2009/8/31

思い出の夏  
山門手前氏より、センチメンタルな独白、との感想を頂戴した。しかし、文章そのものはそれほど変わっていないのではないかと思う。おそらくはタイトルが拙ブログらしくなかったのだろう、それが大きいに違いない。

今回の選挙の結果は大方の予想どおりなのだろうが、しかし、わたくしの正直な感想を言えば、まさかここまで極端であるとは思わなかった。

自民党の敗北にしても、極端すぎる。何しろ前回が大勝だったので、そのギャップがあまりにも大きく、信じ難いほどである。
公明党もひじょうに痛ましい。議席数だけを見れば、負けはしたものの、自民党ほどの極端さはない。だが、小選挙区全滅というのは公明党らしくない負け方であり、なおかつ、重複立候補をしなかったために主要なメンバーを失ってしまった。
比例に出ないというのは、いわゆる背水の陣であり、イサギヨイことだとは思う。しかし、結果的にはそれが裏目に出てしまったことになる。ある意味、勝負の世界は堅実でなければいけない、ということの教訓になるだろう。

これで民主党の時代が到来した。

しかし、民主党の強さはいったい何だろうと考えた時に、そこには確たるものが見えない。ようは風なのだろう。うまく順風に乗ることができた。逆に、自公は大逆風に押し流されてしまった。
であるならば、この先もアヤシイものだ。おそらく新内閣が発足してすぐに世論調査をすれば、支持率は驚異的な数値を記録することだろう。だが、しかし、何かしらヘマをやれば、たちまちに支持率低下となり、場合によってはあっけなく失脚するかもしれない。いや、もちろん、これは最悪のケースを書いているに過ぎないわけだが・・・

今朝、沖浦氏からコメントをもらった。

楽観主義というか、氏の場合は常に前向きなのだろう、それが氏の持ち味であり、強みである。ようするに、創価学会はますます飛躍する、という意味のことを氏は書いているのである。

だが、わたくしは違うような気がしている。沖浦氏の書いていることも、どことなくチグハグな感じがしてならない。たとえば、池田大作氏の次の発言が不審である。

『創価学会から、登山会と、選挙がなくなれば会員が楽になる。』(取意)

選挙と御登山を並べて論ずること自体がけしからんことだと思う。

沖浦氏が男子部の時に聞いた話であれば、これはいわゆる破前の発言である。破後ならばまだしも、破前においてこのような発言をしたとなると、池田氏にはハナッから信心がなかったことになるだろう。
選挙と信心にいったい何の関係があるのか、という疑問が会員にはある。かつては国立戒壇の実現のための手段として、選挙があった。ところが国立戒壇を捨ててしまった。すると、いったい何の目的で選挙活動をするのか、わからなくなる。
実際、創価学会から顕正会に移籍してきた人たちは、こうした疑問を払拭できなかったことから不信感を増大させていったのだ。
一方、御登山は信心そのものである。つまり、公式を当てはめれば、選挙≠信心であり、登山=信心なのだ。

ゆえに、登山と選挙を並べて論ずることのおかしさ、また、それを引用して憚らない沖浦氏に、わたくしは疑問を懐かざるを得ないのである。

 宗門と言うお荷物を抱えていた創価学会。
 
 自民党政権と言うお荷物を抱えた創価学会。

 二つの重荷が消滅いたしました。


今の法華講員たちの考え方はぜんぜん違う。ようするに、創価学会は宗門から離れたことによって功徳を積めなくなった、その現証がいよいよ顕在化してきた、というような考え方である。

わたくしは法華講員ではないけれども、どうも彼らの見解のほうが正しいような気がしてならない。なぜならば顕正会もいよいよ行き詰まりの状態になってきている。正信会もしかりである。

やはり、一切は現証には如かず、ということなのだろう。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ