2011/7/10

組織の疲弊を感じさせる記事  
沖浦氏のコメントを読んでいて腑に落ちないところがあった。一々を取り上げていたらキリがないのでやめておくが、おそらくは次の部分が最大のポイントであろう。

 『私は、皆に、わけへだてなく、いっさいの法を説いてきた。まことの仏陀の教えというのは、奥義や秘伝などといって、握り拳のなかに、何かを隠しておくようなことはないのだ』

釈迦が言っているのだそうだ。なんと沖浦氏はこれを根拠に唯授一人を否定したいらしい。これはビックリだ。

釈迦が言っているのはけっこうであるが、肝心の大聖人がどのように言っているかのほうが重要であろう。
より厳密に言えば、釈迦がどの場面で言っているのか、そこが問われるわけである。法華経の言葉なのか、爾前経なのか、それだけでも意味が違ってくる。ゆえに単に釈迦が言っているというだけでは文証として甚だ甘いのだ。
ましてや大聖人がまったく用いられない経文を引っ張り出してきたところで、いったいどれほどの価値があるのか、そこがひじょうにアヤシイところである。

以上、今回の引用は沖浦氏らしからぬ失敗だと思う。

五回連続
  ストライク!


さて、上掲は顕正新聞第1210号の記事であるが、男子部組長の体験発表である。職場のボーリング大会で五回連続ストライクを取ったそうだ。それがどうした、と言いたいところだが、昨年十月の入信というから、まあ、無理もないところか・・・

わたくしの思うに、いわゆる世間的な成功体験を至上とする功徳論には問題がある。
いや、もちろん、沖浦氏のように実証体験を示すことが折伏につながるという意味で奮闘努力することに水を差すつもりはないのだが、しかし、もしそれを至上とするのならば教団はあらゆる分野に人材を送りそこで一位を獲得することを目指すことになるだろう。高校野球では宗教団体の名前を冠する学校が活躍していたりするが、まさにそれが上述のことを意味するわけである。
確かにそれが教団にとって一定の宣伝効果をもたらすことは事実であろう。しかし、それはあくまで一定程度であり、絶大の宣伝効果があるとは思えない。ましてや現実問題として、創価学会は人数が多いので社会のあらゆる分野に会員がいるけれども、必ずしもそれぞれの分野で一位を獲得しているわけではない。日蓮正宗であっても同様であるし、顕正会も同じである。
ちなみに、わたくしはかつて一度だけボーリング大会に出場したことがある。結果は最下位だった。何人くらいの大会だったろうか、三十人はいたと思う。少人数で遊んでいてビリというのは珍しくもないが、大勢の中でビリというのは滅多に経験できることではない。

さて、わたくしの自慢話(?)はほどほどにして、もう一つ体験発表を紹介しよう。

入信以来一年、確実に心が変わってきた!

この記事には疑問を感じた。いわゆる平会員であり、男性婦人部員である。婦人部の愛知支区集会での発表のごとくであるが、前掲の記事と比べると不審な点がいくつもある。

前掲の発表者は昨年十月入信であり、先ほどは書き忘れたが婦人部に所属する叔母の縁で入信したわけである。一方、こちらの男性は昨年七月入信で、婦人部の班長さんから折伏されて入信している。つまり、片や一年未満で組長、片や一年にならんとするのにもかかわらず平会員のままであること、しかもまだ婦人部のままなのだ。

しかし、単にそれだけの話ならば、わたくしは取り上げなかっただろう。不審な点は発表の中身にある。

前掲の記事にはボーリング大会の話もあれば、父親を云々するくだりもある。ボーリング大会は職場関係の話であり、父親云々は申すまでもなく家族の話である。ところがどうしたわけか、今度の体験発表には仕事であるとか家族であるとか、そうした話がまったく出てこないのだ。
体験発表には大きく分けて三つのパターンがある。病気克服・家庭問題の解決・職場での実証。
ところがくだんの体験発表はいずれのパターンにも当てはまらない。もちろん、パターン化して考える必要はないわけだが、ともかく体験発表らしからぬ発表、強いて言えば活動報告に近い内容に思えるのである。

恣意的と言われると困るので、いちおう体験発表らしいくだりも紹介しておこう。

毎晩のように飲み歩く生活を一〇年ほど続けていた・・・

ともかく新聞をお持ちの人は確認されるとよい。繰り返しになるが、上掲のあたりを除けば全体としては活動報告に近いと思う。さりとて婦人部所属の男性平会員が活動報告をするのもヘンな感じが否めない。たぶんそこで体験発表の扱いになったのだろう。

こうした実態をどのように見るかが問題だ。

ようするに、新しい人材が次から次に出てきていると捉えるか、それとも人材がいないので平会員だろうが何だろうが構わず使っていると捉えるか、わたくしにはどうも後者のように思えて仕方がないのである。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ