2007/7/24

ニクタラシイ人物  
今朝方、沖浦氏から少し不公平であるとの苦情が寄せられたので、今日はバランスを取って沖浦父子を讃嘆する内容を書こうと思ったのだが、たった今、蟷螂の斧がどうたらこうたらいうコメントが入ってきたので、やめることにした。

沖浦氏は強い。憎たらしいほどの強さである。ゆえにわたくしごときが氏を持ち上げる必要はまったくなく、むしろ逆にもっと扱き下ろさないとバランスが取れないのではないかと思う。何しろ打たれ強いのである。おそらくはわたくしの書くことなど、何の痛痒も感じないことだろう。

わたくしは元来が法華講贔屓である。ゆえに不公平と言われれば、まさにそのとおりであろう。しかし、これでちょうどバランスが取れているに違いない。

焼肉のお誘いをたまわった。ひじょうに魅力的なお誘いである。
ある人物は、誘われたら断わらない、というのが座右の銘なのだそうである。わたくしはどちらかというと、誘われても行かないタイプであり、それが定着してきて近年は誰からも誘いが来なくなってしまったくらいなのである。この独白ブログというスタイルと、わたくしの実生活はけっこうリンクしているのだ。

沖浦氏にはぜひともお会いしてみたいけれども、現在のところは諸般の事情を鑑みて、遠慮させていただくことにする。

本件は、自分が焼肉にされたら困るから・・・くらいの冗談で締め括っておきたい。

今日は予定稿(?)がボツになってしまったので、これでオシマイにする。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ