2012/12/22

各種コメントと会長講演とのコラボ  
沖浦氏の所論は支離滅裂である。おそらくは、すでに原点を忘れてしまっているので、それで話に統一性がないのだろう。

 摂受と折伏は機根で使い分けるのですよ。

こう言っていたのだ。ゆえに、わたくしはこの点を追求してきたわけだが、沖浦氏の対応は一向に要領を得ない。

 釈迦仏法は本質的に無意味ですから、そう言う機根のたてわけはいりません。

先には機根で使い分けると言い、今は機根のたてわけを不要だと言う。困ったものだ。

ちなみに氏が引用した御文は、いわゆる四重興廃と呼ばれる最難関の御法門である。これについてはいずれ機会を改めて書きたいと思う。

のび太氏とユタ氏が好都合のコメントを残して下さった。そのキーワードは山本太郎と夢物語である。これらは今日これから書く、十一月度総幹部会の話題に直結するものなのだ。

以下は顕正新聞第1260号一面の見出しである。

初陣誓願大突破 六千万必ず成るの瑞相

9・10・11月度弘通、二万一千二一四名
「顕正会こそ唯一の異体同心の大集団」


ここだけでもいくらでもイチャモンがつけられる。初陣が多過ぎる。年がら年中、出陣だの初陣だのと言っている。誓願大突破はいわば数字のマジックである。目標を低く設定すればそうなる。何しろ昨年の同時期と比べると折伏成果は減少しているのだ。そして最後の一段は会長発言なのだろうけれども、やや疑問だ。

 「日本国の人々は多人なれども、同体異心なれば諸事成ぜん事かたし。日蓮が一類は異体同心なれば、人々すくなく候へども大事を成じて、一定法華経ひろまりなんと覚へ候」

会長講演ではこの御書を引用した上で前掲のごとく言っているわけだ。大集団だと。いかがなものかと思う。大聖人は「人々すくなく候へども」とおっしゃっているのだ。であれば、大集団などと威張るべきではないだろう。まるで謙虚さがない。

さて、一面の記事であるが、下段には人事が載っている。

婦人部 大規模人事断行
 4部長、16支区部長を抜擢


他に男子部と女子部の人事もあるが、こちらは通常の範囲だと思う。問題は婦人部だ。上掲のごとく、ぜんぶで二十一人もの人材が抜擢されたわけだ。まさにポストの乱発だ。

それとも婦人部大会で勢いがついて、組織が発展・充実している結果なのだろうか?

ここからは、のび太氏のコメントに関連する話題だ。

わたくしが山本太郎の当落に注目したのは、彼の選挙運動の様子を動画サイトで見たことがキッカケだった。芸能人だから注目される。街頭で演説していると他の候補者よりも人が集まる。ある意味では当然なのかもしれないが、彼の場合はちょっと違うように感じられたのだ。しゃべりがしっかりしている。自分の考えを自分の言葉でしっかりと伝えることが出来る。単なる客寄せパンダではなく、自分の意志で立候補し、自分の信念で行動している。わたくしにはそのように見えた。

街頭演説の様子を見ていると、その盛り上がりからして、これは当選するんじゃないか、そう思わせるものがあった。たぶん本人も、行けるんちゃうか、そう思っていたはずだ。支援者たちも手応えを感じていただろう。

わたくしは顕正会員の心理がまさにこれなのだと思った。

十一月度の総幹部会は大宮ソニックシティ大ホールで行なわれたわけだが、この会場はけっこう大きい。この手のホールの中では大きいほうだと思う。わたくしの記憶だと、もうかなり昔からここを使っていた。現・東京会館が本部会館だった時代からすでに使っていたはずだ。そして顕正会の集会はいつも超満員なのだ。少なくとも浅井先生の出席する集会は超満員が当たり前であって、月例の総幹部会は顕正会における中核的な幹部たちで会場が埋め尽くされるのだ。

その会場が醸し出す雰囲気を想像するがいい。なるほど、浅井先生自身もそうだろうし、そこに集いし幹部たちも同様である。誰もが「行けるんちゃうか」と思い込むのだ。

しかし、現実はどうか、である。

まさにユタ氏の夢物語という表現がピッタリと当てはまるのではないかと思う。もちろん先生だって馬鹿じゃない。それがわかっているから果敢なる挑戦を続けているのだろう。本年の婦人部大会もそうだし、明年の女子部大会、そして男子部大会と、大宮ソニックシティの大ホールに甘んじず、さらなる大会場を制覇すべく挑戦し続けているのだ。

ところで会長講演には、次のような興味深いくだりがある。

 たとえ「脱原発」を掲げている政党でも、その実現はみな一〇年、二〇年、三〇年先としているでしょ。「何とかそれまでに太陽光や風力など自然エネルギーの開発を」などと言っておりますが、これは夢です。ファンタジーですよ。

この批判はそのまま顕正会にも当てはまることだ。十年、二十年、三十年、はたして先生がいつまで頑張れるかわからないが、ともかく顕正会の実力が現状どまりのままであれば、先生の言っていることは単なる夢だったことになるのだ。その時、熱心な活動会員たちはどう思うのか、楽しい夢を見させてもらったと思うのか、人生を棒に振ったと思うのか、わたくしには何とも言えないところだ。

十一月度の総幹部会では地方会館の建設計画が発表される。

会津会館、京都会館、熊本会館

さらに追加の建設が発表された。

顕正新聞社別館

どうやら本部会館周辺は顕正会の施設で埋め尽くされていく運命のようだ。

そして明後年の建設計画も発表された。近年はこの傾向が顕著であるが、これは会員を鼓舞するための先行投資みたいな意味があるのだろう。

静岡会館、岡山会館、福岡会館

個人的な関心を書けば、藤枝会館がどうなるか、である。すでに浜松に会館がある。さらに静岡に会館が建てば不要になるのではないか、さすがに不要は言い過ぎにしても、顕正会の実力からすると現状ではそれほど必要としないのではないか、と思われるのだ。

岡山はよくわからないので言及しないが、福岡については言っておきたい。なんだ、まだ会館がなかったのか、と。福岡は九州の中ではいちばんの大都市のはずだ。そこに今まで会館がなかったのは、いかにも顕正会の組織分布が偏っていることの象徴である。

政治は大衆迎合、憂国の至情なし

総幹部会は十一月二十七日に行なわれた。会長講演はこの時点での政局を論じている意味で貴重である。浅井先生は政治家を褒めない。たいていが悪く言う。ボロクソだ。そして今回、もっともヤリダマに挙がったのが自民党の安倍総裁である。

結果はご存知のごとく、自民党の圧勝だった。何とも皮肉な話だ。

脱原発もごまかし

原発政策についても先生は厳しい。どの政党も看板は脱原発を言っているものの本気度が感じられない、とのことだ。総幹部会の時点では日本未来の党はまだ結党していなかったけれども、たぶん先生の評価は同じだろう。先生に言わせれば負けて当然となるだろうか?

ところでわたくしは先日、次のように書いた。

百五十万顕正会は今回も動かなかった。

これはまさしく会長講演を踏まえて書いたのだ。原発政策にかくも辛辣な発言をするのであれば、それを具体的な行動に移してもよさそうなものである。ただ言っているだけじゃ意味がない。百五十万顕正会の実力を見せつける絶好の機会でもあるはずだ。

いや、もちろん、そこまでの実力はないわけで、それは本部首脳もよくわかっているのだろう。

 私は思う。これは、政治家たちが原発の危険そして被災者の悲惨を、我がこととして感ずる心がないからだと。

けだし名言である。今回の会長講演ではもっとも感動的なくだりかもしれない。沖浦氏の好む表現を使えば、まさに同苦ということだろう。政治家には同苦の心がない。もちろん、全員がそうだとは言わないが・・・

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ