2016/12/31

年末合併号の続き  
大沢氏からは資料のご紹介をたまわったわけだが、その意図については不明である。おそらくは弘経でも弘教でも大差なく問題ない、ということなのだろう。わたくしもそれについては特にコダワリがあるわけではなく、ようは浅井先生のコダワリを咎めている意味があるのだ。何しろ初めてと始めての問題がある。つまり、通常は初めてと書くべきはずのところを始めてと書く、それが浅井先生のコダワリである。だったら弘経も同じだろう。日興上人や日目上人が弘経と認められているのであれば、それに倣うのが浅井先生のコダワリのはずなのだ。その意味で、従来は弘教と書いていたものを弘経に改めたのは大いに結構であると、前回書いたわけである。

さて、今日は予定通り続きを書こう。

事実上の国主

真の国主


これはコダワリとかの問題ではなく、いわゆる国主論の重要なキーワードである。浅井先生は国主に二意があるとして、今回の目師会においても上掲のような分類を行なっているわけだ。これは国立戒壇の議論の時に、今は主権在民だから天皇は関係ない、というような意味の主張を創価学会側がしていたのに対して、先生は事実上の国主と真の国主という概念を持ち出して反論したわけである。つまり、民衆の一人ひとりが国主であるというのは間違いである、なぜならば今も現実に権力者が存在する、総理大臣がそれだろう、それこそが今日における事実上の国主と考えられる、しかし、さらにその上位概念が存在する、すなわちそれが天皇であり、天皇こそが真の国主であると。今は当てずっぽうに書いたのでかなり乱暴な説明になってしまったが、おおむね上述が顕正会側の主張である。

事実上の天皇

ご記憶の人も多いだろう。これは少し前に浅井先生が言っていたことである。すなわち聖徳太子は事実上の天皇であると。

ややこしい話で恐縮だが、聖徳太子が事実上の天皇だとすると、当時の天皇は何になるのかが問題である。わたくしは象徴天皇だろうと前に書いた。そこに浅井先生の国主二意論を加味させると、天皇=真の国主=象徴天皇となると思う。では、聖徳太子はどうなるかであるが、聖徳太子=事実上の国主=事実上の天皇となるだろう。

仏法と皇室の関係

本年の目師会では上掲の見出しを付けて、文字通り仏法と皇室の関係について、かなり突っ込んだ説明をしている。目師の御出現については前々から繰り返し言っているけれども、日興上人の御出現についてはこれまであまり語ったことがないように思う。すなわち日興上人は本化国主として皇室の中に御出現になるという。説明そのものは必ずしも十全とは言えないが、その前提となるべき話として、そもそも皇室が仏法とは浅からぬ因縁を持っていることはそれなりに説明が出来ているように思う。

次の釈迦御所領御書はわたくしのチョイスであるが、当然、御書に精通している浅井先生ならば知っているだろう。

又此の南閻浮提の内の大日本国をば、尸那国の南岳大師此の国の上宮太子と生まれて、この国の主となり給ひき。しかれば聖徳太子已後の諸王は皆南岳大師の末葉なり。桓武天王已下の諸王は又山王

残念ながら当該御書は断簡であり、この続きの御文が不明となっている。ゆえに安易な結論は控えねばならないものの、皇室と仏法との関係を濃厚に伝えている意味では反論の余地はあるまい。これを創価学会系の人たちがどのように考えるのか、興味深いところではある。

 本年八月八日、天皇の「お気持ち」として、直接、国民に語りかけられたお言葉がありました。

おっ、やっと言及する気になったか。

・・・その中に
 「この国の象徴として、国民のことを思い、常に祈りをしております」
 との「お言葉」がありましたが、私はこれを見たとき思った。
 「三大秘法を以て祈らなくては、国民の祈りにならない」と。そのような祈りは虚しい。正しい仏法を用いて祈らなければ、国のため、民のためにはならないのです。


おいおい、そっちかよ。

巷間、くだんのお言葉は生前退位の意向を示すものだと解釈されているし、事実、皇室関係者もそれを否定はしていないはずである。ゆえに国民的議論となったわけだ。しかるに浅井先生はこれにまったく言及していない。おかしな話である。

わたくしの勝手な想像を書こう。

浅井先生は天皇陛下と同年代である。ゆえに陛下の退位を云々しようものならば、オマエはどうするつもりなのか、このまま引退しないでずっと続けるつもりなのか、というような疑問が噴出してくることになる。ネット上のクチの悪い批判者たちはもちろん取り上げるだろうし、おそらくは口にしないものの、活動会員たちの中からも同様の疑問が湧いてくるはずなのである。ゆえに浅井先生としても、ひじょうに言及しづらい話題なのだと思われる。

 日目上人は奥州三の迫(現在の宮城県登米市)の領主・新田五郎重綱を父とし、上野殿の姉の蓮阿尼を母として、伊豆の国畠郷に御出生された。

最後にマメ知識を書いて終わろう。

登米市は(とめし)であり、登米町は(とよままち)と読む。トメとトヨマ、同じ地域なのに読み方が異なる。面白いというか不思議な話であるが、興味のある人は調べてみるといいだろう。そもそも地名は難読のものが多い。とは言え、同一地域で読み方が異なるのはかなりめずらしいケースだ。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ