのご参加、お待ちしております。

−−−−−−−−−−
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/4/17

『350元の子』作品解説  作品解説
『350元の子』
Three-Five People,350元之人
クリックすると元のサイズで表示します
中国、アメリカ/2001/英語、中国語/カラー/ビデオ/85分
監督、脚本、撮影、編集、ナレーター、製作、提供:李林(リー・リン)
※今回は、映画祭での李林監督のインタビュー映像も特別公開

四川省・成都の路上で知り合った12歳の少年・胡健とその仲間は、
ヘロインを買うため盗みを重ね、麻薬中毒となっていた。
子どもたちを利用し金を吸い上げる闇社会の構造と
警察当局の癒着を、監督は隠しカメラを多用した取材で暴きながら、
彼らを救おうと奔走する。
少年たちを北京へ連れ出し麻薬を断たせようとしたり、
孤児院での保護などの道を模索するが、
少年たちも作者も警察や黒社会に命を脅かされるようになる。
作品題名の"350元"は、警察につかまった子どもの保釈金額で、
日本円で"約5000円"である。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ