2015/2/15

顕正新聞第1331号精読  
不勉強のわたくしが言うのもナンであるが、蝸牛氏の反論は的確のようである。沖浦氏を見事に一刀両断している。

そもそも沖浦氏が拙ブログのコメント欄で日寛上人を批判するのは、ややオカドチガイのようなところがある。なぜならば、わたくしは御書こそ引用するものの、歴代上人の御指南は滅多に引用しない。もちろん日寛上人も例外ではない。理由は冒頭に述べたごとく、不勉強だからである。知ったかぶりをしても仕方がない。正直に知らないことは知らないと言ったほうがいい。ゆえに歴代上人の御指南はほとんど引用しない。その意味で沖浦氏のコメントはオカドチガイも甚だしい。わたくしが日寛上人の御指南を連発して、それで沖浦氏をねじ伏せようとしているのならば、話はわかる。しかし、事実はまったく違うのだ。

もっとも、沖浦氏も沖浦氏だが、わたくしもわたくしである。ご存知の人も多いかと思うが、顕正会では日寛上人を物凄く尊んでいる。御書の発刊は実現していないけれども、なぜか六巻抄はある。そう、顕正会版の六巻抄が存在するのだ。しかし、わたくしはそれを持っていない。また、ネット上にも六巻抄はあるわけだが、それすら読んでいない。

そんなテイタラクなものだから、沖浦氏に日寛上人のことをあれこれ言われても、何も言い返せない。そこに蝸牛氏からの切れ味鋭いコメントが寄せられたわけである。素晴らしいの一語だ。

さて、今日は顕正新聞第1331号を拾い読みしてみよう。

当該号は元旦勤行を報ずる以外、登壇記事ばかりで詰まらないと以前に書いた。しかし、それは編集部の手抜きを批判する意味であって、記事そのものに罪はない。つまり、一つひとつの記事にはそれぞれのドラマが詰まっていて、そのまま読み捨てるにはモッタイナイような記事も少なくないのだ。

まずは総合婦人部長の記事から紹介しよう。

 「御遺命を堅持あそばす貫首上人が出現されれば、忽ちに血脈は蘇る。下種仏法の血脈は金剛不壊である」
 と裂帛のご気魄で叫ばれ
 「この深義は、池田大作一党などには分かるはずもない」
 と一刀両断され、先生がここで言葉を止められました・・・


これは創価学会の原田会長が述べた「永遠の法主不在・血脈の断絶」に対する反論のくだりであるが、ひじょうに悩ましい。

どうでもいいことから書くと、裂帛はほぼ顕正会用語と言っても差し支えないだろう。わたくしの知る限りでは、一般的にはほとんど使われない表現である。それがなぜか顕正会の中では多用される言葉なのだ。とりわけ浅井先生の発言に対して、この裂帛が高頻度で使われている。

さて、何が悩ましいかであるが、ようするに上掲の発言は現宗門とも相容れないものであって、いわば顕正会独自の見解であることだ。後半のカギカッコだけを見れば、思いっきり宗門寄りの発言のように見える。しかし、前半に蘇る云々とある以上、今は断絶している状態なのだと言っているわけなのだろう。これを現宗門が認めるわけがない。

何とかならないものだろうか?

次に副総合婦人部長の記事を見てみよう。

・・・「広宣流布いよいよ近し」の大確信で国難二年を猛進し、「あと五年」の正念場を一点に見つめられる浅井先生に、・・・

出た、あと五年だ。

本人がそのつもりで書いたとは思えないけれども、うっかりすると広宣流布まであと五年であるかのように読めてしまう。

時の然らしめる凄さ

歓喜炸裂


あとは言葉を拾ってみたわけだが、なかなか凄い表現力である。

 由比ヶ浜さんは名前にコンプレックスがあったそうですが、「大聖人様が御成道を遂げられた凄い所です」と言うと・・・

これは婦人部早稲田支区班長の記事から拾った。竜の口と由比ヶ浜は別の場所ではなかったか?

三人の発達障害の子供たちを抱えながらも・・・

四人の自閉症の息子がいます。


前者は女子部第一区総班長の記事の中で紹介されている話で、後者は婦人部神奈川支区組長本人の話である。ウカツなことは言えないが、こういう人たちを救済するのが宗教の役目でもあるだろうから、顕正会は立派にその役目を果たしていると言えるかもしれない。

群馬の「自民教」とも言うべき体質は大へん根深い・・・

第十六婦人部長の記事から拾った。前掲の話と関連付けて書くならば、宗教と政治の共通点は弱者救済ということになるだろうか? 延いてはそれが王仏冥合の議論に結びつくのだと思うが、わたくしには荷が重い。かつての公明党は福祉の党をウリにしているようなところがあったけれども、はたして今の自公政権が弱者に優しい政治を目指しているかと言えば、どうも違うような気がする。その辺を現役の創価学会員がどのように感じているのか、気になるところではある。ともかく群馬は自民王国であり、登壇者の実感するところでは自民教なのだそうである。

それにしても次のくだりはひじょうに考えさせられる。

「安倍はもうだめだ、どこに投票すればいいのか教えてほしい、顕正会は初めて聞いた、どういう団体なんですか」

この若者の発言は重要である。どこに投票すればいいのか教えてほしいと。残念ながら顕正会はその答えを用意できない。たぶん五年後も同じだろう。

つまり、浅井先生は政治的発言を繰り返すけれども、今の制度の中で何をどのようにするのが最善であるかを提示できないでいるのだ。戒壇建立は宗教的発言である。それはそれでよいとしても、政治的発言の場合はそこに具体性が求められるのだ。くだんの若者はどの政党に投票すればいいのかを聞いている。しかし、顕正会にその答えはない。

次は男子部第十二隊長の活動報告である。

そして近き国家破産を思い、「今しかできない財のご奉公を」と、例年以上の思い込めて推進しております・・・

セロリ氏によれば、浅井先生は十一月度総幹部会になると決まって経済問題を話題にするという。国家破産だとかハイパーインフレだとか、そんなことを縷々述べるのである。これは翌十二月の広布御供養を前にしての巧妙なる作戦なのではないかとセロリ氏は睨んでいる。
ここにはもう一つの背景があって、もしかしたら宗門も創価学会も似たり寄ったりのことを言っているのかもしれないが、御供養はムダにはならない、真心の御供養は功徳となって必ず自分に返ってくる、という意味のことがクチコミで広く伝えられているのである。これは顕正会経験者ならば誰もが知っていることである。
つまり、浅井先生の経済事案への言及とクチコミ指導とを勘案するならば、セロリ氏の指摘もあながち荒唐無稽ではないことになりそうである。ましてや上掲の記事を読めば、なおさらその思いを強くするものである。

ただし、いちおう言っておかなければいけないだろう。浅井先生が国家破産のことを論ずるのは十一月に限ったことではない。調べたわけではないが、けっこうアトランダムに発言しているはずで、たぶん、年がら年中言っている、ノベツマクナシ言っている、というのが真相に近いだろう。

いずれにしても広布御供養をすれば経済的な御守護をいただけるという意味のことが言われているのは事実であり、そこに国家破産の話が出てくれば一種の投資みたいな感覚で今のうちにたくさん御供養しておこうという心理が働くのは理の当然であろう。

それはさておき、次のくだりが悩ましい。

・・・障害になる直属の上司は、他の営業所に明日から異動させる

登壇者は今の職場にいたら思う存分に顕正会の活動が出来ないことを悩みに思っており、社長に会社を辞める旨を伝えることにしたという。そして実際に面談したところ、なんと社長のほうからさまざまの好条件を提示してきたのだそうだ。その一つが上掲である。

しかし、これはいかがなものかと思う。職種にもよるだろうが、仕事における悩みの半分は人間関係である。半分と書いたが、もしかしたら大半かもしれない。それがこんな形でいとも簡単に解決されるはずがないし、そもそもこんなことが許されていいわけがない。世の中にはイヤな上司の下でひたすら耐えながら働いている人が無数にいるのだ。それがあたかも顕正会で信心すれば解決するかのような錯覚をおぼえさせる意味で、上掲はひじょうに問題だと思う。

女子部第147区長の記事も悩ましい。

信心の肚を決め薬を中止、鬱完治!
「冨士軍楽隊」講師の大任 果させて頂く

病院では解決しなかった疼痛も完治


この人は今の顕正会ではけっこう目立つ存在のはずである。しかも会社を経営する父や現職市議会議員の母を云々する記述を読めば、いいところのお嬢さんというイメージが強まる。それが鬱病に苦しんでいたとは意外であるが、問題は次のくだりである。

 その中、浅井理事長より、向精神薬の副作用について教えて頂く機会がありました。

これを機に薬をやめたという。結果的には鬱病が完治したのだから文句は言えないのかもしれないが、しかし、問題だろう。ようするに、城衛よ、オマエは医者か、ということだ。医者でもない人間が投薬について意見を言うのは問題である。もしそれで症状が悪化したらどうするのかである。そこを考えないといけないだろう。

卒業した中学校五十年分と高校二十年分の同窓会名簿を入手でき、片っ端から連絡を入れ折伏していくと・・・

このくだりは並の創価学会員が読めば驚くだろう。しかし、顕正会の活動会員にとってはわりと普通のことなのだ。

十一月には十日間の日程でネパールでの御奉公も叶い、現地で計百十七名の入信勤行の唱導を勤めさせて頂いた・・・

ともかく最近は海外折伏が流行っている。これは今後も注目していきたい。

池田大作専用の
  金張り浴槽!


最後に女子部第123区総班副長の体験発表から疑問に思ったところを紹介したい。上掲のようなアヤシゲな小見出しに続いて、次のような文章が綴られている。

 入信した折、学会の会館内を案内されましたが、ある部屋には大理石のタイルに金張りの浴槽があり、池田大作のためだけに作られたものと説明を受けました。

創価学会に入信した時のエピソードを語っているわけだが、はたして本当だろうかと疑問に思う。わたくしの感覚では、こういう場所は一般会員には見せないものである。ゆえに、いつだったか週刊誌にすっぱ抜かれる形で、この手の話題が出てきたのだと記憶している。まさか、そういうネタを拾ってきて登壇原稿を作っているとか?

さすがの顕正会もそんなバカなことはやらないと信じたいが・・・


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ