2005/8/31

一体不二の御事績  
浅井昭衛著「南無日蓮大聖人」には、「日興上人は全く御本仏大聖人と一体不二の御境界であられた」として、その事例を二つ挙げている。

ひとつは滝泉寺申状のこと。
この御書は「その三分の二を大聖人がお書きになり、残りは日興上人が書き添えられている」という。

もうひとつは日蓮正宗の末寺である仙台・仏眼寺の飛曼荼羅について。
この曼荼羅は「日興上人の御書写で、御判形だけが大聖人というまことに不思議な御本尊である」としている。

滝泉寺申状の他筆部分は日興上人の御筆にあらずして富木殿の筆跡である・・・という説が正信会系の研究者から出ていることは前に書いたのだが、仏眼寺の飛曼荼羅については御当代の日顕上人が偽作の可能性を示唆する御説法をしている由である。

なんということか、浅井先生の書いたことは日蓮正宗系列の中で悉く否定されてしまったかのごとくである。他門ならまだしも・・・一つ目は研究に定評のある正信会に、そして二つ目はなんと時の御法主からである。

ところが面白いことに、法太郎なる法華講員とおぼしき人物は、この飛曼荼羅を御真筆であると論じているのである。
その論拠の詳細は知らないが、ともかく在俗の一信徒が御当代に異論を構えるのだからすごい。しかも他の法華講員からたしなめられることもないのである。
見るところ、法太郎氏はネット上における法華講の代表的論客であり、話によると日蓮正宗の御僧侶方も法太郎氏の所論には一目も二目も置いているらしいのである。

いや、実際はこの人物、何を言い出すかわからない危険人物であり、おそらく御僧侶方も心配で仕方がないのであろう。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ