2009/8/13

批判シリーズ終了  
前回の拙稿に対して、二人よりコメントを頂戴した。しかし、いずれも不審である。
まず、とんび氏に申し上げる。記憶のままに書くのがいけないとは言わないが、ちょっと調べればわかることである。それを横着して曖昧な記憶をたよりに書くと間違えることになる。
また、山門手前氏には今一度、拙稿をよく読んでいただきたいと思う。おそらくは氏の勘違いか、さもなくばナナメ読みゆえの誤解であろう。そこに気がつくべきだ。

さて、今回をもって『迷走する顕正会を斬る』への批判を終了するつもりである。早い話がネタ切れであるが、ともかく本題に入ろう。

第九章には「浅井会長の不誠実」というタイトルがあって、その最初の項目が「御遺命守護完結の偽り」である。
ようするに櫻川氏は、御遺命守護完結はウソである、つまり、浅井先生はウソツキである、と言っているわけである。
わたくしはこれに異議を申し上げたい。

 御遺命守護完結とは、顕正会の掲げる戒壇義が宗門に受け入れられることであった。大御本尊の遷座とは別の問題である。大御本尊の遷座を、御遺命守護完結であるとすり替えることは、会員への謀りである。

さすがは浅井先生の弟子だっただけのことはある。ひじょうに言い方がキツイのだ。これがかつては宗門や創価学会に向けられていたわけだが、今は浅井先生に向けられているのである。

御遺命守護完結は大御本尊御遷座と別問題・・・

いや、そんなことはない。この際、過激な言い方をするならば、別問題かどうかは関係ないのだ。

まず、整理をしよう。別の問題なのか、それとも同じ問題なのか、これは見解の相違ということになる。
次の見出しには「正本堂を不浄とする偽り」とある。おそらく櫻川氏はこれが念頭にあるのだろう、正本堂を不浄と考えるのは間違いである、よって御遷座の絶対的必要性を認めない、当然の帰結として御遺命守護完結とは無関係、というのが氏の意見である。
しかし、これは一考を要するところだと思う。ここでは詳述しないが、もし正統派顕正会員がお出ましになれば、それなりの論陣を張ることだろう。つまり、正本堂を不浄であるとする説もそれなりに有力であり、当然ながら浅井先生はそれを主張しているわけであるから、それを不誠実とは言えないのだ。
不誠実と言えるのは、間違いであることを承知しながらワザとやっている場合だけである。先生はそれが正しいとの信念に基づいて主張しているわけだから、それはタバカリでもなんでもないのだ。

212ページの記述を引用しよう。これは昭和五十年の四月二十六日に行なわれた妙信講第十七回総会を伝えるものである。

 続いて浅井理事長は、「汚れた正本堂から清浄の奉安殿に大御本尊を御奉還申し上げることが御遺命守護の完結」と述べた。正本堂を不浄とし、大御本尊遷座に言及したのは、これが初めてである。

なお、参考として239ページの記述も紹介しておく。

 昭和五十年十二月、妙信講青年部大会で昭衛氏は、「誑惑の正本堂から奉安殿へ御奉還を」と講演した。大御本尊の遷座を求めた最初の発言である。

大御本尊遷座に言及したのはこれが初めて・・・
大御本尊の遷座を求めた最初の発言・・・

二つの記述を並べるとじゃっかんの錯綜を感じるが、それはどうでもよいことだ。ようするに、浅井先生はかなり早い時期に御遷座の主張を開始し、それからおよそ四半世紀にわたって主張し続けたのである。また、前掲の文章に明らかなごとく、先生は御遷座こそが御遺命守護の完結であると述べているのだ。
ゆえに、これは全顕正会員の了解事項であり、ここに謀りだとか不誠実だとかの要素が入り込む余地はまったくない。

強いて言えば、宗門への復帰、それにともなう御登山・御内拝、あるいは常住御本尊の下附など、こうした付帯事項が実現していないことが問題となる。ゆえに、浅井先生はこの点の釈明なり、もっといえば会員への謝罪をするべきだった。逆に言うと、それをしないから御遺命守護の完結には欺瞞があると言われてしまうのだ。

最後に、正本堂が不浄であるか否かの問題において、浅井先生は不浄であるとの認識であるが、一方の櫻川氏は次のごとく主張する。

 完工式への異教徒参列が堂宇を汚し、その不浄が二度と永遠に解除されないとする浅井説は、道理を欠いた詭弁だと言わざるを得ない。

これはまさに教義論争である。先ほど、わたくしは正統派顕正会員の登場を促がす意味のことを書いたわけだが、本当ならば浅井先生が自ら回答するべきだろう。

おそらくはそれが、御遺命守護完結を偽りであり会員に対する不誠実であると主張する櫻川氏への回答と同時に、本当の意味での会員への誠実さを証明することにつながるはずである。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ