2006/10/27

崑崙山や蓬莱山のごとき掲示板はあるのか?  
昨日の拙稿に対して、富士川氏からコメントがあった。

http://diary.jp.aol.com/ganko/540.html#comment

懇切な説明をありがたく思うが、文末の「創価学会の寄進は案外少ない」については意見の分かれるところであろう。創価学会員にしてみれば、何たる言い草かと思うに違いない。御供養はその多寡ではなく真心にこそ価値がある。しかし、また逆に、だったら創価学会員も過去の御供養をとやかく言うべきではないのだ。結局のところ、今頃になって正本堂の御供養を返せだの何だの言うのは、御供養の精神がわかっていなかったことを、みずから証明しているようなものだからである。

顕正会では正本堂の御供養を返せとは言わない。それどころか妙信講時代に正本堂の御供養に参加していたことを今は言わないのである。
このことを批判者たちは都合が悪いから口をつむっていると思っている。しかし、わたくしは違うと思う。御供養はヒケラカスべきことではないのである。

創価学会のミットモナイところはここにあると思う。いつまでも未練たらしく言うべきではないのだ。
その意味で、ズラ系氏のコメントは迫力があった。きっぷがいいと言うべきなのか、ともかく三百五十の数字を挙げはしたものの、それにはこだわりがないことを表明しているわけである。

http://diary.jp.aol.com/ganko/538.html#comment
http://diary.jp.aol.com/ganko/539.html#comment


さて、茶寮掲示板に目を転ずると、数日前から激しい応酬が繰り返されている。

少し前に戒壇論、とりわけ事と義の定義について議論がなされていた。その結論はどうなったかのであろうか?
よくわからないが、いったん停戦ということかもしれない。
そして今回は戒壇論ではなく、その他もろもろのことが議論されているようである。しかし、どうも議論が拡散してしまって、まとまりがなくなっているように見える。わたくしの思うに、これでは宗門対創価学会のいつまで続くかわからない不毛の議論と変わりがないであろう、何とかならないものかと思う。

S23年、当時、東京妙信講 浅井甚兵衛先生は 日蓮正宗 宗報 に「客殿建立と焼失した信心建立」と題して
「日本敗戦は正に我が宗門の敗戦であつた。今を去る昭和廿年大客殿大書院六壷の焼失は、我等僧俗の懈怠誘法罪たる事は遺憾ながら諸賢と共に確認せざるを得ないのである。
 敗戰常時を今茲に回顧して見れば、宗祖の御訓戒に悉く背き、國家諫暁の重責を果したとは言へない。
 軍の農耕隊の一團は客殿書院を占領し、我が清淨なる大道場を踏みちらし、殊に焼失の前日悪鬼の住家たる大麻の社殿を書院に祭りこんだ事は、農耕隊錬成團の仕業とは云へ、開山日興上人以来未だ見ざる一大汚点である。
 今茲に述べる迄もなく『謗法を見て呵折し駈遺せずんば是佛法の怨なるべし』の宗祖の御訓戒は僧俗一同の身骨に徹してゐると思ふ『臆病にては叶ふべからず』の御訓戒を、正法護持にも折伏にも無視するやうな事になれば信心の燒失、懈怠謗法となりて客殿書院の大伽藍も亦、一朝の夢として消える事を覺悟しなければならないのである。信仰心の建立を第一に、また信仰の道場建設は我々僧俗の一大責務であると同時に急務である。(略)
と記されています。

「宗祖の御訓戒に悉く背き、國家諫暁の重責を果したとは言へない。」
「社殿を書院に祭りこんだ事は、農耕隊錬成團の仕業とは云へ、開山日興上人以来未だ見ざる一大汚点」

当時、宗報にこの論壇を掲載しているのは、この意見は妙信講一講中の講頭の意見ではなく宗門としての公論、「開山日興上人以来未だ見ざる一大汚点」との認識に基いているものです。
現在の宗門も宗史を悪戯に正当化、美化するのではなく、宗祖の御訓戒に基づいた自己反省がなければ権威主義的な組織に陥ってしまうでしょう。


sonic氏の文章を勝手に転載させていただいた。
掲示板の中に埋もれさせてはもったいないくらいの貴重な投稿だと思う。いや、もちろん、茶寮二階は恒久的な掲示板であるから、消えてなくなってしまうわけではないのだが、しかし、掲示板はどうしたって玉石混合にならざるを得ないので、たとえすぐれた投稿であっても埋没してしまうのである。
そこがひじょうに残念なので、勝手ながら転載させていただいたわけである。

わたくしがヘタな解説を加える必要はないだろう。

ゆえに違ったことを書いておくが、文中「大客殿」とあるのが注目されるところである。実は浅井先生の「試練と忍従の歴史」においても「大客殿」との記述がある。そして先年の対決申し入れ書においても「大客殿」となっている。

わたくしが何を言わんとしているかは、知る人ぞ知ることであろう。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ