2013/8/14

戒壇本尊本懐論の一局面  
沖浦氏より神社参詣の議論をやらないかとのお誘いを頂戴したが、今しばらく保留としたい。

2013/8/12 22:48
投稿者:昔の名前で出ています
お答えありがとうございます
率直に言って 厳虎さんの説明は 可能性の域を出ていないように思われます
三大秘法抄の一説が なぜ大石寺に有る 大石寺が言う所の戒壇の御本尊だと言えるのですか?
御書にヒントですか?答えでは無く?
それと御本尊に関しては 区別した時点で差別になってしまいますよ


やはり、こちらが最優先である。わたくしには必ずしも切り札があるわけではないが、しかし、相手が誤解している以上は、出来得る限りの努力をもって誤解を解きたいと思う。

巌虎さんの説明は可能性の域を出ていない・・・

可能性の域を推測の域に言い換えると、確かにそれは否めないところだと思う。ようするに、わかっていないことがたくさんあって、そのわかっていない部分を自分なりの考えで補填しているわけだ。ゆえに、当面はその考え方が正しいか否かが問われることになる。

三大秘法抄の一説が なぜ大石寺に有る 大石寺が言う所の戒壇の御本尊だと言えるのですか?

この後、ヒントですか、答えではなく? との質問が重ねられているわけだが、まさにここが法門に対する考え方の問題なのである。

ズバリ、弘安二年十月十二日の御本尊を本門戒壇に安置せよ、という御書はどこにも存在しない。ゆえに、おっしゃるごとく、なぜ大石寺の戒壇の大御本尊が戒壇安置の御本尊だと言えるのかと問われれば、なかなか明快な答えを出せないのも事実である。よって、わたくしは答えがあるとは書かず、ヒントがあると書いたのだ。

そこで問題となるのは、考え方の是非である。

本門戒壇とはいかなるものか、それは三国並びに一閻浮提の人々にとって懺悔滅罪の場所であり、大梵天王・帝釈等も来下して踏み給うほどの大戒壇である。そこに安置される御本尊こそが、すなわち本門戒壇の大御本尊である。

さしあたって問題となるのは、この考え方が正しいか間違っているか、である。

しかし、いまだに戒壇建立の大事ということが広く認識されておらず、いわゆる日蓮正宗系においても、そこがよくわかっていないのが現状である。ゆえに議論が深まらない。

逆に言えば、戒壇本尊に対抗し得る御本尊が他には存在しないので、戒壇建立云々に議論が突入していくと困る人たちがいる。だから議論を避けている。これが真相だかもしれない。

ちなみに、田中智学という人はあえてその領域に踏み込んで行った、近現代における稀有の存在なのかもしれない。

それと御本尊に関しては 区別した時点で差別になってしまいますよ

ここは瑣末な点ながら、明快な間違いなので、指摘しておきたい。

先日のまぼり暫時も身をはなさずたもち給へ。

経王殿御返事の一節である。つまり、ここでの「まぼり」はいわゆる御守り御本尊のことだと拝されるわけで、戒壇安置の御本尊と同日の談ではない。

日興が身に宛て給はる所の弘安二年の大御本尊は、日目に之を相伝す。本門寺に懸け奉るべし。

大聖人の御本尊はそのサイズにかかわらずいずれも大曼荼羅である。しかし、あえて語弊を承知で言えば、使用目的によってサイズが異なるわけで、個人授与の御守り御本尊が戒壇安置の御本尊たり得るわけがないのは自明の理であろう。これは差別だの区別だのといった瑣末な議論とは無関係のことであり、本門戒壇の重大性に鑑みての結論である。

 仮に本門戒壇と言う伽藍が必要だとしてですが、私は仏法上の意義云々ではなく、世間を意識した時には必要だと思っていて、現在建設中の創価学会総本部を、そう言う位置づけにするべきだと考えています。

まるでわかっていない。

 将来は、アフリカあたりに素晴らしい建造物を建て、ピラミッドと並んで後世へ伝えるべきでしょう。

いかにも沖浦氏らしい発言であるが、戒壇建立の大事がわかっていないことを露呈した格好である。

 その建物にどう言うご本尊を安置するか?

 別に大聖人ご図顕のご本尊なら、何でも構わないでしょう。


すでに説明したごとく、御守り御本尊が戒壇安置の御本尊として相応しいかどうか、よく考えるべきだろう。

なお、沖浦氏のために付け加えておくが、大聖人の御本尊はそのサイズにかかわらず、いずれも大曼荼羅である。いわゆる如意宝珠の譬えに明らかなごとく、サイズが小さいから功徳が小さいとか、逆にサイズが大きいから功徳が大きいとか、そんなチャチなものではない。このことと戒壇安置のことは別次元の話である。

最後に全集未収録御書を紹介しておこう。

 竜樹は迹門の意を談宣し、天親は文に約して之を釈し、化導の始終を明かさず。天台大師は本迹の始終を弘通す。但し本門の三学は未だ分明ならざるか。

さしずめ沖浦流法門においては、未だ本門の三学分明ならず、といったところか?


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ