2013/4/7

戒壇論、番外編  
昨夕から今朝にかけての沖浦氏のコメントは、その悪逆非道ぶりがよくあらわれているものだった。

 御書を引用しても、貴方が認めたくないものは認められないでしょう。

 ですので、無意味なのです。


こう言っていたわけだが、今度はわたくしの発言を逆手に取って次のごとく言うのだ。

 大聖人が一言もおっしゃられない、戒壇本尊本懐。

逆ギレみたいなものであろう。

話を戒壇論に戻そう。沖浦氏の言いぶりでは、文証はあるが巌虎に示したところで難クセをつけるだけなので無意味である、と言っているように聞こえる。もしそうならば、沖浦氏らしくないなあ、というのがわたくしの率直な感想である。相手が聞こうが聞くまいが説き伏せる、納得しようがしまいがとにかく言うことは言う、そういうタイプだと思っていたのだが、少し違ったようである。いずれにしても第三者が判断して下さるので、もし文証があれば遠慮せずに示すべきだろう。仮にわたくしが意固地になって認めようとしなくても、それが明々白々の文証であれば第三者が認めてくれるはずなのだ。

厳虎氏と沖浦氏の戒壇義おもしろかったです。(拍手)

のび太氏である。何がどのように面白かったのか、それが不明であるが、おそらく最近は各種掲示板が不調なのだろう。いや、最近ではなく、もうかなり前からずっとそのような状態が続いているようである。

論客がいない。今まで活躍していた人も、いつの間にか出てこなくなったりして、丁々発止の議論が行なわれなくなった。すると閲覧者も自ずと減ってくる。それが悪循環となって、ますます低調になる。

のび太氏は議論に参加するのではなく、観戦するのが好きなタイプなのだろう。すると、おそらく現時点では他に興味を惹くような議論が行なわれておらず、必然的に沖浦氏とわたくしとの議論に注目せざるを得ない状況なのだと思われる。

例えば、三秘抄も文上読みをすれば国立戒壇が是とも読める。原理主義者の陥穽は、字面どおり読むことが正しいと錯覚することである。

教相と観心という視点から展開するならば、原理主義は教相に捕らわれ易い側面がある。

解釈論はどこまでいっても解釈論でしかない。

のび太氏のコメントを抜粋させてもらったわけだが、きわめて模範的な問題提起である。おそらくは議論の一助というか、議論の発展を期待して、ご自身の見解を示されたのだろうと思われる。

いわく、三大秘法抄は文上読みすると国立戒壇になる、と。文上の対義語は文底だと思われるが、では、聞きたい。文底読みの場合、どのような戒壇になるのだろうか?

別にそれほど言いたくもないが、いちおう言っておこう。創価学会はかつて国立戒壇を言っていた。当然ながら三大秘法抄がその根拠である。しかし、今は言わなくなった。はたして、その総括は出来ているのだろうか?

いわく、原理主義者は字面どおりに読むことが正しいと錯覚する、と。

相手にイチャモンをつけるのは簡単であるが、では、どのように読むのが正しいのか、それが問題である。

教相と観心・・・

これまた大変な問題提起である。しかし、言っていることは先の文上読み・文底読みと同じだろう。ここで問題となるのは文底読みの是非である。観心釈という表現もある。

日蓮宗と正宗との議論で争点になるのがこれである。たとえば大聖人を御本仏と拝するのが日蓮正宗であるが、それを日蓮宗では批判する。これはいわば文底読みに対する批判であり、文底読みは勝手読みである、というのが彼らの言い分であろうと思われる。

のび太氏はお気づきであろうか、ねじれ現象とも言うべきことが起こっていることに、である。

つまり、のび太氏の論理であれば、日蓮宗こそが原理主義の親玉であり、日蓮正宗はその逆に位置することになるのだ。いったい、これはどういうことであろうか?

解釈論はどこまでいっても解釈論でしかない。

これは再掲であるが、では、解釈論に代替されるものは何か、というのが問題である。文脈上、のび太氏は現証を言わんとしているごとくである。しかし、それを言っちゃあオシマイよ、と言いたいところだ。今までの文上読みに対する文底読み、あるいは教相に対する観心、これらはいったいどうなったのだろうか?

つまり、解釈論の決着はどこまでいっても解釈論で決すべきなのである。

のび太氏のコメントを逆手に取って言わせてもらったわけだが、顕正会の、あるいはわたくしの御書の読み方が、原理主義的であり間違いであると言うのであれば、正しい読み方・正しい解釈を示すべきなのである。

もしそうでなければ、しょせんは自分勝手な解釈に過ぎないものを、文底読みだとか観心釈だとかいう装飾を施して権威づけているだけになってしまうだろう。

これは創価学会が痛烈に批判するところの日蓮正宗と、実はまったく同じであるという、イヤミな結論にならざるを得ないところなのだ。

今日はこんなところで終わりにしよう。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ