2015/1/23

本年最初の特別企画  
前回、閲覧諸氏の見解を伺ったところ、約一名からの返信のみで、あとはナシのツブテだった。単に相手にしてもらえないだけなのか、それとも難し過ぎて誰も答えられないのか、微妙なところではある。

それにしても貴重なリンクのご紹介をたまわった。

http://labo.wikidharma.org/index.php/%E8%88%88%E7%A6%8F%E5%AF%BA%E5%A5%8F%E7%8A%B6

わたくしは御書は読むけれども解説書は読まない。こう書けば格好つけているように思うかもしれないが、そうではない。なぜならば、他の古文書にはまったくの無知だからである。つまり、御書しか読まない。ゆえに、わかっていないことがたくさんある。

先般引用した念仏者追放宣旨御教書事の引用文だが、その出典と思しき資料が判明した。それが上掲なのである。

興福寺奏状 第五
 第五に霊神を背く失。
念仏の輩、永く神明に別る、権化実類を論ぜず、宗廟大社を憚らず。もし神明を恃めば、必ず魔界に堕つと云云。実類の鬼神においては、置いて論ぜず。権化の垂迹に至っては、既に是れ大聖なり。上代の高僧皆以て帰敬す。かの伝教、宇佐宮に参じ、春日社に参じて、おのおの奇特の瑞相あり。智証、熊野山に詣(けい)し、新羅神を請じて、深く門葉の繁昌を祈る。行教和尚の袈裟の上に、三尊影を宿し、弘法大師の画図の中に、八幡質(すがた)を顕はす。是れ皆法然に及ばざるの人か、魔界に堕つべきの僧か。なかんずく、行教和尚、大安寺に帰りて、二階の楼を造りて、上階に八幡の御体を安じ、下階に一切経論を持す。神明もし拝するに足らざれば、如何ぞ聖体を法門の上に安ぜんや。末世の沙門、なほ君臣を敬す、況んや霊神においてをや。此のごときの麁言、尤も停廃せらるべし。


リンク先から拝借してきたものである。これが平成新編所収の「一 霊神を蔑如する事」の原典らしいのだ。しかし、すでに表題からして違っているし、内容的にもかなりの相違がある。煩瑣になるので御書の引用は控えるが、その相違の意味は何だろうと考えるに、いわゆる転写ないし孫引きによるものではないかと想像する。パソコンならばコピペで済む。逆に現代においてはそれが問題になったりもするわけだが、ともかくコピペならば誤写はあり得ない。しかし、当時はパソコンもなければコピー機もない。ゆえに手書きで写しているうちに、徐々に内容が変わってきてしまうようなことがあったのだろう。

ちなみに当時もいわゆる形木による印刷はあった。しかし、印板を作るまでの労力と時間を考えたら、筆写のほうが遥かに効率的だった。

それはさておき、話を少し戻そう。

念仏の輩、永く神明に別る・・・

専修の輩永く神明を別へず・・・

煩瑣になるので御書の引用は見送ったけれども、せっかくなので冒頭の部分だけ紹介しておこう。上段が原典と思しきもので、下段が御書の該当部分である。念仏と専修は同じ意味とは言え、筆写の段階でこんな間違いをするとはなかなか考えづらいところである。また、「別る」と「別へず」はおそらく訳者ないし編者のセンスの問題だろう。原文は漢文体なのだと思われる。

面倒臭がりのわたくしはやらないけれども、こうした細かい相違をチェックしていくことで、何か新しい発見があるかもしれない。当然、このような方法論は、真面目に研究している人たちにとっては先刻承知のことなのだろう。ただし、実行している人がいるかどうかは、微妙なところであるが・・・

さて、わたくしは冒頭で約一名云々と書いた。約二名と書いてもよかった。ようするに沖浦氏を入れるか入れないかは微妙なところなので、そのようなアイマイな書き方をしたわけである。

ともかく沖浦氏の妄執を打ち破る作業は困難を極める。そこで特別企画を考えた。

「神札を焼くような信心はごめんですよ」
 という人がいる。


わたくしの手元には折伏教典がある。改訂二十八版だ。昭和四十三年という微妙な年数が気になるところで、国立戒壇の問題と絡めて論じても面白いところだが、今回は別の話題である。

上掲は「神の種類と批判」と題する項目の冒頭のくだりである。まさに語るに落ちるという表現がピッタリの一節だかもしれない。つまり、創価学会は神札を焼くような信心だったわけだ。

また、後半の各論には次のような項目が並んでいる。

先祖からの宗教を捨てるわけ

神だなやお札を取るわけ


いわゆる謗法払いである。そして前掲にもあるように、神札を焼いて相手から反感を買うことが全国で起こっていたのだろう。折伏教典ではそのことへの理論武装を施しているわけだ。前掲の三ページほど後に出てくる一節を紹介しておこう。

・・・神社から買ってきた神札のなかには神はおらず、悪鬼のすみ家と化している。その理由については「立正安国論」に、邪教がはびこり正法護持の者が少なくなれば、諸天善神がその国を去り、悪鬼がはいる原理が詳しく述べられている。

また、別項には五老僧についての批判も書かれているわけだが、その中に次のような一節がある。

・・・さらに神社参詣等を許して世間に迎合し、すべてが柔らかになって、先師日蓮大聖人の末法のご本仏としての教風はすたれるにいたった。

これは実に意味明瞭である。ようするに神社参詣禁止が大聖人の教風だということである。

他のページにも同様の記述がある。

・・・本尊問題では大聖人の御真筆の御本尊を軽視して釈迦の仏像を立てたり、戒律の問題、神社参拝の問題・・・

戒律の問題というのがイマイチよくわからないので、ご存知の人がいらっしゃればよろしくご教示願いたい。

それはさておき、数行後には身延の地頭への批判もある。

神社に参拝して立正安国論の正意を破り・・・

もはやこれまで、である。

少なくともこれらは厳然たる事実であり、過去にこうした発言をし、かつ実行していたことは否定できないだろう。

では、今はどうなのか、である。

もし違うことを教えているのであれば、その総括はできているのか、ようするに教義を改変することの釈明なり何なりをしたのかどうかが問われるのだ。

最後にオマケである。

 日蓮大聖人のご本懐は一閻浮提総与の弘安二年十月十二日の御本尊にあることに間違いなく、日蓮正宗はこれを本尊として日蓮大聖人のご遺志を継ぎ、一切民衆を救わんとするものである。したがってこれは世界唯一の本尊であり、日蓮正宗は最高にして唯一の宗教である。

誰が言っているかと思えば、驚くなかれ、創価学会が言っているのである。これは類文繁多にして九牛の一毛に過ぎないが、時に当たってきわめて重要な一文なので、挙げさせていただいた次第である。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ