2011/7/30

聖人賢人再考  
今日はまず、七月十二日の拙文を示す。

浅井先生の宿題は伝教=賢人とする御文を挙げることである。すべての御書を確認するのは容易ではないが、わたくしの知る限りでは伝教=聖人とするのが大聖人の常の御表現である。

今頃になってようやく気がついた。大沢氏から、あるいは沖浦氏から、重大なヒントを頂戴しておきながら、ちゃんと調べなかったことを反省しなければいけない。

賢人と申すはよき師より伝へたる人、聖人と申すは師無くして我と覚れる人なり。仏滅後、月氏・漢土・日本国に二人の聖人あり。所謂天台・伝教の二人なり。此の二人をば聖人とも云ふべし。又賢人とも云ふべし。

妙密上人御消息の一節である。もちろん、基本的には天台・伝教を聖人とするのが正しいわけだが、上掲のごとく賢人とする捌きも存在するのだ。今回の一件はわたくしの不勉強が暴露された格好である。これはある意味、浅井先生らしいヒネリとも言えるだろう。

いや、そうではなくて、日妙聖人と伝教大師との比較相対を明確化したと考えるべきかもしれない。世間一般の価値判断からすれば、伝教大師のほうが遥かに位が高い。しかし、諸法実相抄の男女は嫌うべからず云々の御指南を併せて拝するならば、立場が逆転するのだ。さらには撰時抄の彼の天台の座主よりも・・・との御指南も有効であろう。下種仏法の筋目からすれば、むしろ浅井先生の言っていることのほうが本筋なのかもしれない、というのが今回の結論である。

顕正会に詳しいわけではないが、九電以上におかしな組織が顕正会であるときいておる。
上から下への命令が絶対服従であるとか、門外の情報を遮断操作するなど。
違うのであろうか。


信行氏のコメントである。

九電以上におかしな組織かどうか知らないが、「門外の情報を遮断操作する」という点はそのとおりなのだろう。これは櫻川氏が『迷走する顕正会を斬る』で指摘していることだ。同書の中から代表的な一節を掲げておこう。

 浅井氏は常に情報統制をして、都合の悪い情報は講員・会員に伝えない。

この一文を証明することは簡単だ。『迷走する―』が世に出てからすでに丸二年が経過するにもかかわらず、浅井先生はこの本を一度も話題にしたことがない。まさに顕正会にとって都合の悪い情報なのだろう。

上から下への命令が絶対服従・・・

この点について感想を言えば、なるほど定着率が悪いのはこれが理由なのかもしれないと思った。それが仕事であれば仕方がない面もある。上司の命令を聞かざるを得ないのは、早い話がそれで金をもらっているようなものだからだ。しかし、それとて今の時代は職業選択の自由もあるし、思想信条の自由もある。ゆえに、どうしても命令がイヤならば職場を去るという手段を取ることも可能である。ましてや顕正会は職業ではない。一部の本部職員を除けば、無償で奉仕しているわけだ。そうなると、幹部からムチャなことを言われれば、反発をおぼえても不思議はない。命令などは論外だ。なんでアンタの命令を聞かなきゃいけないんだ、バカバカしい、ということになる。

もちろん、浅井先生もこうした問題には敏感で、後輩を追い詰めてはいけない、共に励まし尊敬し、麗しい団結を、というような意味のことを繰り返し言っている。こうなると、あとは現場の問題というか、幹部たちの自覚の問題なのだろう。しかし、いずれにしても構造的な意味では折伏誓願がある以上、いつまでも同じことの繰り返しであることは以前にも指摘したつもりである。

さて、今日は残りのスペースで第1212号をやっつけてしまおう。

 最も危険な浜岡原発が諸天の働きにより全面停止したごとく、先生の師子吼に必ず諸天は感応し、巨大地震の連発に間に合いすべての原発廃止が実現すること、大確信したものであります。

婦人部相模支区部長の記事であるが、これはある意味、浅井先生を追い詰めているのではないかとも思える文章である。

そもそも浜岡停止が諸天の働きと言えるのかどうかが疑問である。つまり、ここが崩れてしまえば、以下の文章も成立しないことになるのだ。
まあ、ここはいちおうクリアしたことにしよう。浜岡は諸天の働きで停止した。さて、次はすべての原発である。諸天は先生の師子吼に感応しないといけない。諸天も忙しくて大変だ。
馬鹿にしているように聞こえるかもしれないが、そうではない。原発そのものは人為である。つまりは人間が作ったものである。ゆえに国民の大多数が反対すれば明日にも止まるのだ。自然現象とは次元の異なる話である。
むしろ顕正会のほうが馬鹿にしている。真面目に反対運動をしている人たちを馬鹿にしているのだ。

上掲の記事にはもう一つ興味深いことが書かれている。ようするに巨大地震の連発の前に原発が止まることである。単に運転が停止になるのではなく、全面廃止というのだから凄いことだ。

わたくし個人は即時廃止でもいいと思っている。しかし、脱原発を主張する人たちにもいろいろな意見があって、たぶん段階的に廃止していく考え方がいちばん多いのではないかと思われる。その時間的スパンもさまざまで、五年から十年とか、十年から二十年とか、おそらくは種々雑多の意見があるのだろう。この辺は今ちゃんと調べて書いているわけではないが、おおむね上述のごとくで間違いないはずだ。

何が言いたいか、おわかりだろう。顕正会は「あと十年」と言っているのだ。すると原発の段階的廃止は採らない。スケジュール的にツジツマが合わなくなるからだ。少なくとも五年以内に廃止しないといけない。何しろ、その後には巨大地震の連発が待っているのだから、原発廃止が遅れれば遅れるほど、「あと十年」が延び延びになってしまうのだ。

しかし、これはあくまで相模支区部長の記事を根拠に書いていることなので、顕正会の公式見解とは異なっている可能性もなきにしもあらずであることを付言しておきたい。

101歳の祖母が眠るような良き臨終

女子部総班副長の体験発表である。いい記事だと思った。ただ惜しむらくは、この人の祖母は特別養護老人ホームで最期を迎えた、ということである。老人ホームを否定するつもりはないが、できる限りは家族が協力し合って自宅で面倒を見るべきだろう。もちろん、口で言うほど簡単なことではない。しかし、いい記事なだけに、その一点が逆に惜しまれるのだ。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ