2015/12/12

シハスノブロガア  
なぜか前回のコメント欄に前々回の拙稿に対応すると思しきコメントが寄せられている。しかも一週間近く経って、にわかに噴出した格好だ。わたくしの得意(?)とする時間差攻撃を逆用したものだろうか?

現在の宗門はデタラメな戒壇論を唱えている。

確かにこう言われれば黙っていられないのが人情であるし、ましてや破邪顕正の精神をお持ちの法華講員ならば反論して当然である。

では、わたくしからの再反論を申し上げよう。

戒壇の大御本尊まします処はいつでもどこでも事の戒壇である、ということを、平成新編日蓮大聖人御書を使って論証せよ。

これがわたくしからの反論である。まず、それが可能かどうかが第一関門である。もし可能だとしても、そこには第二の関門がある。ようは説明能力の問題だ。

わかり切ったことだが、御書には戒壇の大御本尊という語句は存在しない。事の戒壇もしかりである。ということは、そっくりそのままの御指南は存在しないということだ。
では、どうやって論証するのか、ということになる。その方法論が難しい。失礼ながら頭の悪い人には無理である。
また、当然のことながら、御書に詳しくないといけない。いわゆる教学力などと呼ばれるものがあるけれども、これとて教科書を学んだだけの優等生的教学力では通用しない。

とりあえず、ここまでにしておこう。

さて、いったい誰がこの大変な作業に挑まれるであろうか? これはいわば日蓮正宗全僧俗への挑戦である。いや、挑発と書くべきか?

http://white.ap.teacup.com/ganko/120.html

実はもう十年も経つわけだが、拙ブログではかなり早い時期から戒壇論について、あれこれと書いてきた。リンク先が一例である。お読みになればわかるだろう。当時は宗門に対してわりと譲歩的な意見を書いていた。それは今もそれほど変わらないつもりだ。

では、なぜに宗門の戒壇論をデタラメ呼ばわりするのか?

話は物凄く簡単である。結局のところ、やっていることは浅井先生の過去の発言をあげつらって、いわばアゲアシ取りをしているだけだからである。また、たまには歴代上人の御指南を引き合いに出したりもしているが、では、根本の御書に遡って論じたらどうなるかということに関しては、からっきしダメなのである。

これでは沖浦氏からヨコヤリが入るのも当然だ。

とは言え、沖浦氏も相当にデタラメである。

 事と義〜〜??

 ナイナイ絶対に無い!
 戒壇とは一大秘法の当体である私共の住所です。


そんなことが御書のどこに説かれているのだろうか?

 御書にキチンと書いてあるのですよ。

 『正直に方便を捨て但法華経を信じ南無妙法蓮華経と唱うる人は煩悩業苦の三道法身般若解脱の三徳と転じて三観三諦即一心に顕われ其の人の所住の処は常寂光土なり、能居所居身土色心倶体倶用無作三身の本門寿量の当体蓮華の仏とは日蓮が弟子檀那等の中の事なり是れ即ち法華の当体自在神力の顕わす所の功能なり敢て之を疑う可からず之を疑う可からず、』
 (当体義抄)


ここでも説明能力が問われるのだ。当体義抄は難しい御書である。ゆえにわたくしにはさっぱりわからない。けれども沖浦氏はわかっているのだろう。ならばわからない人のために平易に説明するべきである。

其の人の所住の処は常寂光土なり・・・

わたくしの想像ではこの部分が関係しているのだろうと思われる。だが、ご覧のごとく、どこにも戒壇などとは書かれていない。常寂光土=戒壇と言いたいのだろうか?

日霑上人
『未だ広布の時至らず事相の戒壇建立なしといえども此の道場即ち是れ事の戒壇、真の霊山、事の寂光土にして』


これは図らずもmr.x☆(元顕)氏が紹介下さったものである。不勉強のわたくしはこうした歴代上人の御指南をほとんど存じ上げないが、ともかくここでの文意は戒壇の大御本尊まします処は事の戒壇であり真の霊山であり事の寂光土なのだと仰せられているわけである。

これを沖浦氏は悪用しているのだろう。いや、悪意はないのかもしれない。ようするに気がついていないだけなのだ。すなわち自説が日蓮正宗の教義に引きずられていることをである。

当体義抄の前掲御文には戒壇などと一言も書かれていない。ゆえに普通に読む限りは、そこが戒壇に当るかどうかはわからないのだ。ところが日蓮正宗の先師上人たちは、ご覧のごとく戒壇と寂光土をイコールと見做している。よって日蓮正宗の信徒はその深い道理を知らなくても、戒壇の大御本尊まします処は寂光土なのだと理解するわけだ。これを逆に辿ると、当体義抄の常寂光土云々には戒壇の意が含まれているのだろうことが、おぼろげながら理解できるのである。

おそらくはこれが平均的な思考プロセスであろう。もし沖浦氏が同様の思考プロセスを経て、くだんのようなことを言っているのだとすれば、まさしく日蓮正宗の教義に影響されていることになる。

結論として、沖浦氏は日蓮正宗をボロクソに言っているわりには日蓮正宗の教義に影響を受けているという自家撞着に陥っている。なかなか気づき難い陥穽ではあるものの、実に滑稽である。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ