2015/7/28

真夏の蛇足  
沖浦氏からの精力的な投稿が続いているが、今日は予定通りに六月度総幹部会の話題を取り上げる。顕正新聞第1348号掲載の記事である。

実は先を越されたというか、奇しくもセロリ氏が同様のテーマでお書きになっているので、まずはリンクを紹介しておこう。

http://blogs.yahoo.co.jp/no_sleep502goal/13784447.html

ということで、わたくしが書こうとしている内容は蛇足みたいなものである。今回はその点を承知の上でお読みいただければと思う。

次に六月度総幹部会の会長講演に付された大見出しを紹介しよう。

「仏法の実否を心みよ」心腑に染めん
 米国も憲法九条も日本の柱ではない
 日蓮大聖人こそ日本の柱 絶大威徳大慈大悲 を拝せよ


相変わらず浅井先生の講演は充実している。基本的には同じようなことを繰り返し言っているだけなのだが、時事問題については最新の情報を取り寄せるなどして、新鮮味を持たせている。そうした中で、今回は撰時抄の御真蹟について云々している点がひじょうに興味深く、わたくしのみならず、内外から広く注目されているごとくである。

「されば我が弟子等、心みに法華経のごとく身命も惜しまず修行して、此の度仏法を心みよ」

「されが我が弟子等、心みに法華経のごとく身命も惜しまず修行して、此の度仏法の実否を心みよ」


前者は五月度総幹部会での引用である。そして後者は六月度総幹部会での引用である。その違いは一目瞭然だ。

当然、浅井先生も承知していて、今回の講演ではこの実否について説明するくだりがある。少し長いけれども、大事なところなので全文引用したい。

 「実否」ということですが、この「実否」の二字は今までの引用においては、私は申しませんでした。学会版の御書にも、宗門版の御書にも、身延版の御書にもない。
 しかし大事な御文であるから気になって、御真跡と照合してみた。すると御真跡には脇に「の実否」と加筆されている。それで今回、加えさせて頂いたのです。


ひじょうに興味深い発言だ。いちおう続きもご覧に入れたい。

 この「実否」が入ったことで、御文の意がさらに深く重くなりますね。
 「実否」とは、実かウソかということでしょ。仏法が実かウソか、これを試してみよ――と仰せられるのであります。


セロリ氏のリンクをご覧になった人はおわかりだろう。ようするに、マコトかウソか試してみよ、などと偉そうに解説している浅井先生が、実はウソを言っている、というツッコミなのである。

わたくしはこのところ、ウソという語彙に敏感になっているわけだが、どうだろう、こんな見え透いたバレバレのウソをつくだろうか、というのが常識的な思考ではないかと思う。すると他にはどのような可能性があるかだが、いちばん単純な話はボケちゃったということだろう。浅井先生も耄碌したということだ。

今日はこれで終わってもいいのだが、せっかくなのでもう少し続けよう。

・・・身命もおしまず修行して、此の度仏法を心みよ

・・・身命もをしまず修行して、此の度仏法の実否を心みよ


いわゆる折伏理論書の旧版と新版の表記の違いである。旧版すなわち初版は平成元年、新版は平成十一年の改訂版のことだ。

実否の有無だけでなく、もう一つの違いに気がついただろうか?

つまり、「おしまず」と「をしまず」の違いである。これはおそらく創価学会版と平成新編との違いを反映したものなのだろう。ちなみに今回の講演では「惜しまず」と表記している。ならば、御真蹟は「惜しまず」となっているのだろうか?

さらに興味深い話を紹介しよう。

 四百余篇の御書中、肝要中の肝要の五篇を、心肝に染めて拝読しよう。

立正安国論 開目抄 観心本尊抄 撰時抄 三大秘法抄

 顕正会教学部が、御真跡あるいは古写本と照合し、入念の校正を申し上げた最も正確なる御書である。大きな活字で組まれ熱拝の便が計られている。


今は廃刊となってしまった冨士に、ご覧のような記述があるのだ。当時の顕正会教学部には有能な人材がいたのだろう。何しろ御真蹟ないし古写本が読めるからである。いつも言っているように、わたくしはまったく読めない。

ところがである。顕正会版の撰時抄には脱漏があった。わたくしの所持するものは昭和六十年十一月十五日再版の撰時抄であるが、平成新編との対校によって脱漏があることが判明したのだ。

http://white.ap.teacup.com/ganko/127.html

拙ブログのきわめて初期のものである。興味のある人は前後数日にわたってご覧になられるとよいだろう。

わたくしは御真蹟を解読するだけの力を持たないが、自分なりに努力して御書を学んできたつもりである。そうした立場から見ると、上掲の顕正会教学部云々はハッタリをかましているようにも感じられるところである。いや、もちろん、有能な人材がいたのは事実だと思うが、しかし、御真蹟を縦横無尽に読み込むことが出来るような人は、そうザラにはいないだろう。浅井先生だって例外ではないと思う。

いずれにしても当時の顕正会版撰時抄には「実否」が入っていない。今現在、わたくしの確認した範囲では、平成十一年に出された折伏理論書改訂版がその初出ではないかと思われる。

顕正会における初出がどうであれ、この件は御真蹟に詳しい人たちのご意見を伺いたいところである。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ