2005/9/30

「目ざめよ!」誌から  
第一に、自分の部屋で独りきりでインターネットを使わないでください。もしそうするなら、知らない都市の暗い通りを独りで歩き回って自ら災いを招くようなものです。コンピューターは、家族の皆の目に触れる場所に置きましょう。
第二に、どんなサイトを見るか、なぜ特定のチャットルームにアクセスする必要があるかなどを親に説明し、親と良いコミュニケーションを取るようにします。
(以下省略)

つい先だってエホバの証人がきて、「ものみの塔」と「目ざめよ!」を置いていった。
昔だったらこんなものは受け取らなかったし、仮に受け取ってもすぐにゴミ箱へ放り投げていたものだが、今は大事に取ってある。もはや顕正会員失格であろうが、偏向・無知をいましめる意味で、ひととおりは目を通しておこうと思っている。

さて、上記の文章はずいぶんと一般向けの記事に見える。ようするに、子供を有害サイトから守ろうという趣旨の文章と言えるだろう。だが、全文読めばそうではないことがわかる。端的な一文を次にあげておこう。

「僕は、エホバの証人と思っていた人たちとチャットをしていました。でもそのうちに、幾人かがエホバの証人の信条にけちをつけ始めたんです。やがて、その人たちが実は背教者だということが分かりました」

顕正会的に表現すれば、魔に誑かされて退転させられる危険があるからチャットはするな、ということを言いたいらしいのである。

どうやらカルトと目される教団には共通する点があるようだ。なるべく外部の情報を遮断して内部だけの情報で教育していく。いわば純粋培養を目指しているのだろう。
しかし、はっきり言って、そういう育て方ではひ弱な子供しか育たない。いざという場面で脆さが出てしまうのである。

エホバの証人に破邪顕正という概念があるのかどうか知らないが、顕正会はまさに破邪顕正の団体のはずである。
であるならば、都合の悪い情報を隠匿するのではなく、それに堂々と立ち向かっていかなければならないだろう。

ここが分かれ目である。

カルトと目されると書いたが、わたくしは顕正会をカルトとは思っていない。ただし、ここが分かれ目なのである。今後、カルトの道を突き進むのか、それとも本来の正宗信仰に戻っていくのか、このひとつの試金石がインターネットへの取り組み方なのではあるまいかと思う次第である。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ