2006/12/25

日蓮本仏信者  
瑠璃堂さん、どうもです。

フローリングはわたくしの脚色でして、板敷き、もしくは板の間と聞いたと思うのですが、現代ではフローリングのほうが通りがいいと思いまして、そのように書きました。
先生の開目抄講義・・・そうでしたか、ちょっと、わたくしの記憶にはないですね。
自分が顕正会員になったのは十一月のことでして、今でいえば一年の締めくくりの最終法戦だったわけですね。その翌月が教学推進の月であり、年明けには教学試験が待っているわけですが、当時はわけもわからずに顕正会の流れの中に入っていったのです。
ゆえに、例の話はわたくしを折伏してくれた人から聞いたのが最初でして、あたかもその人自身の経験を語っているように聞こえたのでした。ところが他の人も同じ話をしている・・・これはどういうわけだろうってことでしたが、なるほど浅井先生の口真似をみんながしていたわけですね。
今になってみれば、たいていのことは先生の口真似であって、顕正会幹部にはオリジナリティがないってことをわたくしもよく承知していますが、当時は気がつきませんでした。
逆に、この経験則からすると、右も左もわからない新入信者はそれ相応に感動する仕組みになっているのではないかと・・・特に若年層がそうなんでしょうね。ちなみにわたくしも当時はまだ未成年でした。

さて、昨日の続きというわけではないが、やや関連がある話題を書こうと思う。

日蓮本仏論の後に、曼陀羅正意を論ずべきで、観心本尊抄における「本師の娑婆世界云々」を文証とし、本師たる日蓮大聖人の直上に宝塔(南無妙法蓮華経)が無い本尊は未究境であり、文永から弘安期にかけて除々に「日蓮」との御名と「花押」が近づいて弘安期になると宝塔と日蓮との御名、及び花押が一直線になり、はじめて観心本尊抄の御文に依る本尊が現出するのである。

これは法太郎氏の文章のごく一部を引用させていただいたものである。
彼は現在、石山太平記なるものを連載しているが、ひじょうにマニアックな内容である・・・いや、というか、わたくしにはかなり難解なテーマであって、実はほとんど読んでいないのである。はっきり言ってトッツキニクイのだ。
まず、大正時代の資料が原文で出てくる、すでにこれがわたくしには読めないのである。日本語にもかかわらず読めない。なぜなら旧字体だからである。慣れていないものだから、通読することすら困難なのである。これではお話にならないだろう。
そして、必ずしも書かれている内容というのは、後世のわれわれを想定して書かれているわけではない、私信みたいなものは背景などもじゅうぶんに理解していないと意味がつかめない、そういう資料もたくさん出てくるわけである。
さらには教学上の問題などが絡んでくるものだから、わたくしのような初級者には何がなんだかサッパリわからないような状態なのである。

つくづく思うことは、法太郎氏は他の追随を許さない仕事をしておられる、並みの人にはとうていマネのできない、ひじょうに困難な作業をしているのであろう・・・と。
少なくとも並の法華講員にはできないことである。なぜならば、彼は御歴代上人すらも批評の対象にしてしまっている・・・もちろん批判ではないが論評してしまっているのは事実であろう、普通なら一在家のブンザイで怪しからんと一喝されてオシマイのはずなのである、それが彼の場合は通ってしまうのだから並ではない。
また、ひと頃のような掲示板での悪ふざけをしなくなって、ひたすら研究に専念している姿勢がコウゴウしい・・・神々しいと書くとマズイかもしれないので、コウゴウしいとしておくが、ともかくこれもまた常人とは一線を画すところだろうと思う。

で、上掲の引用部分であるが、なるほどこういう拝し方ができるとは知らなかった。

本師の娑婆の上・・・は、まさに御本尊の為体・相貌に見事に符合する。なるほど、日蓮在御判と御題目との関係が直下・直上であるものを究竟とすることは、本尊抄に基づくことだったのである。

問題はここでの本師を大聖人と同定するまでのプロセスである。

当然に釈尊のことだと主張する人たちがいるわけで、これをクリアするのは簡単なことではない。わたくしのような日蓮本仏信者にとってはまったく問題ないのだが、そうではない人たちをどこまで納得させられるか、それが大問題なのである。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ