2005/8/10

引き続き選挙の話題に絡めて  
過去の顕正新聞には創価学会の動向だけでなく、公明党のこともあれこれ書かれている。

で、ある年の総選挙では公明党の得票数が激減して、いよいよ(創価学会は)滅びの時を迎えたみたいな記述が顕正新聞に残っていたりする。
つまり、公明党=創価学会であり、選挙の結果がそのまま創価学会の伸張をあらわすバロメーターということなのだろう。
結局、この予言(?)もハズレということになる。
旧社会党のように、いわゆる凋落傾向に歯止めがかからないという例ももちろんある。ところが公明党はこれまで、勝ったり負けたりを繰り返してはいるものの、平均すると安定しているのである。大きく伸びてもいないけど、逆に大幅に後退している様子もない。

であるからして、創価学会が滅びの時を迎えた云々は、一見すると状況分析による客観的判断のようであるけれども、早い話が顕正会サイドの願望を述べているに過ぎないとも思われるのである。

先日、創価学会員に見習うべき点が少なくない、という意味を書いた。
これは教義上の正邪云々を抜きにして、現実問題として創価学会員は選挙という形でまさに一国レベルの戦いを行っているのであり、それが得票数という客観的な数字であらわれてくるのだから、ごまかしようがない。一方、顕正会の一国諌暁はたとえ諫暁書を全国民に配ったとしても、その段階に止まっているうちは自己満足に過ぎない。
折伏成果もまた然りである。

その意味でいえば、三百万の実現以前に、当面は五万人の大総会・十万人の大行進を実現しないことには、自己満足のレベルからは一向に脱却できていないことになるだろう。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ