2007/12/20

師走雑感  
昨夜も耕治氏から懇切なる解説をたまわった。

 ある人は「衆生は如来ではない」といいました。では、大聖人様はなんと仰せでしょう。

//唯凡夫の当体本有の侭を此の品の極理と心得可きなり、
 ここが結論です。「衆生は如来ではない」という考え方は、現在、創価学会以外のおそらくすべての教団が、立てている共通した認識であると思います。では、大聖人様はなんと仰せですか?
 「唯凡夫の当体本有の侭を」と仰せですね。私には、何度読み返してもこの段は、「凡夫の当体」が「此の品の極理」と仰せのようにしか読めません。


気がつけば師走も半ばを過ぎ、もう今年も残り十日あまりとなった。意識としてはまだ十二月に入ったばかりのような錯覚があって、顕正新聞の五日号の話題もまだ書いていないし、是正協議会の動きも書いていないし、やらなきゃいけないことがたくさん溜まってしまっているのである。時間がいくらあっても足りない。投稿回数を増やして帳尻を合わしたいところであるが、それもままならない。第一、普段からして雑な文章なのである。ましてや投稿頻度を上げれば、余計にヒドイ文章になることだろう。だから今のペースで書いて行くしかない。

グチを書いている場合ではなかった。上掲の、創価学会以外のすべての教団・・・ということには異論がある。ようするに裏を返せば、創価学会だけが唯一の正しい教団なのだと、そういう意味を言っているわけだろう。しかし、ここでの耕治氏の論は一義に偏している、とわたくしは思う。

衆生は如来ではない

この点については、すでに書いたつもりだったが、未だに理解が及ばないようなので、もう少し書かねばならないようだ。

http://diary.jp.aol.com/ganko/956.html

ここに書いてあることを少し言い換えてみよう。

衆生は、理性所具の意味では如来であるが、実相証得の意味では如来ではない、ということになると思う。三大秘法抄の御文を挙げておこう。

底下の凡夫理性所具の一念三千

大覚世尊久遠実成の当初証得の一念三千


また、おそらく次の日妙聖人御書などは、耕治氏もひじょうに感ずるものがあると思う。

我等具縛の凡夫忽ちに教主釈尊と功徳ひとし。彼の功徳を全体うけとる故なり。経に云はく「如我等無異」等云云。法華経を心得る者は釈尊と斉等なり・・・教主釈尊のごとく法王とならん事難かるべからず・・・民の現身に王となると凡夫の忽ちに仏となると同じ事なるべし。一念三千の肝心と申すはこれなり。

忽ちに仏となる・・・

ここでのポイントは、まだ仏ではないことである。忽ちというのだから、次の瞬間には仏になっているのかもしれないが、現時点ではまだなのである。

樋田氏が質問会の中で言っていたはずだ。最初から成仏してたら仏道修行なんて必要ないじゃないかと・・・

これに関しては別に異論はないであろう。

最初から仏であるというのは、それはそれで魅力的である。また、ある程度の修行を積んだ段階で、自分はすでに仏と同等であると錯覚する場合がある。だが、大聖人はこれを破折あそばしている。法華講員がしばしば引用しているので、今さら紹介するまでもないが、いちおう二つの御文を示しておこう。

禅宗は理性の仏を尊びて己仏に均しと思ひ増上慢に堕つ、定めて是阿鼻の罪人なり。

(禅宗は)是心即仏・即心是仏等の理の方を説ける一両の文と句とに迷ふて、大小・権実・顕露・覆蔵をも尋ねず、只不二を立てゝ而二を知らず。謂己均仏の大慢を成せり。

蓮盛抄と聖愚問答抄である。いずれも禅宗を破折あそばす段であるから、直接的には創価学会とは関係ない。ただし、一歩間違えれば、同じ穴のムジナとなる危険性があるのだ。法華講の諸氏はそれを言っているのである。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ