2008/4/17

『350元の子』作品解説  作品解説
『350元の子』
Three-Five People,350元之人
クリックすると元のサイズで表示します
中国、アメリカ/2001/英語、中国語/カラー/ビデオ/85分
監督、脚本、撮影、編集、ナレーター、製作、提供:李林(リー・リン)
※今回は、映画祭での李林監督のインタビュー映像も特別公開

四川省・成都の路上で知り合った12歳の少年・胡健とその仲間は、
ヘロインを買うため盗みを重ね、麻薬中毒となっていた。
子どもたちを利用し金を吸い上げる闇社会の構造と
警察当局の癒着を、監督は隠しカメラを多用した取材で暴きながら、
彼らを救おうと奔走する。
少年たちを北京へ連れ出し麻薬を断たせようとしたり、
孤児院での保護などの道を模索するが、
少年たちも作者も警察や黒社会に命を脅かされるようになる。
作品題名の"350元"は、警察につかまった子どもの保釈金額で、
日本円で"約5000円"である。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ