2009/7/6

■『ひめゆり』上映会、ご参加ありがとうございました。  インプレッション
7/5(日)の『ひめゆり』上映会に多数のご来場、ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
当日は、2回上映での一般入場者数【143人】。
会場でもあった「ビジュアルアーツ大阪」の学生さんがのべで【70人】。
全体で200人強の動員となりました。
しかも、会場が本会場の「アーツホール」と、
学生さん対応の特別会場として、
テレビスタジオに仮設劇場を作っての2元中継で上映(!)
結構、大変でした(^_^;)

嬉しいのが、一般アンケートの回答率で、なんと【68.5%】もありました。
皆さんが『ひめゆり』という作品のメッセージを受け取っていただいた数字です。

上映後に行われた、沖縄と会場を"スカイプ"で結んでのトークセッションは大きな成果でした。
沖縄での戦争体験継承に取り組む若者で組織する『虹の会』代表・赤嶺玲子さんと、
会場にいる若者・学生との対話の実現は、その内容もですが、
互いの「顔」を見ながらの会話が、ちゃんと「問題の温度」を認識しながら言葉を交わせる
映像の可能性と大きな課題をくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

今回の上映会開催に参加出来たことは『山ドキュ』の活動にとって勉強になりました。
さて、いよいよ『山ドキュin大阪 Vol.5』の開催が待ってます(^^)/
詳細は近々発表!!!
0

2007/6/30

『山ドキュin大阪_Deep focus:ルート181』終了っ!!!  インプレッション
6/24(日)、無事、
『山ドキュin大阪_Deep focus:ルート181』を
開催することができました。
クリックすると元のサイズで表示します
『ルート181』は、3部構成による"4時間半"の大作。
当日は、あいにくの雨。(しかも、土砂降り =_=;)
それにもかかわらず"82人"の方にご参加いただきました。
ありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します
朝10時開始の2回上映で、終了時間が夜8時。
長丁場の上映な為、途中休憩では、
お菓子とお茶が振る舞われました。(^^)v

今回のプログラムは、実は急遽開催でした。
当初の予定だった『Vol.4』ではなく、別作品での開催となり、
十分な告知・宣伝が出来ませんでした。
色々と不備な点もあり、反省しております。
『山ドキュin大阪』を楽しみにしてくださる方々も居られて、
スタッフ・メンバー一同、励みなっております。
まだまだ勉強しなければっ!

昨年の7/2に『Vol.1』を「水没の前に」と「S21」で始めて、
なんとか1周年。
この『山ドキュin大阪』で、様々な方と出会うことが出来ました。
これからも"太く長く"続けてゆければと考えています。
応援宜しくです。m(__)m
0

2007/2/6

『山ドキュin大阪 Vol.3』終了!  インプレッション
2/3(土),4(日)、
『山ドキュin大阪 Vol.3』、無事、終了っ!!!
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

Vol.3の上映作品、
『生命-いのち』(監督:ウー・イフォン)
『三叉抗』(監督:チェン・リャンフォン)

の2作は、“台湾大震災”を扱った作品と云うことで、
一般観客層には、どの様に見てもらえたのだろうか?

2時間半に及ぶ長尺作品2本の上映会の為、
今回は2日間の開催となった。
その為、前2回とまた違ったシステムになってしまい、
広報も販促物の制作も新しい戦略が必要だった。
この手探りな所が如何にもドキュメンタリー的である。
観客の動員はまずまずといった成績だったが、
運営側のスキルは大きく進化した。
次回、『Vol.4』のスタートはもう始まったと思う。

嬉しかったのは、アンケートの感想。
作品と観客の出会いをプロデュースできたのであれば、
このプログラムの目的は一つ実現した。
会場の「アーツホール」がある、
ビジュアルアーツ大阪の学生さん達の反応も興味深い。
『生命』のドキュメントの記録性もだが、
映画としての演出に言及した意見があって、
「ドラマって深い」と関心されてた。(^_^;)

なにか“渡せた”と感じるのは、奢りだろうか。。。

mixiのコミュニティもあります。
随時情報をUpしてますので、ご参加いただけたら嬉しいです。
・[mixi(ミクシィ)]山ドキュin大阪
http://mixi.jp/view_community.pl?id=953928
0

2006/10/31

『山ドキュin大阪 Vol.2』終了。  インプレッション
『山ドキュin大阪 Vol.2』が無事終了しました。
動員は、前回を少し下回り"108人"。
でもでも、来てくださった皆様、有り難うございました。

今回のプログラム
・『三人三色』
・『静かな空間』
は、テイストがまったく異なる作品だった為、
戸惑った方が多くおられた。
特に『三人三色』は、ドキュメンタリーという解釈の幅が大きく、
広報・告知の段階で説明不足だった。
しかしながら、“優れた映像作品”“刺激的な作品”、
“新しい世界を見せてくれる作品”を(まずは僕らが)選んでゆくつもりです。

この場で持論を語って申し訳ないのですが、
ドキュメンタリー映画を見ることは、
自分の中の価値観と対峙することだと思っています。
それは他の人間、世界の“捉え方”を共有できるか、違和感を感じるか、
その心の動きは何故“自分の中に起こるのか”。
そして、自分と違う世界があることを知る。
作品の制作者がまず、その戸惑いを抱えた筈だから。。。

次回『Vol.3』は、来年1月末頃を予定しています。
是非、ぜひ、期待してください。
(サイト管理:柴田)


今回の『山ドキュin大阪 Vol.2』、
『三人三色』『静かな空間』について、ご意見・ご感想ありましたら、
是非、コメントください。
また今後の活動の為のご助言もいただけましたら幸いです。

mixiのコミュニティもあります。
随時情報をUpしてますので、ご参加いただけたら嬉しいです。
・[mixi(ミクシィ)]山ドキュin大阪
http://mixi.jp/view_community.pl?id=953928
0

2006/7/4

『山ドキュin大阪 Vol.1』終了!!!  インプレッション
7/2(日)、『山ドキュin大阪 Vol.1』は、
無事盛況の内に終わりました。
前日夜から雨が降る悪天候にも拘わらず、
・『S21;クメールルージュの虐殺者たち』(101分)2003年YIDFF優秀賞
・『水没の前に』(143分)2005年YIDFF大賞
の2作品、各2回上映入れ替えなしで、
のべ一般観客動員"120名"を記録。
これはまずまずの成績だったのだろうか。。。
クリックすると元のサイズで表示します

それだけに反省点も多数。(=_=;)
ほとんどのお客様がチラシの地図をたよりに会場まで来られたのだが、
この"地図"が一番イイカゲンな作りになってた。
※スミマセン。
ドキュメンタリーの観客に中高年層が多いこともあるが、
「ネットで情報を補完する」ことより、
確実に「手に取れるもの」で、
"いつ・どこで・なにが"の情報が伝わっていること。
これはチラシ・ポスターのデザインよりも優先されるべきだ。
また、会場である「ビジュアルアーツ大阪・新館」が、通りから判りづらく、
日曜で閉館だった「本館」「2号館」の方に案内表示が無かった。
※これは失態。
もう一点。
チラシや会場での案内表示に、作品の"開始時間"は明記されていたが、
"終了時間"は書いてなかった。
これは長尺な作品になれば、尚更、「いつ終わるのか?」は重要である。
日曜のイベントであったこと、主婦層の観客も居たことを考えると、
「時間の問題」はシビアである。
作品と作品の間の休憩時間も、可能なら"20〜30分"は必要であった。
長尺作品であったのと各2回上映をすることで、タイトに設定しすぎた。
会場ロビーでの客入出に混乱があったと思う。
あと細かいコトはあるのだが、
その「必要なコト」を知るための第一回だった。

『Vol.2』はこの秋、9月から10月の辺りで開催を検討しています。
今回の好結果は、なによりも"作品"が人を集めたからです。
ボランティアスタッフとして参加してくれた方々に会えたのも、
この作品を選んだからと思います。
「ドキュメンタリーであること」「レアな作品であること」も必要ですが、
僕らが本当に出逢いたい作品を探すことが、
沢山の観客にそれらを紹介することが出来たコト、嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。
(サイト管理:柴田)

今回の『山ドキュin大阪 Vol.1』、
『S21』『水没の前に』について、ご意見・ご感想ありましたら、
是非、コメントください。
また今後の活動の為のご助言もいただけましたら幸いです。

mixiのコミュニティもあります。
随時情報をUpしてますので、ご参加いただけたら嬉しいです。
・[mixi(ミクシィ)]山ドキュin大阪
http://mixi.jp/view_community.pl?id=953928
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ