2007/12/17

踊るアホウに見るアホウ?  
種々のコメントを頂戴しているが、毎度のことながら全員には対応できないことをご容赦願いたい。

(引用)三大秘法は本門の本尊・題目・戒壇である。わたくしはこれを、仏・法・僧ではないかと書いたのだ。つまり、本門の本尊というのは人本尊であって、法本尊を含まない。(引用終わり)

 そのことがわかったら創価学会に入信するしかありません。


さて、耕治氏に申し上げる。ずいぶん短絡的ではないか・・・

もし仮に、そのことがわかったとしても、その選択肢が創価学会への入信に限定される理由はどこにもないと思う。第一、わたくしは未だにわかっていないのである。渡辺氏のコメントを読むがいい。氏に言わせれば、わたくしは信濃町の痴呆以下なのだそうだ。これを素直に受け取れば、創価学会に入信することによって多少は進歩することになるだろう。しかし、それでも信濃町の痴呆なのである。ようするに渡辺氏は、わたくしのことは当然として、それと同時に創価学会をも馬鹿にしているわけなのだ。

また、れん氏のコメントも無視はできない。昨日の拙稿を読むがいい。わたくしは、かつて書いた三大秘法と三宝の関係を、れん氏によって木っ端微塵に破折されてしまったと思っているのである。おそらくは同時に、耕治氏も破折されてしまっていることになると思う。だが、耕治氏はこれに反論していない。

わたくしの思うに、耕治氏の所論は未だ完成されておらず、そちこちに欠陥がある。もしくは説明が足りていない。

南無妙法蓮華経如来・・・

これが典型的な例だと思う。そもそも、これはどこから引っ張ってきた言葉なのか、それが問題である。耕治氏は頻繁に使用しているけれども、御書には見当たらない言葉だと思う。
例えば、南無釈迦牟尼仏如来というのは、ヘンである。もっと単刀直入に行こう、南無阿弥陀仏如来と書けば、わたくしの言わんとしていることがわかるはずである。
逆に阿弥陀経如来とか、大日経如来はいかがであろう・・・

つまり、南無妙法蓮華経如来というのは、すでにして、これが人法一箇の意味に他ならないのである。

もう一つ、これも考えておく必要がある。三大秘法=三宝、すなわち本尊・題目・戒壇がそのまま仏・法・僧であるとするのは、じゃっかん問題がある。なぜならば、これは三大秘法抄に即しての説明であって、法華取要抄や報恩抄には即さないからである。ようは順番が違うのだ。
本尊・戒壇・題目、これが二抄の順番である。ゆえに、この場合は仏法僧ではなく、仏僧法になってしまうのだ。
これでいいのかどうか、考える必要があるだろう。

あるいは耕治氏ならば、是三無差別の意味からして、順番はどうでもいい、まったく問題なし、という考え方をするのかもしれない。もちろん一理はあると思う。
だが、わたくしはもっと多角的に考えるべきことだと思っている。順番が違うことは確かなのだ。何かしらの意味があるのかもしれないのだ。
その答えは永遠にわからないのかもしれないが、それでもなお、わたくしは考え続けることだろう。

ちなみに今日のタイトルは、我ながら意味不明である。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ