2015/12/14

ジウネンイチジツ  
気がつけば、十年。種々のコメントを拝見して、あれから十年が経つのか、早いものだ、と思った。決して自己中のつもりはないのだが、わたくしは拙ブログが十年を超えたことばかりに気を取られて、顕正会の動きを俯瞰的に捉えることを疎かにしていたようだ。

いろいろなことが言えるだろう。

百万達成から早くも十年以上が経過している。今の顕正会は二百万を云々しているけれども、それが達成されるまでにはまだ数年の時間が必要である。この間、三百万だとか六千万だとか、浅井先生の口からはさまざまの言葉が飛び出しては来たものの、しょせんは二百万すら達成できていない状態なのである。

最後に申すべき事から十年。これも思い半ばに過ぎるものがある。最後・最後と言いながら、その後も宗門のことをあれやこれやとあげつらっている。自己矛盾も甚だしい。

日顕上人が退座されて十年。これはまた同時に、日如上人が登座されて十年を迎えるという意味だ。

創価学会も変わりつつある。池田大作氏が姿を見せなくなって久しい。しかし、それが直ちに組織に重大な影響を与えたようには見えない。宗門もそうだが、ようは健全な形で組織の新陳代謝が進んでいるということなのだろう。

ひるがえって顕正会の場合は依然として浅井先生のワンマン体制が続いている。悪い意味での新陳代謝・・・すなわち活動会員が定着せず次から次へと新しい人材を登用していかないと組織が維持できないという、そういう悪しき新陳代謝はあるものの、上層部の一新ということはまったく起こり得ない、それが顕正会の実態である。

いや、書き方を間違えた。

先生のワンマン体制でもいいのだ。それで顕正会が永遠に安泰であるならばである。しかし、人はいつかは死ぬ。ゆえに後継が必要なのだ。先生の後を継ぐ人がである。
宗門にしても創価学会にしても、すでにバトンタッチが行なわれている。わりとスムーズに、さしたる問題も生じずに、である。
ところが顕正会の場合はそうした経験がない。ゆえに、この先どうなるのか、まったくの未知数である。繰り返しになるが、浅井先生が永遠に生き続ければ問題はないだろう。しかし、そんなことはあり得ない。

さて、前置きはこれくらいにして、今日は顕正新聞第1358号の残りをやっつけてしまおう。実は上述の話と少し関連する話題があるのだ。

佐渡会館で伺った「これが最後」の一言・・・

総合婦人部長の記事である。さらに副総合婦人部長の記事にも次のようなくだりがある。

先生の
「これが最後」
 とのお言葉・・・


前後の文章を省略しているので、何のことだかさっぱりわからないだろう。実はわたくしもよくわからないのだ。

というのは、たぶんこれ以外の登壇記事は、ことごとく「それが最後」と書かれているからである。「これ」と「それ」は大した違いではないと思うかもしれない。しかし、同じ発言部分だとすれば、けっこう重要な問題である。総合・副総合という婦人部の大幹部が聴き間違えたとすれば、何をやっておるものかと思う。しかし、問題はそれだけではない。

このことは翌号の佐渡会館での会長講演を読むとわかってくる。

 そこで、私はきょう、新潟大会を決めます。
 三年後、新潟だけの県大会を開きたい。「二万人の新潟大会」を決行しようと思っておりますが、みなさん、どうでしょうか。(大拍手)

 私が新潟に来るのは、それが最後であります。

 その翌々年から、いよいよ二〇年代の広布の決戦場に入るからであります。遅れたら、大聖人様に申しわけない。


総合・副総合は聴き間違えた。同じ発言部分だとすれば、そういうことだろう。それはそうだ。新潟に来るのはこれが最後、と言ってしまえば、今回が最後、もう二度と来ないという意味になる。そうすると三年後には来ないことになるので、それはおかしい。ゆえに文章としては上掲が正しいことになる。

しかし、である。わたくしは「それが最後」に物凄く違和感を持つのだ。文法上、これが正しいのか間違っているのか、それはわからない。しかし、物凄く違和感があるのは事実である。

たぶん、その理由は今日の一連の話題のいわば結論なのだろう。

先生はいつも最後・最後と言いながら、それが最後だった例はないじゃないか、もはや信用できない、ということなのである。

これまで繰り返し言ってきたつもりだが、凡夫には未来のことはわからないのである。明日のことだってどうなるかわからないのだ。いわんや三年後のことなどわかろうはずもないだろう。それをわかったような口を利く、そこがまさに違和感の拭えないところなのである。

前号に戻って、第二十六女子部長の文章を紹介しよう。

 先生の下での戦いには限りがあることを痛感しては・・・

彼女は前掲の先生の発言を耳にして、ご覧のごとく言っているわけだが、ぶっちゃけ言えば、顕正会の活動会員の多くが思っていることだろう。それも違う意味で・・・、すなわち、先生も高齢である、いつどうなっても不思議ではない、と。おそらくは先生自身もそのことが常に頭をよぎるのだと思う。それが意識無意識にかかわらず、最後・最後というセリフになって出てきてしまうのだろう。

甚だ不謹慎とは思いつつも、あえて書かせていただいた。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ