2007/6/30

≪ドキュメンタリー映画に唾をかけろ!≫作品解説  作品解説
■『Wo a bele −もりのなか−』(04年/30分)
クリックすると元のサイズで表示します
監督:分藤大翼
アフリカ、カメルーン共和国の熱帯林に暮らす狩猟採集民バカ族は
超高度な演奏技術を持つ民族として知られる。
彼らがどのような光と音の中で生きているのか。
そして人や物、自然とどのように関わりながら生きているのかを、
作者自らの『眼』で追う。

−−−−−−−−−−
■『オープンスペースを求めて』(69年/20分)
クリックすると元のサイズで表示します
監督:康浩郎
60年代、高層都市開発が進む大阪の変化を数年に渡って映し出した、
資料としても貴重なPR映画。
御堂筋誕生やビル開発の模様をヒステリックなカメラと
小杉武久の現代音楽とがダイナミックに描き出す。
あまりに作家的過ぎて、
PR映画としては危うくお蔵入りになりかけたという逸話も。

−−−−−−−−−−
■『まじろぎの棲家』(04年/30分)
クリックすると元のサイズで表示します
監督:山田雅史
何年かぶりに京都に帰った私(山田)は偶然父親が撮ったテープを発見。
だが、その風景には見覚えがない。
どこで撮られたのか。地図と記憶を頼りに車を走らせる…。
監督自身が未来を思い、
過去を追憶する様を「物語」のように描き出すセルフ・ドキュメンタリー。

−−−−−−−−−−
■『むちうたれる者 ドキュメント輪禍』(69年/60分)
監督:康浩郎
当時、社会問題になりつつあった交通事故による
“むちうち患者”への取材を通して日本社会を描く。
ドキュメンタリーでありながらスタイリッシュな構図と作為的な演出で、
被害者である鞭うち患者の矛盾もスリリングにあぶり出す!
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ