2015/4/5

花冷えの一日  
沖浦氏との議論は早くも佳境を迎えたようだ。予想通りの展開というか、予想以上の好展開を見せている。

大聖人を特別な仏ではなく、私共と同じ人間であるとの視点からの見直しが必要になる・・・

これについてわたくしは久成三身が無始無終の仏であるとの文証を引いて反論した。この点、沖浦氏の返事を拝見すると、どうも話が噛み合っていないようであるが、それは毎度のことなので気にすることもあるまい。

当時の人々は阿弥陀ないし大日を信仰していた。いわば特別視していたわけだ。これに対し大聖人は異を唱えた。釈尊を仰ぐべきだと。その御説明の一つが久成三身云々なのである。
科学信仰という言葉がある。しかし、それは文章表現であって何も科学を信仰の対象にするわけではない。まさか科学に対して、朝晩の勤行をするみたいなことはないのだ。
わたくしの思うに、沖浦氏のそれは科学信仰の雰囲気が濃厚である。つまりは信仰ではない。さすがに言い過ぎかもしれないが、どうも沖浦氏の言っていることは信仰そのものを薄めることにしかならないのではないかと思う。仏を特別視するのはむしろ当たり前のことであって、それがまさしく信仰の基本なのである。御本尊を道具などと言ってしまうことも、信仰を薄める作用しかもたらさないだろう。

ちなみに当時は念仏・真言に並んで禅宗も流行っていた。これに対する批判としては、謂己均仏の大慢ということを大聖人は仰せられている。己を仏と均しいなどと思うのは大慢心であると、誡められているのである。

それからもう一つ、無始無終を持ち出したのには別の意図があった。

現実問題として、我々は必ず死ぬのだ。いくら無始無終と言われても、やがては朽ち果てていく身である。だったら同じではないかと言いたい。沖浦氏は物質で作られた御本尊を卑下する発言を繰り返しているが、自分もまた朽ち果てていくのである。沖浦氏は己を仏と均しいと言い、それがまた最上の悟りであるかのごとく言っている。確かに御書にもそうした記述があるのは事実だ。

しかし、ここに自己矛盾が存することに気がつかないといけない。

やがては朽ち果てる自分自身が、本当は無始無終の仏と異ならないのだという最上の悟りと、板や紙で出来た御本尊が別物であるかのごとく思い込んでいる点が、実は大いなる矛盾なのだということを、である。

早い話がわかっていない。具体的には観門の難信難解がわかっていない。もしくは信じられないということなのだ。

>観門の難信難解を否定するのか? 

 否定したことはありませんね。


いよいよ切羽詰ってきた。蒸し返すようで恐縮だが、過去のコメントを掲げておきたい。

観門の難信難義は、木や金で出来た仏像や、紙や板でできた曼荼羅が、仏である道理がないと言う事です。

(中略)

 御本尊も同じです。
 一応の仏ですが、方便なんです。


これは「沖浦流法門の終焉は近い」のコメント欄に残された貴重な文証である。本人は否定ではないと言い張るかもしれないが、誰が読んでも否定だろう。

ここに御本尊も同じだと書いている。実は沖浦氏の言っていることとは違う意味で、御本尊も同じである。すなわち御本尊も我々も同じく一念三千の当体なのだ。

金錍論に云はく「乃ち是一草・一木・一礫・一塵、各一仏性・各一因果あり縁了を具足す」等云云。

しかるに沖浦氏は次のごとく言っている。

 戒壇本尊は物で出来ています。
 厳然たる事実です。
 物はいつかは消滅致します。
 ですが、法は消滅致しません。


観門の難信難解がまるでわかっていない証拠である。

また、んっ?氏が再三にわたって書いておられることも、ひじょうに平易かつ明快なので紹介しておこう。

2015/4/1 20:29
投稿者:んっ?
>戒壇本尊は物で出来ています。

此れまた,何度も云ってる。
君も私も「物」で出来てる。

そうして「方便現涅槃」する。

違いは「有情」「非情」の差があるだけだ。

結局,「難信難解」なままなんだね?ww


金錍論に示されるごとく、有情非情に差別を設けないのが一念三千である。ゆえに、繰り返しになるが、もし一切衆生が等しく本来南無妙法蓮華経如来だというのが最上の悟りであるならば、非情を排除する理由はどこにも存在しないことに気がつかなければいけないのだ。

さらに望外の展開を見ることになる。わたくしは大聖人が仰せられる御本尊の意味がわずか二年で変化している事実を示したわけだが、そこで沖浦氏より思わぬ回答をたまわった。

 この御書は、文永十年五月とされています。
 佐渡始顕の御本尊以前です。

 現存若しくは曽存する御本尊で、私どもが拝む形式が整ったものは、佐渡始顕の御本尊からです。
 この御本尊は、十年七月八日ですので、諸法実相抄時点では御図顕前です。

 以上時系列を提示致しました。

 ここから私見を申します。

 時系列的に御図顕前は前ですが、双方のタイムラグは二月ございません。

 当然大聖人のご胸中にはいよいよ曼荼羅御図顕の御構想があったと考えられます。

 その胸中の御本尊を、御図顕の御決意と共に記し置かれた。


これはまったく予想外の回答であり、驚いているところである。そもそもが、はたして佐渡始顕の御本尊と諸法実相抄の関係性が上掲のごとくなのかどうか、わたくしにはまったくわからない。けれども、もし沖浦氏の言うとおりならば、これは戒壇の大御本尊と聖人御難事の関係と同じことになるはずである。本人はわかっているのだろうか?

そして次が本題である。

月満御前御書に仰せの御本尊と諸法実相抄に仰せの御本尊は意味が異なる。前者は釈尊を意味し、後者は大曼荼羅御本尊を意味する。わずか二年でこの変化である。これはいったい何事だろうか?

 これは変化して当然なのです。
 
 文永8年9月12日。
 竜の口法難がありました。
 そこで、大聖人が発迹顕本なされた。

 釈迦の菩提樹の下の悟りと同じです。
 その瞬間の以前と以後では、同じ人間ですが悟りの内容が全く異なります。

 境涯に一大変化が起きた。

 これが竜の口です。

 『日蓮といゐし者は去年九月十二日子丑の時に頚はねられぬ、此れは魂魄佐土の国にいたりて』
 (開目抄下)

 わずか2年と巌虎さんは書かれましたが、悟りを開くのは一瞬の行為です。

 御書にあるのですから、信受致しましょうね。


御名答である。と同時に、これは沖浦氏の大失策だと言っておこう。

まず、わたくしがこの事実を失念していたなどと思う人は、少なくとも拙ブログの愛読者ならばいないだろう。いわば本尊論の基本だからである。日蓮正宗で信仰していればあり得ないことだが、いわゆる日蓮宗では、釈尊を本尊とするのか大曼荼羅を本尊とするのか、そこで迷ってしまっているテイタラクである。その理由はさまざまの角度から論じられるところだが、手っ取り早く言うならば彼らは発迹顕本を知らない、すなわち大聖人が御本仏であられることを知らない、だから迷うのである。

これが答えだ。

沖浦氏は大聖人を御本仏であるとすることにも異議を唱える人である。何しろ見直しが必要などと言っているくらいなのだ。

しかもである。

氏は何の気なしに発迹顕本と書いているけれども、いったいこれをどのように証明するのかが問題である。発迹顕本は正宗教学においては常識中の常識である。ゆえにわたくしに異論はない。しかし、氏は正宗教学を否定しているのだ。ならば、自力で論証しなければいけない。

いちおう論証のつもりなのだろうか、氏は開目抄の御文を引用しているけれども、いったいこれのどこが発迹顕本なの? と言われたどうするつもりなのか、そこが新たな課題である。御書に発迹顕本という用語は出てくるものの、大聖人が発迹顕本をあそばしたという記述は見当たらない。

さあ、どうする?

さて、大方の読者は沖浦氏とわたくしの議論をまた始まったかくらいに思っているかもしれないが、確かにそれはそのとおりなのだが、内容的には本尊論と本仏論が密接不可分の関係にあることを垣間見ることが出来て、それなりに有意義なのではないかと思う。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ