2018/10/17

ムベナルカナ  
S@法華講氏はわたくしの想像を間違いであると言っている。しかし、たとえ施錠云々がその通りだとしても謗法者を近づけたくないという心理が働いて当然とも思えるのだが、いかがだろうか?

一般的な寺院はたいてい境内への出入りが自由にできる。かつてのわたくしは決して他宗の神社仏閣には近づかなかったが、今では散歩がてら通り抜けることがある。大きな寺社になると四方八方に出入り口があって、それがわりと近道だったりすることがあるのだ。しかし、当然ながら堂宇の中には勝手に入れない。ご自由にどうぞというところもあるだろうが、基本的には建物の中には入れないはずである。

大石寺も基本的には同じではないかと思う。ただし、一般的な寺院の場合は防犯上の理由からと考えられるが、大石寺の場合は特殊な事情がある。それが謗法者云々なのである。もちろん最終的には謗法者も救っていかなければいけない。しかし、戒壇の大御本尊の近くには謗法者を近づけたくない。前回の拙稿はそうした背景を踏まえて書いたわけである。

さて、顕正新聞の続きである。

第三男子部長の肩書きが気になった。この人は副総男子部長だったはずだが、降格になったのだろうか?

 解散処分より四四年目の本日・・・

なかなか斬新な視点である。郡山会館に新しい本館が完成して入仏式が行なわれた。その日が解散処分から数えて四十四年目なのだそうである。

大師子吼・・・

あらまあ、まだ言っているの? 第二十二婦人部長も同じことを言っている。困った人たちだ。

大聖人様が、全人類成仏のための大法を守り奉る義務と大任を果される先生を、七百年の時を越えて召し出だされ・・・

第二十二婦人部長の記事にはご覧のようなくだりがある。その上で大師子吼が登場するのだ。話が複雑でわかり難いが、かなり危ない表現のように思える。ようは会長本仏論的な発言なのである。

創価学会歴四十八年の男性が本年六月に顕正会へ入会した。その記事から引用しよう。

始めて拝聴した浅井先生のご講演は・・・

初めて本部会館に参詣いたしましたが・・・

いつも指摘していることである。始めてと初めての使い分けにどれほどの意味があるのだろうか?

これは浅井先生に公開質問状を出したいくらいである。

次の男子部第六十四隊長の記事もよくない。彼は平成十八年に顕正会に入会したわけだが、それまでの二十年間を創価学会員として過ごしたそうである。男子部の隊長ということは顕正会歴十年ちょっとでそこまで上ってきたわけなのだろう。

学会の任用試験に合格すると、知らないうちに班長になっておりました。

創価学会の役職には不案内であるが、班長の呼称は違うのではあるまいか?

また、顕正会に入会後の話として、山形県鶴岡市の宗門末寺「宝樹院」の住職と法論したことが書かれている。

 この末寺は、私が学会時代に「御授戒」を受けた寺で、当時は五千円の料金を支払ったことを記憶しております。

料金はおかしいだろう。世間一般の表現としてはあり得るものの、日蓮正宗の中ではそのような言い方をする人はいないのではあるまいか? それともわりと普通に使われているのだろうか?

基本、顕正会では無料を謳っている。彼はすでに隊長という役職をいただいているほどの熱心な顕正会員である。その上で想像するならば、彼は悪意を込めて料金などと書いたのかもしれない。

 導師席には僧侶がいましたが、勤行の声は明らかに録音した音声を流しており・・・

再び創価学会時代の話に戻る。今はかなり事情が異なるものの、彼はギリギリで大石寺への参詣を経験している。上掲は丑寅勤行の話のようだが、はたして本当だろうか?

 その翌日、正本堂を見学しましたが・・・

見学? 見学ができるのだろうか?

もはや悪意の塊のような登壇記事である。冒頭の話にも通ずるごとく、謗法者を近づけないのが日蓮正宗のシキタリである。こう書くと正本堂の完工式のことをあげつらうかもしれないが、それは例外と考えるべきだろう。正本堂は一般の観光寺院が行なっているような拝観が許される道理もなく、あくまで篤信者への御内拝が行なわれているわけである。

その意味では当時の彼の置かれていた状況からして、創価学会の教育が悪かったと考えるのが自然である。その数年後に宗門との関係が壊れることからしても、すでにその萌芽をここに見るべきなのだろう。

彼は平成十八年に顕正会に入会した。これもまた象徴的な話であって、ようは創価学会の中で宗門の悪口をたくさん聞かされてきたわけである。そして顕正会に入会後もしかりである。創価学会とは切り口が異なるものの、顕正会のそれも宗門に対する悪口に他ならないわけだ。すると都合三十年近くも宗門の悪口を聞いてきて、すっかりそれに馴染んでしまっているわけなのだろう。

以上、悪意の塊みたいな記事が書けるのもムベナルカナである。

危機一髪だった
 「水蒸気爆発」!!


男子部第三十六隊班長の記事はやや疑問である。福島第一原発の事故について書いているわけだが、事実と相違するのはないかと思う。

 溶けた核燃料が圧力容器の底の水と接触することで発生する「水蒸気爆発」が起これば・・・

日本は壊滅していたという。

 実際、溶けた燃料棒は原子炉を突き破り、溜まっていた水まで、鉄板一枚を挟んだギリギリのところまで到達しており・・・

ようはギリギリセーフだったと言っているわけだ。

わたくしも専門家ではないので間違っているかもしれないが、しょせん浅井先生以下顕正会の幹部たちも付け焼刃の知識しかないわけなのだろう。

わたくしのいわく、圧力容器=原子炉ではないのか、と。だとすれば上掲は矛盾した話である。登壇者は原発関連の仕事に就いているそうだが、それにしてもどうかと思う。

簡単に説明すると、まず圧力容器は水で満たされている、その中に燃料棒がある、もし万一にも水がなくなると空焚き状態になる、すると燃料棒が制御できなくなって高熱を発する、それがやがて溶け落ちて下部に残っている水と接触すると大爆発を起こす、というシナリオである。しかし、水蒸気爆発は起きなかった。

ちなみに今も動画サイトで確認できるはずだが、水素爆発が一号機と三号機で起きている。そして二号機も含めて三つの原子炉でメルトダウンが起こった。さらに四号機も崩壊してしまった。

すでにこの時点で人類史上最悪の原発事故と考えるべきなのである。

やはり人間とは愚かなものなのだろう。あれほどの大事故を経験しておきながら時間と共に忘れ去られようとしている。今回の登壇記事は方向性こそ原発批判になっているものの、かなりズサンな内容のように感じられる。つまり、顕正会の中でも風化が起こっているのだ。

 登用試験を受験した翌週より・・・

高校受験においても・・・


最後は男子部第八十九隊組長の記事である。これは難病を克服した体験であり、そのこと自体をとやかく言うつもりはない。ただ上掲を見れば誰もが容易に想像できることがある。ようは中学生が登用試験を受けたのだ。

まあ、大した問題ではないのは事実だろう。だが、しかし、すると本人が希望すれば小学生でも受験できるのか、幼稚園児はどうか、というような線引きの問題が生じてくる。その意味ではやはり問題なのだろう。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ