2006/10/3

日相上人文書の事壇は広布以後を含意しないのか?  
aono氏のコメント、ならびに茶寮掲示板での奮闘ぶりを拝見するに、よく勉強していらっしゃること、顕正会員としてきわめて正統かつ模範的な論陣であることに感銘を受けた。詳細については後日改めて書かせていただくつもりであるが、くれぐれも日常生活に支障をきたさないように留意しながらのご活躍を今後とも期待したいと思う。

さて、以下はトチロ〜氏のコメントである。

ところで、日相上人の件に関してですが、浅井会長は説明しておりませんが、「本門戒旦」として「事」と「義」について書かれた横に、「三大秘法姿如是可得意也」とあります。(如と是の間にレ点が入ります。)上記のリンク先の説明の、この表の冒頭の「凡三大秘法ト者開スレバ六合スレバ三也」とを会わせ拝すれば、この日相上人の文書が三大秘法抄、一期弘法抄の戒壇でないことは明らかです。

これをどうやったら浅井会長の説明のようになるのか不思議です。(笑)


文中、リンク先という言葉が出てくるが、何のことだか理解できないといけないので、改めてリンクを貼っておこう。

http://kensho.main.jp/s_hasu/h_c13.htm

これは浅井先生のいわゆる平成二年の諫暁書である。

トチロ〜氏は、日相上人文書の示す事壇が三大秘法抄・一期弘法抄の戒壇でないことは明らかであるとし、浅井先生の説明は不思議の一語に尽きるとしているわけである。

やはりここにも彼我の差を見る思いである。
しかし、さすがに気負いすぎというか、ムキになっているというか、それとも余裕綽々なのであろうか・・・ようするに、わたくしには「明らか」とは拝せない、にもかかわらず氏はいわば断定してしまっているわけである。ゆえに、気負いすぎているのか、もしくは逆に余裕のあらわれなのか、その辺がちょっと判然としないところである。

トチロ〜氏の調査・研究によって、浅井先生の欺瞞が次々とあらわれてきたような気がする。しかし今回は、それがかえって氏の判断力を曇らせているのではないかと思う。
浅井先生は「三大秘法姿如是可得意也」について触れていない。先生は都合の悪いことには触れない傾向がある。いや、誰しもそれはあるのだが、トチロ〜氏の着眼点はまさにそこにあって、従来は見過ごされてきたような浅井先生の数々の欺瞞を、氏は鋭くあばいてきた。

だが、しかし、今回は違うと思う。
「三大秘法の姿は是くの如く意得る可き也」とでも読むのであろうか? 先生はこれを省略した。しかし、これがあったとしても都合が悪いことはないだろう。
先生は省略が好きであるが、それは必ずしも都合の悪いことに頬かむりするためではない。トチロ〜氏の成果を踏まえるならば、あるいは半分くらいは頬かむりがあるのかもしれないが、しかし、残りの半分はそうではないのだ。
平均すると浅井先生の文章は平易である。それは無駄な文言を極力なくしているからである。引用文にしても同様に、不要の部分を省略して読み易くしている。そこが切り文との指摘を受ける原因でもあるのだが・・・

結論として、日相上人文書の当該部分だけでは、この事壇が広布以前の意味なのか以後の意味なのか、不明であるとしなければいけないだろう。
わたくし自身が虚心坦懐に拝したところでは、そのように申し上げるしかないと思う。浅井先生の説明に引きずられれば、なるほど広布以後の姿をあらわしているように見えるし、摧破異流義考などを読むと広布以前のようにも思えてくる。早い話が立場によって違って見えてしまうのだ。ゆえに、法華講員と顕正会員の議論では、いつまで経っても埒が明かないのである。

そういうわけで、失礼ながらトチロ〜氏の「明らか」ないし「浅井会長の説明は不思議」は、法華講側の論理に引きずられてしまった結果であろうと思う。公平に第三者が判断すれば、けっしてそのような断定には至らないはずである。

そもそも「日相上人文書が三大秘法抄・一期弘法抄の戒壇でないことは明らか」とは如何なることであろうか?

法華取要抄・報恩抄などには戒壇の名目はあるものの、戒壇の何たるかは明らかではない。三大秘法抄・一期弘法抄に至って、ようやく明らかになることは周知のことであろう。つまり、三大秘法抄・一期弘法抄に源を発しない戒壇義などは存在しないのである。

もちろん、トチロ〜氏の言わんとしているのはそれではなく、いわゆる御遺命の戒壇のことであって、勝手に修正すれば「日相上人文書が三大秘法抄・一期弘法抄に御遺命の戒壇でないことは明らか」との文意であろう。

その上で繰り返しになるが、わたくしは「明らか」ではないと思っている。

つまり、日相上人文書が御遺命の戒壇を意味するかしないか、それは明らかではなく、決定打となるだけの材料はないとするのが公平な見方ではないかということである。

明日以降、さらに考察を進めたいと思う。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ