2017/12/22

ミセジマイ  
不治の病に罹っている人にどのような言葉を掛ければいいのか、わたくしにはわからない。月並みな慰めや励ましは無意味であろうし、医者でもない人間が病気の内容を根掘り葉掘り聞いたところでどうにもならない。

顕正会では最近、ガン消滅の体験発表がかなりの頻度でなされている。しかも医者がそれに驚き、医学会で発表したりもしているそうだ。

顕正会に入れば、治るかもしれない?

いや、これはウソである。ウソは言い過ぎにしても不正確な情報であることは間違いない。なぜならば顕正新聞には依然として臨終の体験発表が多く存在し、死因はさまざまあるにせよ、ガンが原因の場合が少なくないからである。

五年生存率という指標がある。ガンの手術をして、五年後にどれくらいの人が存命であるかのデータである。その結論はガンの種類によってさまざまであり、仮に〇〇ガンの場合の五年生存率が五十パーセントだとすると、十人中五人が死んでしまうということになる。逆に言うと、十人中五人が生きているわけである。この場合、自分が死んでしまうのか生きていられるのかは五分五分の確率であって、これをどう捉えるかは人それぞれである。仮に五年生存率が二十パーセントだとしても、楽観的な人であれば自分は生き残る側に入るだろうみたいな、何の根拠もないにもかかわらずそのように思う人もいるはずだし、逆に絶望する人もいるわけである。

ともかく人間は死ぬまでは生きるのである。ゆえに今をどう生きるかであり、病気に差し支えのない範囲で頑張るしかない。病気が悪化したら元も子もないので、そこは健康な人に比べれば遥かにハンデが大きいわけだが、それでも頑張るしかない。

では何をどう頑張るか?

ここは人間の特質たる考えるということが最大の武器となる。何をどう頑張るかはその人の健康状態だとかその他もろもろの条件によって変わってくることなので、そこを自分でよく考えて自分が最善だと思う方向に進む以外にない。もちろん他人からのアドバイスも有効であるが、最終的には自分が決めることである。他人任せで失敗したらバカバカしいではないかということだ。

きわめて個人的な話をすると、実は三年前に手術入院した。しかし、このことはまったくブログには書いていない。たぶん当時の拙ブログを読んでも、わたくしが病に伏していたことはまったく感じ取れないのではないかと思う。そこはわたくしのブログに対する矜持が為せる業に他ならない。

いちおう傍証的に書いておこう。パソコンでご覧になっている人は左側に月別の更新数がカッコ書きされていることがわかるはずだ。その三年前の秋ごろを見ると、更新数が激減していることが確認できる。入院期間は十月から十一月にかけて、二十日間ほどだった。しかし、ご覧のごとく、九月の更新数が最低を記録している。すでにこの頃、相当に具合が悪く、キーボードも打てない状態だったのだ。逆に十月十一月に盛り返しているが、これは入院を悟られないようにするために、あえて頑張って更新した結果である。

なぜそこまで頑張ったのか、もしくは頑張れたのか、ということを別の意味からも書いておこう。

拙ブログは長年にわたって顕正会のことを痛烈に批判してきた。顕正会員の立場から見れば、大謗法者ということになるだろう。ゆえにわたくしが病に倒れて更新不能になれば、その時には顕正会員たちが大喜びすることにもなりかねない。いわゆる罰であると。

罰だと思われるのがイヤだから頑張って更新を続けた。こういう一面も否定はできないだろう。

ともかく拙ブログはインターネットの片隅の微々たる存在に過ぎないわけだが、顕正会関連のブログとしてはそれなりの存在感を示しているのではないかと自負するものである。そういう意味でささやかながらも使命感のようなものを感じていて、このまま顕正会の行く末を見届けることも拙ブログの仕事なのではないかと思ったりもしているわけなのだ。

浅井先生いわく、使命のある人はなかなか死なないんですよ、と。

その意味ではどのような状況であれ、使命感を燃やし続けることができる人が強いのだろう。

とは言え、またしても話をややこしくするようだが、わたくしもしばしば自問自答している。こんなブログに何の意味があるのか、時間のムダではないのか、人生の浪費ではないのか、と。結局、現状では固定客というか常連のコメント投稿者もいるし、アクセス数もそこそこ安定している。ようは需要があるわけで、その意味で読者に応えたいという意欲が必然的に湧いてくる状況にあるわけだ。

ここが一つの目安となるのだろう。

さすがにアクセス数も激減し、誰もコメントを寄せなくなれば、わたくしのモチベーションも続かないはずである。つまり、拙ブログをつぶそうと思うならば、不読運動をするべきなのだ。それとコメントを寄こさないことだ。それが一ヶ月も続けば、わたくしも店じまいを考えざるを得ないに違いない。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ