2010/6/22

さぁ!「山ドキュin大阪 Vol.6」上映会です。  山ドキュ:告知
2010年6月5日(土)の「山ドキュin大阪_Deep focus」に続き、
いよいよ「山ドキュin大阪 Vol.6」開催です(^^)/

今回の山ドキュのテーマは【彼方の夢】。
将来がみえない-----夢を語るだけでは社会を動かせない現代。
「父と母を捜しにここに来た。僕は国に帰れば殺されるんだ」、
命と未来を天秤に掛けて、亡命者はなにを望む。(『要塞』)
「何度政権が変わっても、私はその時の大統領にカクテルを作るよ」と、
政府要人が来る店の老バーテンダー。(『忘却』)

そんな市民と社会の姿に向き合った2作品
2009年の映画祭から"優秀賞"の『要塞』、
同じく"山形市長賞(最優秀賞)"『忘却』をいち早くお届けします。

−−−−−−−−−−
■『要塞』 YIDFF2009「優秀賞」
「The Fortress」監督:フェルナン・メルガル Fernand Melgar
スイス/2008/フランス語ほか/カラー/35mm/105分 ※当日はデジタル上映です。
スイスの難民一時収容施設。
入国審査を待つ場所で、"失った者"と"とどまる者"が出会う。
そこでは亡命者と施設職員との交流がある。


■『忘却』 YIDFF2009「山形市長賞(最優秀賞)」
「Oblivion」監督:エディ・ホニグマン Heddy Honigmann
オランダ、ドイツ/2008/スペイン語/カラー/ビデオ/93分
ペルーの首都「リマ」、市井の人々。
老バーテンダー、老給仕、大道芸を見せて回る若者、靴磨きの少年。
"見果てぬ夢"を抱きながらこの都市(まち)と生きる。


−−−−−−−−−−
【日程・日時】※各作品、2回上映(入替なし)
2010年7月4日(日) 11時00分、開場
・『要塞』(105分)
 @11時30分〜13時20分 B15時15分〜17時05分
・『忘却』(93分)
 A13時30分〜15時05分 C17時15分〜18時50分
【料金】
・1000円(上映協力金として)−当日券のみ
【場所】
・ビジュアルアーツ大阪・新館3Fアーツホール
 http://www.visual-arts-osaka.ac.jp/top.html
 (大阪市北区曽根崎新地2-5-23)
【問い合わせ】
 ビジュアルアーツ大阪 TEL 06-6341-4407(代表)
 放送・映画学科、柴田まで
 E-mail shibata@visual-arts-osaka.ac.jp
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

−−−−−−−−−−
◆また、[mixi]のコミュもあります。
・山ドキュin大阪 http://mixi.jp/view_community.pl?id=953928
 今後の活動の為、ボランティアスタッフ等、募集しております。
みなさんのご参加、お待ちしております。
0

2010/6/21

作品解説:『要塞』  作品解説
■『要塞』 YIDFF2009「優秀賞」
「The Fortress」監督:フェルナン・メルガル Fernand Melgar
スイス/2008/フランス語ほか/カラー/35mm/105分 ※当日はデジタル上映です。
クリックすると元のサイズで表示します
スイスの難民受け入れ施設。
そこには亡命を希望する人々が、当局の決定を待つ間一時的に収容されている。
様々な理由で故国を離れ、生きる場所を求めて世界中から流れ着いた者たちと、
受け入れの是非を検討する職員たち。施設内に生まれるささやかな交流。
日常的に"選別"が行われている場を見つめ続けることによって、
今日の難民問題の現実を浮き彫りにする。
監督自身も子どもの頃、スペインの組合活動員だった両親と共にスイスへ亡命し、
入国審査を受けた経験がある。

本作はまた、2008年の「第61回ロカルノ国際映画祭」で"新鋭監督賞"も受賞している。
・第61回ロカルノ国際映画祭の金豹賞はメキシコの「Parque Via」に
 http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/index.html?cid=6861312
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/6/21

作品解説:『忘却』  作品解説
■『忘却』 YIDFF2009「山形市長賞(最優秀賞)」
「Oblivion」監督:エディ・ホニグマン Heddy Honigmann
オランダ、ドイツ/2008/スペイン語/カラー/ビデオ/93分
クリックすると元のサイズで表示します
ペルーの首都リマに生きる老バーテンダー、高級レストラン給仕や革職人、
路上パフォーマンスで日銭を稼ぐ若者や子どもたち。
歴代の大統領就任式と交差しながら、バーテンダーの作るカクテルや
大道芸人たちの小道具、記憶力をよくするカエルジュースなど、
彼らが作りだす産物と語る言葉の数々が手厚くちりばめられる。
経済的に政治的に困難な状況を生き続けるために人々が忘れていること、
忘れえないことに耳を傾け、丹念に編まれた『忘却』という一編の詩は
慈しみに溢れている。

『メタル&メランコリー』、『アンダーグラウンド・オーケストラ』等、
社会と市民に寄り添うようなカメラが魅力的な、
他作品も山形で紹介されている、エディ・ホニグマン監督の新作。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/6/4

【告知】『ほんがら』『長居青春酔夢歌』(山ドキュin大阪_Deep focus)上映会開催!  
来る2010年6月5日(土)、『山ドキュin大阪』のスピンオフ企画【Deep focus】として、
昨年の第11回山形国際ドキュメンタリー映画祭へ招待された関西の監督作品2作の上映と、
その監督お二人を招いてのトークセッションも行う特別プログラムを開催します!

−−−−−−−−−−
■『ほんがら』
「ほんがら」Hongara--Sacred Torch:日本/2008/ビデオ/88分
監督:長岡野亜 Nagaoka Noa
近江八幡市の老人たちが「ほんがら松明」の復活に立ち上がる!
胸躍る本番の日までの、地域再生ものがたり。
※山形国際ドキュメンタリー映画祭カタログより

・農村再生ドキュメンタリー企画作品「ほんがら」 オフィシャル・サイト
 http://gonza.xii.jp/mura/

■『長居青春酔夢歌』
「長居青春酔夢歌」Nagai Park Elegy:日本/2009/日本語/カラー/ビデオ/69分
監督:NDS 佐藤零郎
大阪の長居公園。
ブルーシートの家の住人が強制排除されようとしている状況が目の前にある時どうするか。
演劇を続けたい住人、集まる支援者たち、
うごめきを捕えようとするカメラ(録画機械として、視線として)が交錯する2007年冬。
NDS(中崎町ドキュメンタリースペース)製作。
※山形国際ドキュメンタリー映画祭カタログより

・<参考>野宿者強制撤去の映画 「長居青春酔夢歌」完成 - 大阪日日新聞
 http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/090905/20090905026.html

今回、これら2作品に描かれる"制度ではないコミュニュティ"の情景。
ひとつは「祭の再生」を通して繋がってゆく人の姿。
もうひとつは権力によって「排除=破壊」されてゆくことへ抗う人の姿。
そのカメラを持つことで現場に関わり、生きた、若い作家の視線から見える現代。

−−−−−−−−−−
【日程・日時】※各作品、2回上映(入替なし)
2010年6月5日(土) 11時30分、開場
・『ほんがら』(88分)
 @12時00分〜13時10分 A16時10分〜17時20分
・『長居青春酔夢歌』(69分)
 @13時15分〜14時45分 A17時25分〜18時55分
◆長岡監督・佐藤監督トークセッション:15時00分〜16時00分
【料金】
・1000円(上映協力金として)−当日券のみ
【場所】
・ビジュアルアーツ大阪・新館3Fアーツホール
 http://www.visual-arts-osaka.ac.jp/top.html
 (大阪市北区曽根崎新地2-5-23)
【問い合わせ】
 ビジュアルアーツ大阪 TEL 06-6341-4407(代表)
 放送・映画学科、柴田まで
 E-mail shibata@visual-arts-osaka.ac.jp
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

−−−−−−−−−−
◆また、[mixi]のコミュもあります。
・山ドキュin大阪 http://mixi.jp/view_community.pl?id=953928
 今後の活動の為、ボランティアスタッフ等、募集しております。
みなさんのご参加、お待ちしております。

−−−−−−−−−−
合わせて、一カ月後の7月4日(日)には、『山ドキュin大阪 Vol.6』の開催も決定!!
こちらも近日中に当ブログにて詳細発表します。ご期待ください。
0

2009/9/2

【告知】『山ドキュin大阪Vol.5』いよいよ開催っ!  山ドキュ:告知
「山形国際ドキュメンタリー映画祭」も今年で20年になり、11回目を迎えます。
民間主導での開催1回目だった前回は、注目度も高く、盛況に終わりました。
しかし、官から民へ代わった本当の真価が問われるのは今回。
世界では有名なのに、国内では知名度が低い、この映画祭がどう生き残ってゆくのか。
我々も見守ってゆきたい。そして、応援し協力したい。
今までもピンチを乗り越えてきた、山形の人々の底力を信じています。
・YIDFF Official Site http://www.yidff.jp/home.html

−−−−−−−−−−
そして、今回の山ドキュのテーマは「無力な民」。
この言葉をキーワードに「山形国際ドキュメンタリー映画祭2005」から、
「イラク-ヤシの影で」と「大統領ミール・ガンバール」の2作を上映します。

■『イラク-ヤシの影で』
2003年春、イラク攻撃4週間前。
アメリカによる攻撃開始が予見されながらも日々の生活に勤しむバクダットの人々。
子どもたちにレスリングを熱心に教える元オリンピック代表兼駐車場経営者、
カフェでの談義に花を咲かせるおじいさんたち、靴屋のおじさん、大学教授、
そして通訳者のパレスティナ人男性……。
それぞれが見るイラクと世界に対する考えや立場は異なるが、
朗らかであった人々の空気は、爆撃開始後一変する。
世界がプロパガンダの嵐にさらされる中で、監督は自分の目で見た「イラク」を伝える。
※山形国際ドキュメンタリー映画祭カタログより

■『大統領ミール・ガンバール』
イラン大統領になることを夢見て、あきらめずに立候補を続ける片田舎のおじいさん
"ミール・ガンバール"と共に旅するカメラ・クルー。
赤い旗をなびかせ、拡声器片手におんぼろ自転車をこいで、
ひとりの支援者"セイフォッラー"と共に村々を廻る素朴な選挙キャンペーン模様。
砂ぼこり舞う自転車ツアーのなかで、
たまに出会う村人たちにビラを渡したり演説をしてみるが…。
インタビューに応えるミール・ガンバール一家の選挙に無関心そうな様子。
イランの田舎風土のなかに、何とも表現しがたい滑稽な悲哀が漂う。
※山形国際ドキュメンタリー映画祭カタログより

これら2作品に共通するのは「権力」。
ひとつは"権力"という象徴に憧れるが故に翻弄される男の物語。
もうひとつは、"権力"が暴走する姿に傷付き、翻弄される市民の物語。
そして、2009年のいま。我々は世界で戦争が終わってないことを忘れている。
大阪では、なかなか見ることのできない、
山形国際ドキュメンタリー映画祭を、是非、ご高覧ください。

−−−−−−−−−−
【日程・日時】※各作品、2回上映(入替なし)
2009年9月23日(水・祝) 12時00分、開場
・『大統領ミール・ガンバール』(70分)
 @12時30分〜13時40分 A15時30分〜16時40分
・『イラク−ヤシの影で』(90分)
 @13時50分〜15時20分 A16時50分〜18時20分
【料金】
・1000円(上映協力金として)−当日券のみ
【場所】
・ビジュアルアーツ大阪・新館3F「アーツホール」
 http://www.visual-arts-osaka.ac.jp/top.html
 (大阪市北区曽根崎新地2-5-23)
【問い合わせ】
 ビジュアルアーツ大阪 TEL 06-6341-4407(代表)
 放送・映画学科、柴田まで
 E-mail shibata@visual-arts-osaka.ac.jp
−−−−−−−−−−
◆また、[mixi]のコミュもあります。
・山ドキュin大阪 http://mixi.jp/view_community.pl?id=953928
 今後の活動の為、ボランティアスタッフ等、募集しております。
みなさんのご参加、お待ちしております。

−−−−−−−−−−
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/8/11

【お詫び】「Vol.5」チラシ、誤植の訂正  山ドキュ:告知
現在、配布中の告知チラシに重大な誤植がありましたので、お知らせします。

上映作品のタイトルが、
正)『大統領ミール・ガンバール』
のところ、
誤)『大統領ミル・ガンバール』
となっておりました。

今後は、校正チェックの体制を見直し、
この様な間違いが起こらない為に、スタッフ一同、注意して参ります。
そして、「Vol.5」上映会が良い場にする為、努力する所存です。
「山形国際ドキュメンタリー映画祭」の皆様、
並びに監督・制作者の方々にご迷惑掛ける事となりましたこと、
申し訳ありませんでした。
0

2009/7/6

■『ひめゆり』上映会、ご参加ありがとうございました。  インプレッション
7/5(日)の『ひめゆり』上映会に多数のご来場、ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
当日は、2回上映での一般入場者数【143人】。
会場でもあった「ビジュアルアーツ大阪」の学生さんがのべで【70人】。
全体で200人強の動員となりました。
しかも、会場が本会場の「アーツホール」と、
学生さん対応の特別会場として、
テレビスタジオに仮設劇場を作っての2元中継で上映(!)
結構、大変でした(^_^;)

嬉しいのが、一般アンケートの回答率で、なんと【68.5%】もありました。
皆さんが『ひめゆり』という作品のメッセージを受け取っていただいた数字です。

上映後に行われた、沖縄と会場を"スカイプ"で結んでのトークセッションは大きな成果でした。
沖縄での戦争体験継承に取り組む若者で組織する『虹の会』代表・赤嶺玲子さんと、
会場にいる若者・学生との対話の実現は、その内容もですが、
互いの「顔」を見ながらの会話が、ちゃんと「問題の温度」を認識しながら言葉を交わせる
映像の可能性と大きな課題をくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

今回の上映会開催に参加出来たことは『山ドキュ』の活動にとって勉強になりました。
さて、いよいよ『山ドキュin大阪 Vol.5』の開催が待ってます(^^)/
詳細は近々発表!!!
0

2009/7/4

■長編ドキュメンタリー映画『ひめゆり』大阪上映会ご案内  山ドキュ:告知
2006年7月に、ビジュアルアーツ専門学校・大阪の協力により、
第1回を開催した『山ドキュin大阪』。
「山形国際ドキュメンタリー映画祭」から、
大阪での公開機会が少ない秀作を紹介してゆくことを目的に、
「作家の発表の場と、観客の新たな出会い」の場をつくるため、活動してまいりました。
今回、新たな試みとして、2006年に制作されましたドキュメンタリー映画『ひめゆり』の
大阪上映会開催のお手伝いをさせていただくことになりました。
−−−−−−−−−−
『ひめゆり』は、「ひめゆり学徒隊」の生存者22名の貴重な証言で構成された
ドキュメンタリー映画です。
病棟になった鍾乳洞や自決しようとした海岸など、
体験した現場に赴いての証言に、実際の戦場のようすが見えてきます。
戦争というものが何であるか、その本質を知るうえで、これ以上ない作品であるといえます。

映画にも登場されている"本村つるさん(ひめゆり平和祈念資料館館長)"は、
この映画に次のようなメッセージを寄せておられます。
【 戦後、ひめゆりを題材に小説や映画が数多く世の中に出ましたが、
 それらのほとんどがフィクションです。
 実は、私たちはそれらが出るたびに、落胆し、憤慨していました。
 今回の映画ではひめゆり学徒生存者が生の声で当時の様子を鮮明に語っています。
 この映画は、生き残った者の真実の叫びであり、
 亡くなった友への心の奥底からの鎮魂の思いを綴ったものです。
 生存者はほとんどが80歳を越えました。いつかは消えてなくなります。
 でも何年たっても、この映画が、資料館とともにひめゆりの記憶を後世に確かに語り継ぐ
 大事な財産になるだろうと信じています。 】


■長編ドキュメンタリー映画『ひめゆり』大阪上映会ご案内
●日時:2009年7月5日(日)
 第1回上映 12時00分 − 14時10分
 第2回上映 15時30分 − 17時40分
 ※各回とも"字幕付き"上映
 ※各回の上映後引き続き、会場と沖縄の若い世代を「スカイプ」で結び、
  スペシャルトークイベント(30分)を開催します。
●会場:アーツホール(ビジュアルアーツ専門学校新館3階)
クリックすると元のサイズで表示します
●料金(スペシャルトークイベント参加費を含む)
 1,500円(当日券一般) 1,400円(前売券一般)
 1.000円(当日券学生)  900円(前売券学生)
 2,500円(一般ペア割引券・2人分)または(学生グループ割引券・3人分)前売・一般共通
 チケットは実行委員(僕もメンバーです^^;)および、
 ・「風の本屋」(大阪市旭区森小路) http://www5e.biglobe.ne.jp/~kazehon/
 にて取り扱っています。
●前売予約・問い合わせ先
 メール:himeyuri.osaka.tsudoi@gmail.com、電話:090-8651-5742(事務局・村岡)
 ※ご予約の際は氏名(ふりがな)、連絡先の電話番号をお知らせください。
●映画「ひめゆり」公式ホームページ http://www.himeyuri.info/
クリックすると元のサイズで表示します
本作は、今後もDVDソフト発売の予定はなく、劇場や上映会のみでしか見ることが出来ません。
それは、出来るだけ"生きた体験"としてこの作品を見ていただくこと、自主上映会の開催等、
作品上映に関わる方々の活動によって広く長く伝えていただくことを目的としているからです。
また、当日は、聴覚障害の方々にも参加していただく為に、
大阪では初めての"字幕版"での上映。
合わせて上映後に、琉球大学の学生を中心とした沖縄の若い世代のグループと、
ネットの「スカイプ」を通じての中継で、
上映会に参加した若い世代との"トークセッション"も開催。
※この特別イベントでは、手話同時通訳もあります。
これは、作品と作者・観客との"新しい出会い"のカタチとして、是非、ご参加ください。
【若い世代につなぐ『ひめゆり』! 若い世代と語る『ひめゆり』!】
この上映会に参加した多くの若い世代のみなさんが、
沖縄のこと、市民活動・ボランティアのこと、平和のこと、
そしてドキュメンタリー映画製作のこと・・・
いろんなことに興味を持ち、次代の様々な分野の新しい担い手として活躍されることを、
そしてこの上映会が、それらの「気づき」「発見」「出会い」の場になることを期待します!

−−−−−−−−−−
そして、延期になった『山ドキュin大阪 Vol.5』はこの9月開催を目指して準備中!!
詳しくは、またお知らせしますね(^-^)/ 乞う、ご期待!!!
0

2009/6/4

【緊急】『山ドキュin大阪Vol.5』延期のお知らせ  山ドキュ:告知
『山ドキュin大阪 Vol.5』の開催について、お知らせとお詫びです。
昨日、【日程】と【会場】の変更をお伝えしたばかりなのですが、
上映会場の都合により、今回の開催を延期することになりました。


延期の理由は、
・当初、ホールでの上映だったのが、テレビスタジオを使っての"仮説劇場"になったこと。
・テレビスタジオの「土足厳禁」による対応と、お客様の安全面を考えてのこと。
・いままでの上映会と同じく"有料上映"として開催する条件をクリアしているか。
等々、会場側は大丈夫との判断を頂けたのですが、
運営サイドとして、来てくださる方々に
「安全で、見に来てくださる皆さんと作品のベストな"出逢い"の場を提供する」
を最優先にする為、今回は見送る判断をしました。
最初に開催予定していた【6月21日(日)】の使用が、先方の事情で、
急遽不可能になり、他の日程・条件での開催を検討してきましたが、申し訳ありません。
一旦仕切直しとし、年内には再度開催のお知らせをさせていただくつもりです。
ご期待くださっていた方には、本当にお詫び申し上げます。

今年10月、山形県で開催の「山形国際ドキュメンタリー映画祭2009」は、
20年目11回目と、今後の"真価"が問われる映画祭となります。
我々自身も援護射撃ではなく、新しい展開の道筋を築くための一年だと思っています。
今後も『山ドキュin大阪』の活動を応援くだされば、幸いです。よろしくお願い致します。

−−−−−−−−−−
また、[mixi]のコミュティもあります。
・山ドキュin大阪 http://mixi.jp/view_community.pl?id=953928
今後の活動の為、ボランティアスタッフ等、募集しております。
みなさんのご参加、ご協力を切にお願いいたします。よろしくです。
0

2008/4/17

『アンダーグラウンドオーケストラ』作品解説  作品解説
『アンダーグラウンド・オーケストラ』
The Underground Orchestra,Het Ondergronds Orkest
クリックすると元のサイズで表示します
オランダ/1997/カラー/35mm(1:1.66)/115分
※今回は、ビデオ版での"デジタル(DLP)上映"になります。
監督:エディ・ホニグマン
脚本:エディ・ホニグマン、ノシュ・ファン・デル・レリー
撮影:エリック・ギシャール 編集:マリオ・スティーンベルゲン
録音:ピオトル・ファン・ディーク 製作:ピーター・ファン・ハイステ
製作会社・提供:ピーター・ファン・ハイステ・フィルム&TV
配給:フォルトゥナ・フィルムズ (Fortuna Films)

パリの地下鉄構内、あるいは街角で、
さまざまな音楽家が思い思いの楽器を演奏し、糧を得ている。
どこの都会でも見慣れた光景であるが、
彼らの多くは政治亡命者であり、
不法移民である事実が音楽を奏でる背後に潜んでいる。
1995年に映画祭出品された『メタル&メランコリー』で、
ペルーのリマのタクシー運転手たちにカメラを向け、
ラテンアメリカで必死に生きる庶民の姿を
引き出したエディ・ホニグマンは、
異国の地で生き延びる人々の演奏、生活、
ことばを画面に瑞々しく焼き付ける。
クラシックやシャンソン、R&B、ワールド・ミュージックから始まって、
あらゆるジャンルに及ぶ演奏の素晴らしさと、
音楽家たちが語る過酷な過去、決して楽ではない現在。
ホニグマンの彼らをみつめる目は温かく共感に満ち溢れているが、
映像は安易に情感に流れることなく、
軽やかなスタイルを維持している。
目と耳で堪能できる人間讃歌、この監督の最高作である。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ