2018/8/21

ナツヤスミ  
顕正新聞第1447号の一面は御書要文拝読である。これはプチ御書講義とでも表現すべきもので、ようは短い御文を掲げて解説を加えている、もちろん浅井先生が、である。そして今回の要文は報恩抄の次のくだりである。

 「法華経をよむ人の、此の経をば信ずるやうなれども、諸経にても得道なると思うは、此の経をよまぬ人なり」

図らずも沖浦氏を破折している御文である。

同じく一面の下段には郡山会館の新本館のことが書かれている。どうやら先週の日曜日から運用が始まったらしい。いずれその折の会長講演が掲載されることだろう。

さて、二面以降の各種記事を拾ってみよう。まずは副総男子部長だ。

 そして道念なき池田大作を相手に、二度も誑惑を文書で訂正せしめ・・・

おそらくは創価学会の代名詞として池田氏を挙げているのだろう。その意味では間違ってはいないのだが、不勉強の人はあたかも浅井先生が池田氏と相対して訂正せしめたかのように誤解するかもしれない。

 そこに、二百万達成と安倍政権崩壊が重なるこの重大法戦・・・

同じく副総男子部長であるが、これは一ヶ月以前の発言だと考えられる。では一ヶ月後の今現在、同じことを言えるのかどうか、そこが気になるところである。

 第五男子部におきましては今月一日、誓願三九〇名を達成突破・・・

数字が悩ましい。なぜならば、かつての隊レベルでも同様の成果を上げていたからである。たぶん、こうしたことは現役の活動会員たちがいちばんわかっていることであって、このテイタラクで本当に広宣流布が可能なのかと考えるのが普通の感覚ではないかと思う。

本特集号の発刊直後に起きた、西日本を中心とした豪雨災害に、諸天の強き諫めを実感・・・

この際、本特集号がどの特集号を意味するかはどうでもいいだろう。問題は豪雨が諸天の強き諫めだとするならば、なぜに西日本中心なのかが気になるところである。この合理的な説明をぜひとも聞いてみたいものだと思う。

 私たちは無二の師匠・浅井先生のご信心に引っ張り上げられ、大聖人様がお待ち下さるゴールに向けて驀進している・・・

第三婦人部長の発言も悩ましい。大聖人が待っている云々は譬喩表現だと理解することにしよう。それならばわからなくもないが、すると今度はゴールの意味が問題となる。ゴールは譬喩ではなく具体的な意味が存在するはずなのだ。ところがである。大聖人が待っている云々の譬喩に引っ張られて、ゴールのほうも何となく譬喩っぽくなってしまっているような雰囲気が感じられるわけである。

なぜならば、現実的な意味でゴールは遠い先のことに思えるからである。つまり、そうした冷静な視点を持っている人にとっては、すでにしてゴール云々が現実離れした話にしか思えないわけであり、だからそれは譬喩なのだと結論してしまったほうが収まりがいいわけである。

しかし、そうすると、そこにはいったいどのような実利があるのかが問題となってくる。もし何のメリットもないと思えば、一気にやる気が失せてしまうだろう。難しい話ながらも、これが顕正会の構造的な欠陥と言えるのかもしれない。

ドブ板踏んだ戦い・・・

これは男子部第三十一隊長の記事であるが、古い表現である。ようは譬喩表現なのだろう。こうした表現は好みの問題であって、悪くはないと思う。

「種子法廃止」「水道事業民営化」の本質 誰も知らず
在野の諫暁団体≠フ使命かみ締める


婦人部宮崎支区部長の記事に付された見出しである。彼女はひじょうに活動的であり、あちこちの役所に乗り込んでいって折伏している様子がよくわかる記事である。

宗教と分かった時点で目が泳ぎ・・・

それはそうだろうと思う。役所は行政サービスの一環として市民からの要望に耳を傾ける。当然、聞ける話と聞けない話がある。残念ながら顕正会の話は聞けない話なのだ。

いや、もちろん、彼女の主張も相当であって、見出しにある種子法だとか水道事業の問題は深刻である。ゆえに役所側がそれに対してどのような見解を持っているのか確かめる必要があるし、それが間違っているとすれば正しい方向に向かわせるべく意見を言うのは悪いことではないだろう。

ただし、一職員の立場ではどうすることもできないのが現実であり、かつまた役所側から見ればしょせんは形を変えた宗教団体の勧誘に過ぎない、というふうに思われても仕方がないところではある。

「県で種子を守る活動をしている。美味しくないお米を誰が買おうか!もっと勉強してこい」

これはJA宮崎の育苗センター長が放ったセリフのようである。結局、この人は地元においてはそれなりの名士であるものの、しょせんはそこまでの人物である。こう書くとバカにしているように思われるかもしれないがそうではなく、ようは中央政府が決めたことに対しては従うしかないのが普通の感覚なのである。

ところで少し話が脱線するけれども、上掲を読んでわたくしはタイ米のことを思い出した。もう二十年くらい前になるだろうか、めずらしく冷夏の年があった。日本ではコメが不作だった。そこで政府が緊急措置としてタイ米の輸入を決めたのである。ところが日本国民は贅沢にもタイ米はマズイと文句を言ってあまり食べなかったのである。
しかし、これはじゃっかんの誤解があることで、ようは食べ慣れていないから違和感があることが第一の問題であり、第二の問題はそもそもコメの品種が違うのだから同じような炊き方ないし調理法では美味しく食べられないという、当たり前のことが忘却されていたために起こった齟齬なのである。
わたくしの拙い見聞を書けば、タイ料理はどうか知らないが、近年はインド・ネパール系の飲食店がけっこう存在する。そこで出されるコメがタイ米かタイ米に近い品種のようなのである。実際にはナンを食べる人のほうが多いのだが、当然、ライスを頼む人もいる。わたくし自身、ナンを食べる機会が多いものの、ライスも悪くないと思っている。

思えばタイ米をマズイと言っていた頃の日本人は、一億総中流社会と呼ばれる時代を生きていたのである。そこそこ豊かであり、食べ物の味を云々する余裕があった。

しかし、今はどうだろう。かなり貧困層が増えてきて、わたくし自身も決して他人事ではなくなってきた。つまり、ウマいマズいではなく高い安いが選択基準にならざるを得ないという現実に、今は直面しつつあるのだ。

センター長ともなれば、それ相応の収入を得ていると考えられるので、まだそこまでの深刻さを感じていないのかもしれない。それが上掲のセリフにあらわれているのかもしれないと思う。

話が大幅に脱線してしまったようだが、結論は簡単である。

近年の顕正会はわりと政治案件に口出しすることが多い。それに対して宗教団体としてどうかと疑問を呈する人もいる。しかし、わたくしの印象は案外に悪くないのだ。けっこう鋭いところを突いていると思うし、活動会員たちの教養にもなることなので、今後も続けていくべきだろう。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ