2012/7/12

法門談義の入り口  
沖浦氏は立派な人物である。これはイヤミでも何でもない。本当のことだ。

しかし、これはあくまで相対的なものである。言い換えれば、上には上がいる、ということだ。


 私は何度も宗門に公開法論を提案しています。
 返答一つありません。


残念ながら相手にして貰えないだけの話である。

此より後は下総にては御法門候べからず。了性・思念をつめつる上は他人と御論候わば、かへりてあさくなりなん。

「上には上」の意味は樋田氏を念頭に置いて書いた。氏は先般、顕正会の会長に法論を申し込んだ。これは氏のサイトに全文が載っているので、間違いないことだ。ところが沖浦氏の場合、そうした形に残るものが見当たらない。早い話が口で言っているだけだ。この意味で、樋田氏のほうが上である。

くだんの返答期限は七月十六日であるが、さて、どうなることだろうか?

たぶん顕正会側は無回答だろう。黙殺だ。結論的には樋田氏も沖浦氏も相手にして貰えない意味では同じだ。そして上掲の御文こそが、相手にしないことを正当化するための論理である。

ひじょうにややこしい話だが、平成十七年には顕正会側から宗門へ公開対決の申し込みがなされた。この時は宗門側が対決を回避した。お互い様のようであるが、委細に見れば、少し違う。今回は一信徒・一法華講員の樋田氏が顕正会の会長に挑んだのだ。ゆえに顕正会側としては相手にしなくて当たり前とも言えるわけだ。

沖浦氏の場合も同じ構図である。氏は一信徒・一会員に過ぎない。宗門としては相手にしなくて当然なのだ。

いずれにしても沖浦氏が具体的にどのような形で法論を申し込んだのか、そこが問われる。もし正式に文書等を送付したのであれば、その点では樋田氏と同等であり、ひじょうに立派なことだ。

 7月は立正安国論を出された月ですが、現存する御真筆では、くに、を表す全71文字のうち、56文字に「□<囗の中に民>」が使われています。

 民ってね、在家のことですよ。
 大聖人仏法は、立正安国論に始まり、立正安国論に終わると言われます。

 その立正安国論のは、民のための書です。

 在家仏法宣言の書です。


これはデタラメもいいところだ。

七十一文字中、五十六文字が口に民と書いて、国をあらわしている。この数字はその通りなのかもしれないが、だから在家仏法宣言の書だと言いたいのならば、これほどズサンな論理もないだろう。

今はパソコンを駆使すれば、御書の語句を容易に検索できる。すると一つの単語の使用頻度がわかる。単純に考えれば、使用頻度が高いほど重要度が高い、逆に頻度が低いものは重要度が低い、ということになる。しかし、物事はそれほど単純ではない。

安国論の場合、「口に民」とそれ以外の表記をどのように考えるかだ。もし全部が全部、口に民だったら議論の余地はないのかもしれないが、ようは他の表記も存在するのだ。つまり、これは使用頻度の多寡ではなく、その使い分けを考える必要があるのだ。

国主国宰の徳政を行なふ。

大聖人は国主の国を口に王と書き、国宰の国を口に民としているのだ。

これで沖浦氏のズサンさがわかっただろう。仮にもし国主の国の字が口に民であったならば、主権在民の今日にもよく当てはまる。まさに在家仏法というか民衆仏法に相応しいことだ。戒壇論などで、現在は国民一人ひとりが国主である、などと強弁する人がいるけれども、その根拠ともなり得るだろう。しかしながら実際の御文字は上述のごとくだ。

 国王と申す事は、先生に万人にすぐれて大戒を持ち、天地及び諸神ゆるし給ひぬ。其の大戒の功徳をもちて、其の住むべき国土を定む。二人三人等を王とせず。

文永九年の四条金吾殿御返事であるが、これは前掲・安国論の傍証ともなり得る御文である。大聖人が国主国宰と仰せられる時、国主が口に王であるのは理の当然なのだ。

ちなみに四条金吾殿御返事の後半には次の御文がある。

万民の万言、一王の一言に及ばず。

この辺はポリ銀氏の守備範囲と思われるが、わたくし自身はよくわかっていない。

たとえば、これを現代に当てはめるとどうなるか、それがよくわからないのだ。教条的に解釈するならば、天皇陛下の絶対的権威を意味することになるだろう。一億二千万人が束になっても敵わない、それが王たる者の絶対的な力である。だが、しかし、これが正解なのかどうか、今のわたくしにはわからない。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ