2005/6/2

公式ホームページ  
顕正会はホームページを開設している。
けれども顕正会とホームページはリンクしていないといわざるを得ない。
まず、会員に広く告知したということがない。顕正新聞にも宣伝されない。そもそも先生自身がインターネットを公衆便所の落書きだといい、忌避しているような印象を受けるので、もともと積極的にはホームページにかかわっていないのだろう。
しかし、公式ホームページなのである。何かちぐはぐなものを感じる。

今回の邪義破折班文書は、本部なのか先生宅なのか知らないが、ともかく送られてきたことに間違いないのだろう。しかもである。それはほとんどすぐに、邪義破折班のサイトにて全文公開されているのである。
対する顕正会公式ホームページはというと、去年の秋からまったく更新が止まってしまって、もはや機能しているとはとうてい思えない。

先生は直接対決をいうが、すでにウェブサイトという同じ土俵に上がっていることを認識しなければならない。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ