2015/1/29

本年最初のビックリ  
驚くことばかりだ。今朝の沖浦氏のコメントにも驚かされた。

 漸く創価学会の教学も、私に追いつきはじめましたね。

凄いことを言うものだ。もっとも氏の放言は今に始まったことではないので、聞いている側も慣れっこになってしまっている面がある。つまり、驚き半分・呆れ半分が正確なところかもしれない。

それはともかく、今朝の聖教新聞の記事もまた、驚きだった。

 本門の本尊とは大聖人御図顕の全ての本尊で(十界曼荼羅と言う表現です)、戒壇本尊もそれに含まれるが、戒壇本尊のみが本門の本尊ではない。

う〜ん、悩ましいところだ。

 まして、弘安二年の御本尊につながらなければ他の本尊は一切力用を発揮しないとなどとする宗門の独善的な本尊観は、大聖人仏法に違背するものであることは明白である。

原文を確認していないことをお断りしておきたい。いずれも沖浦氏のコメントの中から拾ったものである。

何が悩ましいかと言えば、上掲は極端には間違っていないことである。以前にも書いたように、わたくしは他の御真筆御本尊への信仰を否定しない立場である。今の日蓮正宗ないし顕正会は戒壇本尊オンリーのようなところがあるけれども、ならば大講堂の御本尊はどうなのか、あるいは本山ないし末寺に存在するであろう戒壇本尊以外の御真筆御本尊はどうなのか、という問題が解決できなくなると思うのだ。しかし、創価学会が全国の会館に安置しているであろう本尊は大石寺の歴代上人が書写した御本尊なのだから、現時点で上掲のごとく言うのはチグハグ感が拭えないところでもある。だから悩ましいのだ。

しばしばウワサで耳にするのは、創価学会が全国に散在する御真筆御本尊を物色しているという話である。その信憑性がどれほどのものか知らないが、確かに上掲の発言とは整合性が高いように思える。ようするにツジツマが合っているということだ。

それはさておき、前回のコメントの中でいちばんビックリしたのは以下である。

2015/1/28 11:22
投稿者:地獄耳
テーマから外れたコメントになりますが、各方面に反響をもたらすことが必至なことなので、お知らせします。

顕正会は、すべての組長に対して御本尊を下附する方針を決定しました。

数万人規模に及び、同時にその場所での入信勤行の執行も正式に許可されました。

今後、入信の偽装はもちろん、入信早々のものたちによる、取り返しのつかない不敬が全国で横行することでしょう。

もはや過去の指導との整合性は崩壊。会員数拡大のためとはいえ、迷走はとうとう暴走へと変わりつつあります。

老害でしかない。
引退してもらいたい。

一貫不変、伝統精神、


なんとなく文末が不自然である。これは何を意味するのだろうか?

極秘情報を漏らすことへの躊躇みたいなものかもしれない。

しかし、拙ブログへ投稿するということは、影響力を考慮してのことだと考えられる。ウヌボレながらも拙ブログはそれなりに影響力がある。宗門や創価学会の人たちも閲覧しているはずなので、まさに各方面へ反響をもたらすことになるだろう。もはや情報は止められない。

この人が誰なのか知らない。しかし、浅井先生を老害だとして引退を勧告する点からすれば、顕正会の将来を憂えての発言なのだろう。

ならば聞いてみたいものだ。

浅井先生の次は誰なのか、誰が相応しいのかである。

顕正会の唯一の求心力、それが浅井先生なのだと思う。いつまでも現役を続ける理由は本人のモチベーションがどうであれ、自分が退いたら顕正会は保たない・潰れるということがあるわけで、それは本人だけでなく本部の中枢にいる人たちの共通した認識のはずである。もし別の意見があるのならば、ぜひ聞いてみたいものである。

それにしても驚きである。本尊下付のことだ。

すなわち、すべての組長に御本尊を下付するという方針は、まさに過去の指導との整合性の崩壊であり、迷走から暴走へ、そして自爆へと向かうことを意味するわけで、断じてあってはならないことである。

わたくしの思うに、これは顕正会を憂えて言うのではなく、顕正会にいる人たちを憂えて言うべきことである。

どういう意味か?

「何としても八百万学会員を救いたい」

これは浅井先生の常套句である。昨年末の総幹部会でも同様の発言があったごとくである。つまり、先生は創価学会を救いたいのではなく、創価学会員を救いたいと言っているのだ。たぶん、拙ブログに出入りしている沖浦氏たちが読めば、何を言っておるものかと思うだろうし、アンタに言われたくないよと思うはずであるが、ともかく浅井先生の常套句はご覧のごとくである。

まったく同じ理屈である。

もはや顕正会なんてどうでもいい。潰れるなら潰れればいいのだ。しかし、そこにいる人たちが不幸になってはいけない。

だから以前から言っているのだ。宗門に復帰しなければいけないと。そこで御本尊を頂戴すれば何の問題も生じない。

話が少し複雑だ。

創価学会は脱日蓮正宗・脱戒壇本尊を図っている。これが堕地獄の因であると顕正会では言っているのだ。その顕正会がである。戒壇本尊への信仰は堅持しつつも、なぜか脱日蓮正宗を進めているのである。そして独自の本尊下付を画策している。

いったいどのようなロジックでこれを行なおうとしているのかが問題だ。

わたくしにはそれがわからない。

つまり、創価学会のやっていることが地獄の業因ならば、顕正会のやっていることも同じなのではないか、五十歩百歩なのではないか、というのがわたくしの見方である。

いずれにしても今回の方針が事実ならば大事件である。これは本年最初のビックリではなく、顕正会の歴史の上でもマレに見るビックリである。また、注目すべきことは、これを総幹部会などの公式の場で発表するのか、それとも隠密裏に行なうのか、である。公式発表をすれば過去との不整合を突っつかれる。隠れて行なえばそれはそれで突っつかれる。どの道、批判されるのだ。繰り返しになるが、わたくしにはどう考えたって正当化する論理が見当たらないのである。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ