2007/12/28

万感こもる挨拶  
瑠璃堂氏から、万感こもる言葉をたまわった。

ありがとう、という言葉は普段よく使うし、また、人から言われることもしばしばである。しかし、これほど胸を打たれたことは、滅多にない。ようは普段の生活の中では、ゾンザイな使われ方をしていて、心がこもっていないのだ。あるいは商売人の発する挨拶は、たとえそれが丁寧であってもそれほど感じるものはない。かえって慇懃無礼に思うことすらある。
ともかく、ありがとうと言わなければいけないのは、わたくしのほうであろう。どれほど瑠璃堂氏に励まされたことかと思う。しかし、このように書くと、いぶかしく思う人がいるかもしれない。何しろ氏は、ご自身がブログを始められてからというもの、それほど拙ブログにはコメントをしておられないからである。
だが、精神的な連帯感というものがわたくしにはあるのだ。いや、もちろん、これはわたくしのヒトリヨガリかもしれず、瑠璃堂氏にしてみれば、いい迷惑なのかもしれないが、ともかく、わたくしにしてみれば、氏の存在はひじょうにありがたいのである。

またしても駄文を書いてしまった。いまだ文章力は瑠璃堂氏に遠く及ばない。こうしてダラダラと書いてしまうのがわたくしの悪いクセなのである。手短に書く技術を身につけないといけない。

富士川氏から天照太神についての解説をたまわった。その内容はさておき、どうやらこのところの氏はひじょうに仕事が忙しいらしく、ネット上ではほとんどお目に掛かることはなかった。そういう最中にコメントを下さることはありがたいことである。実はわたくしにとって、氏は特別の思い入れがある存在なのだ。理由を書いてもいいのだけれども、氏に迷惑が掛かるといけないので止めておく。

水無月氏より辛辣なコメントを頂戴した。東奔西走と表現したことについては、確かに誇張が過ぎたかもしれない。世の中にはもっと忙しい人がゴマンといるわけで、むしろ浅井先生などはヒマを持て余しているほうだと言えなくもないのだろう。だが、それは所対によって変わってくることなのだ。
最近は日曜勤行に出る回数も少なくなったので、定例の行事としては御書講義と総幹部会くらいである。御書講義も最近はあまり行なわれず、大きな集会があれば、翌月はそのビデオ放映で済ませるパターンが定着しつつある。
こうした中で、地方会館の入仏式だけには必ず出掛ける。また、地方会員も、浅井先生を迎える日を目指して奮闘努力する。そういうわけで、今現在は地方会館の建設が会員の士気高揚にもっとも効果的であるとの判断なのだろう。現実に建設ラッシュとも表現できる状況にあるのだ。
この意味で、けっこう忙しくしている、と言いたかったのだ。

山門入り口氏のおっしゃることは、ごもっともである。ようするに、顕正新聞の編集部はもっとプロ意識を持って仕事に取り組むべきだ、ということだと思う。

ところで、このところ創価破邪顕正館には、創価学会の女子部員を名乗る人物が投稿を続けている。それが今や他の創価学会員の間では、偽装会員との見方が広まりつつあるようだ。
わたくしは、本人が女子部員だと名乗っているのだから、それがいちばん真相に近いのではないかと思う。詳しい経緯を知らないし、大して投稿文を読んでもいないのだが、それでも口を挟みたくなったのは、簡単な理由からである。
つまり、創価学会は大所帯なのだから、そのような人が存在しても少しもおかしくない、ということなのだ。
考えて見るがいい。弱小(?)の顕正会にしても、わたくしのような突然変異を発生させているのである。いわんや創価学会をやである。

同様の意味で、山門入り口氏も突然変異だと思う。失礼かもしれないが、そのように見えるのである。
しかし、氏の場合は、独自のスタイルを確立できたという意味で、幸運だった。実際、自分のあるべき姿というものを、ある程度は己れの自覚のもとに形成してきたフシが窺えるのである。
それは氏のブログを読めば、おそらくは誰もが感じることだろう。

最後に、ある人物の、万感こもる言葉を紹介しておこう。

うるせい、バカどもが。(笑)、

こういうのはイヤミがなくて、気持ちがいい。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ