2013/7/16

ギャクロカヤダのバカヤロウ  
今朝も沖浦氏から精力的な投稿があった。しかし、重複する部分が少なくないので省略し、昨夜のコメントを中心に思うところを書かせていただきたい。

 創価学会がどの御本尊を書写するか?
 戒壇本尊で無いことだけは確かですし、あるいは創価学会の内部で、どの御本尊も書写せず、相貌が御書に基づいて問題ない御本尊を、独自で書く事もあり得ます。
 ともあれ、将来の事は将来の人が決めればいいのです。
 現時点で、書写の元を限定する必要は全くありませんし、そういう事をすると、かえって将来の方の自由な判断を、束縛しかねません。
 無益ですね。


まったく解せない話だ。シツコイようだが再掲しよう。

 近い将来、戒壇本尊を書写の対象としなくなると思います。

将来のことは将来の人が決めればいい、将来の人の自由な判断を束縛しかねない、などと言うのであれば、口を慎むべきである。なぜならば、戒壇本尊を書写の対象としなくなるかどうかは、将来の人が決めればいいことだからである。つまり、沖浦氏は自己矛盾に陥っているのだ。創価学会が公式に戒壇本尊本懐論を撤回するまでは口を慎む、これが沖浦氏の取るべき態度のはずだ。

 小樽法論の録音をお聞き下さい。
 完全に理論では負けています。

 戒壇本尊は御書にない。
 御伝土台にもない。
 興師も一言も言わない。

 その通りです。
 大聖人仏法に、戒壇本尊本懐はありません。
 そこを突かれると、

 身延は狐や狸、鬼子母神を祭っているからおかしい。

 と切り返しています。
 巌虎さん、少し冷静に判断して下さいね。
 身延が狐を祀ると、戒壇本尊が本懐になる道理が何処のありますか?

 全く別の事です。
 それをリンクさせること自体、負けている証拠です。

 違いますか?


相変わらず曲線的な議論が好きな人である。再掲しよう。

もし沖浦氏が日蓮宗側に軍配を上げるのであれば、創価学会の負けである。理屈で勝てないところを祈りで大勝利に変えたなどというのは、詭弁以外のナニモノでもないだろう。

ようするに沖浦氏は創価学会の負けを認めているわけだ。

ところで小樽問答であるが、わたくしは今までその音源を聴いたことがなかった。そこで今朝、ユーチューブに出ている小樽問答@〜Cを聴いてみた。どうやら続きがあるらしい。ようはCで完結しているわけではないのだ。ならば、ぜひとも最後まで聴いてみたいものだが、どこかにあるのだろうか?

ちなみに現時点での感想を書くと、必ずしも沖浦氏の言っているとおりではない、氏の言っていることは不正確である、ということになる。具体的に言えば、順番が違うのだ。まず、創価学会側が身延の本尊雑乱を責めている。相手はそれに対抗する意味で戒壇本尊に対する疑義を述べているのだ。ゆえに沖浦氏の説明は間違っているのだ。

ただし、すべてが間違っているわけではない。

 小平さんは、

 信心がないからわからない。

 これだけです。


なるほど、この部分は沖浦氏の言っているとおりだろう。完全に負けているかどうかは微妙だが、ここは確かに苦しいところだと思う。

いずれにしても今の段階で小樽問答を持ち出し、日蓮宗側の勝利を叫ぶのは、創価学会員にあるまじき行為だろう。沖浦氏にその自覚がないとしたら困り者である。

さて、今日は顕正新聞第1279号から話題を拾うつもりでいたが、暑いので一つだけ取り上げて終わりにしよう。

中国人も食べぬ汚染食品、日本に
「殺虫剤のカクテル」と農業担当主任


シリーズ三回目も凄まじい。具体的な内容については省くが、どうしてもツッコミを入れたいところがある。それは次のくだりだ。

工場の煙突から立ち上る煙により周辺は靄(もや)がかかり、一時間いるだけで気分が悪くなる。

どこの話かと思えば、中国山東省の話なのだ。おいおい、オマエは中国まで取材に行ったのかよ、と言いたいところだ。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ