2012/8/12

広本における真言批判の位置付け  
各方面より種々雑多のコメントを頂戴しているが、さしあたって沖浦氏にお返事申し上げたい。

伽藍思考の本末転倒

魅力的な表現だと思う。意味不明ながらも考えさせられるのだ。

 『善きかな善きかな王今真に是れ正法を護る者なり当来の世に此の身当に無量の法器と為るべし、』
 (立正安国論)


ほほう、これは鋭い。

はっきり言って沖浦氏の戒壇論はデタラメだと思う。しかし、部分的ながらも鋭いところがある。まさに上掲の引用がそれだ。このことを説明するのは相当に骨が折れるので、今は略して申し上げよう。上掲は戒壇論に近接する、きわめて重要な御文なのだ。

蜂須賀於虎

凄い人物が登場した。相当の論客である。しかし、リンク先を見ると、まだブログを立ち上げたばかりのようだ。よって、当面は今後の動向を見守りたい。

さて、もう一つの懸案である、広本の話題に移ろう。

三、『立正安国論』にみる真言批判
 『立正安国論』の中で、真言密教批判が示されているのは、すべて広本にて書き加えられたものであり、次の箇所です。
1、第五問答の主人の答えの中で
 《具に事の心を案ずるに、慈恩・弘法の三乗真実一乗方便・望後作戯論の邪義にも超過し、光宅・法蔵の涅槃正見法華邪見・寂場本教鷲峰末教の悪見にも勝出せり。大慢婆羅門の蘇生か、無垢論師の再誕か。毒蛇を恐怖し、悪賊を遠離せよ。破仏法の因縁・破国の因縁の金言これなり。……》
 の文句が加えられています。ここでは慈恩による三乗真実一乗方便の論に対する批判と併記して、弘法に対して望後作戯論と名指しで批判されています。ただしこの他にも、光宅寺法雲の涅槃正見法華邪見論や、法蔵の華厳根本法華枝末論に対しての批判も同時におこなわれており、念仏法門のみならず、法華最第一を歪める諸説やその論者に対する批判として述べられています。

2、第九問答にて客人の領解として述べた中で
 「法水の浅深」の後に
 《顕密の浅深》
 の一文が加えられ、さらに
 《真言・法華の勝劣を分別し》、
 と、勝劣論による法華経の優位が示され、
 《一乗の元意を開発せん》
 と、法華経を弘める必要の領解が強調されています。
 以上、『立正安国論』全体からみればけしてその占める割合は多くはありませんが、真言密教への批判が明確になっていることは確認できます。少なくとも、文応元年本での念仏法門批判の意味合いから、真言をはじめとする他をも含めたものへと大きく展開されたといえます。法華経の引用の追加に関係していることからも(本来ならば、他経典等の引用の比較も検討すべきとは思いますが、ここでは略します。)宗祖にとって弘安本を記された意味は、単なる書写上の補填とは言えない大きな意味を待つものと推察されます。その原因の一つは先に述べた、命にもかかわった重大な法難でありますが、その他にも重要な要素があります。


これは現代宗教研究所の田澤元泰所長が書いたものである。

これまでの経緯を端折って説明すれば、安国論の広本に真言批判があるかないか、という議論だった。わたくしは不勉強なものだから、広本の内容については詳しく調べたことがなかった。ゆえに、広本に真言批判があるかどうか、まったく知らなかった。知らないにもかかわらず、勝手な推測として、広本には真言批判はない、というふうにも考えていた。そうして議論が終わり掛けていたところ、突如、上掲の資料が提示されたわけである。

まずは感想を申し上げよう。

田澤所長の論はずいぶん乱暴というか、説明が足りていないように思う。その理由は紙数の関係でもあろうし、もう一つには、上掲の直前の文章に答えが隠されているとも考えられるだろう。

なお、佐渡流罪と宗祖の法華経色読のご自覚による真言密教への展開については多くが論じられていますので、ここではこれ以上の検討は控えたいと思います。

検討は控えたい・・・

言い換えれば、詳述しない、ということだろう。さらに続きの文章を紹介する。

こうした経緯から推察するに、宗祖はそれまでにはなかった真言密教批判が大きなテーマとなり、『立正安国論』においても引用が加えられたと考えられます。

これ以下が前掲の、三、『立正安国論』にみる真言批判、という項目なのである。

つまり、田澤所長は安国論における真言批判と思われる箇所をピックアップするのみであって、それについて詳しくは論じていないのだ。わたくしが先に、乱暴ないし説明不足と書いたのは、この意味である。

話が面倒なので、ここで結論を書いてしまおう。

立正安国論広本における真言批判は、安国論全体の文脈からすれば真言批判に当たらない。

誤解のないように申し添えるが、これは何もヘソマガリなことを言っているのではない。真面目に拝するならば誰もが了解し得ることなのだ。ようするに、安国論の大意はあくまで念仏批判が中心であって、ここに他の批判を加えると全体の文脈が著しく損なわれてしまうという問題が生じてしまうのだ。ここでは二つの御文を紹介しよう。

如かず彼の万祈を修せんよりは此の一凶を禁ぜんには。

一凶は念仏のことである。

我一仏を信じて諸仏を抛ち、三部経を仰ぎて諸経を閣きしは・・・

一仏は阿弥陀仏、三部経は弥陀の三部経である。ここが安国論の最後の段であり、結論部分なのだ。これで全体の文脈が損なわれると書いた意味がわかるだろう。

さて、それでは前後を含めて真言批判と思しき一節を紹介しよう。

就中、法然其の流れを酌むと雖も、其の源を知らず。所以は何ん。大乗経六百三十七部・二千八百八十三巻、竝びに一切の諸仏菩薩、及び諸の世天等を以て捨閉閣抛之字を置いて、一切衆生之心を薄す。是れ偏に私曲之詞を展べて、全く仏経之説を見ず。妄語之至り、悪口之科、言ひても比い無く責めても余り有り。具さに事の心を案ずるに 慈恩・弘法の三乗真実一乗方便・望後作戯論之邪義に超過し、光宅・法蔵の涅槃正見法華邪見・寂場本教鷲峯末教之悪見に超出せり。大慢婆羅門の蘇生歟。無垢論師之再誕歟。毒蛇を恐怖し、悪賊を遠離す。破仏法の因縁、破国の因縁之金言是れ也。而るに人皆其の妄語を信じ、悉く彼の選択を貴ぶ。

下線が広本で加筆された部分である。

超過し・・・、・・・超出せり。

すなわち文脈上はあくまで念仏批判を主眼としているのだ。

そして、もう一箇所の真言批判が次の一節である。

然して後、顕密の浅深を斟酌し、真言・法華の勝劣を分別し、仏家之棟梁を崇重し、一乗之元意を開発せん矣。

この部分は短いので、次に平成新編から同一箇所を引用する。

然して後法水の浅深を斟酌し、仏家の棟梁を崇重せん。

ここはまさに大聖人の御化導の進展を如実にあらわすものである。まずは念仏批判であり、その後に真言批判を展開するという、その順序を示している。この類文というか、関連を思わせる御文が清澄寺大衆中に出てくる。

其の上真言宗は法華経を失ふ宗なり。是は大事なり。先づ序分に禅宗と念仏宗の僻見を責めて見んと思ふ。

以上、広本に真言批判と思しき文言が散りばめられているのは事実であるが、あくまで中心は念仏批判である。当然、筆者であるところの大聖人は、全体の文脈を損なわないように留意しながら加筆修正あそばしている。この点が重要だ。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ