2011/7/13

今年も猛暑か?  
大沢氏は御書に詳しい。伝教大師聖人か賢人かについて、聖人とすべきだが賢人としてもあながち間違いではない、というのが氏の見解である。まあ、わたくし自身も前回、アゲアシ取りに近い・・・瑣末な問題と書いたわけで、大きな意味ではどちらも同じ方向性であるから目くじらを立てるほどのことではないのだろう。ただ、御書の解釈はこうした小さなことの積み重ねによって、場合によってはとんでもない曲解が生じることもあり得るので、いちおう気がついた点は指摘しておくこともムダではないだろうと思う。

所詮、出家は在家に絶対に及びません

さて、今度は沖浦氏のコメントである。いろいろ書いておられるが、一行だけ挙げさせてもらった。この部分はまさに氏の持論なのだろう。今まで何度も目にしている文章だ。

しかし、わたくしには理解できない。もし客観的ないし公平な視点で物を言うのであれば、出家と在家に差別はない、平等である、と主張するほうがよさそうである。早い話が、沖浦氏の主張は逆のバイアスが掛かっているのではないか、宗門・法華講が出家の優位を云々することに対抗意識を燃やしているのではないか、と思われるのである。つまり、わたくしの目線で言わせてもらうと、対抗意識むき出しの姿がコッケイというか、それがある意味では沖浦氏らしくないとも感じられるところなのである。生意気を言うようであるが、氏はその程度の人間ではないだろう。さらなる飛躍が期待されるところである。

さて、原発関連で気になったことを書いておこう。次は総幹部会での会長講演の一節である。

 若狭湾沿岸には、全国で最も多い十五基の原発が並び「原発銀座」などと言われているが・・・

同じ地域に十五基も林立しているとは驚きだ。ところが女子部の総班副長は次のごとく発表している。

狭い日本列島に林立する五十四基の原発のうち、十三基がひしめく福井県は最も危険な県である・・・

数字が違っているのだ。これはどういうことだろうか?

たぶん、「ふげん」と「もんじゅ」を含めるかどうかで数字が違ってくるのだと思うが、この辺はちゃんと説明するか、もしくはどちらかに統一して発表するべきだろう。いずれにしても福井で福島のような事故が起これば、日本もほぼオシマイである。それがわかっていて、なおも原発を続けようとする人がいるのは何とも不思議なことである。毒気深入とはこれを言うのだろう。

40年間 布団の中で唱題していた同志が
 巨大地震を機に翻然と地涌の魂に


今回の総幹部会の中で最も注目した記事がこれである。婦人部総班副長による活動報告だ。

ようするに、四十年間布団の中で勤行をしていた人が巨大地震をキッカケに堂々と信心をするようになった、という話である。なぜに布団の中で勤行していたのか、それは家族に内緒にしていたからである。わたくしが驚くのは、そんな状態で四十年間もよく信心を続けることができたということである。しかもである。発表者はこの本人と四十年ぶりに再会を遂げたのだそうだ。つまり、この四十年間は電話や手紙で連絡を取るだけの関係だったのだ。

ここから何かが見えてくるのではないか。わたくしの思うに、顕正会の潜在的会員数である。

顕正会は定着率が悪いと言われている。事実そのとおりなのだろう。しかし、上掲のような隠れ顕正会員的な存在も見過ごせない。現在の名目会員数は百四十数万であるが、実数は十万に満たない、これが衆目の一致するところである。しかし、そこにわたくしは潜在的会員数という新たなカテゴリを設けるべきかもしれないという気がするのだ。ともかく四十年間は並大抵のことではない。このようなケースの人がたくさんいるとは思えないが、そうは言っても潜在的なものである。ようは見えないからこそ侮れないのだ。

入信46年、地涌の菩薩の魂にめざめる

これはすぐ隣に掲載されている記事だが、まさに上述のことを裏付けるかのごとくだ。

発表者は婦人部の組長である。つまり、あまり活躍している人ではない。実際、記事を読むとわかるが、単に入信が古いだけで自覚を持って活動に励んでいた時期はほとんどないに等しいようだ。しかし、今こうして総幹部会の壇上で発表しているのである。

わたくしは前々回、組織の疲弊を感じさせる記事、と題して書いたわけだが、今回はいわば逆の視点で書いたわけである。どちらが本当であるかはとりあえず保留にしておこうと思う。

大石寺付近で樒を販売している売店では、多数の登山者相手に、御宝前に供える樒が早く傷むようにと、わざと根っこを熱湯に浸けて販売

これは一つ前の新聞であるが、気になったので取り上げることにした。よくわからん話だ。なぜならば、これは創価学会員が登山していた時代の話であり、ともかく毎日たくさんの人たちが大石寺に来ていたのだ。つまり、そんなセコイことをする必要など、まったくなかったはずなのだ。そもそも根っこを熱湯に浸けるとどうなるか、そこがよくわからんところである。もし売れる前に見る見るうちに傷んでしまったら元も子もないだろう。また逆に、買ってすぐに傷んでしまえば、あの店の樒は持ちが悪いということで、かえって評判を落とすことになる。つまり、そんなバカなことをするわけがない、というのがわたくしの結論である。

なお、この話題は山門入り口氏も取り上げているので、興味のある人はご覧になられるとよいだろう。


七月十四日追記:一部修正した。ちょっとした言い回しが気に入らなくて悩んでしまう。修正後もシックリこない。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ