2018/11/10

ワカミヤ  
ゲラゲラ氏によれば、平成十七年の段階では次のような文証が残っているそうである。

大聖人が「聖人御難事」を認められ、出世の本懐を遂げられることを宣言されたのが、十月一日です。法戦の全魂の指揮を執られながら、一方で大御本尊御建立の準備をしていかれたと拝せられる。

池田大作氏の発言とのことだ。

一方、沖浦氏は次のように書いている。

 タンカーは方向転換に時間がかかります。
 モーターボートは一瞬です。


譬えとしてはわかりやすいものの、現実的にはどうかと思うところだ。ようはタンカーにしたって方向転換するのに何十年も掛かるわけではない。鶴の一声ということもあり得る。池田先生がそうおっしゃるならば従いますと。つまり、沖浦氏の言っていることは体のいい言い訳に過ぎないのだ。そもそもが方向転換とは変節なのだから、それを自ら白状しているようなものなのである。

ところで、後日取り上げることになるが、実は顕正会でも池田氏が長い年月を掛けて方向転換を図ってきたと言っているのである。しかし、前掲の平成十七年の池田発言からすると、どうも違うのではないかと思えてくるのだ。ようは顕正会では結果だけをつなぎ合わせて自分たちに都合のよいように解釈している、というふうに思えてくるのである。これは後日また書くことになるだろう。

さて、顕正新聞第1453号に参ろう。

 「本、願を立つ」との仰せ、――ついでに言っておきますが、発刊されている多くの御書集には「大願を立てん」と読んでいるのが多いが、「大願」ではない、「本、願を立つ」が正しい。

これは以前にも取り上げたことのある教学上のテーマである。ようはどちらの読みが正しいのかという問題だ。御書全集も平成新編も「大願を立てん」としている。わたくしの知るところでは日蓮宗系が「本、願を立つ」と読んでいるごとくである。

この場合、日蓮宗だから間違っているという短絡はいけない。いわゆる是々非々で論じるべきところであり、彼らの読みが正しいのであればそれを採用すべきだろう。

ただし、浅井先生の場合はもう一つの足枷がある。

一、大願を立てん句、日本国の位をゆづらむ句、法華経をすてて観経等について後生をごせよ句、父母の頚を刎ん念仏申さずば云云。(同n)

  一たびこの文を拝せば涙数々降る。後代の弟子等、当に心腑に染むべきなり云云。


http://www.mitene.or.jp/~hokkekou/kaimokusyougukige.html

リンク先は正信会系の人物が運営しているサイトであるが、わたくしの所持していない史資料がたくさんあり、かつまた他には同様のサイトが存在しないこともあるので、大いに利用させていただいている次第である。

それはともかく、上掲は日寛上人の御筆記である。ご覧のように、ここでは「大願を立てん」となっている。さて、どうしたものだろうか?

何しろ浅井先生は言うのだ。日寛上人の仰せは絶対であると。

単なるアゲアシ取りのような話に思えるかもしれないが、そうではないだろう。前述のごとく、教学上の一つのテーマである。それを日寛上人の教学は絶対だと言う浅井先生が、日寛上人とは違う説を採用しているのである。これが許されるのであれば、何でもアリになってしまう。ようは自分の都合に合わせてどのようにでも解釈できてしまうのだ。

ぜひとも浅井先生の弁明を聞きたいものである。

鎌倉若宮八幡宮

今度はアゲアシ取りに近いものの、ちょっとしたマメ知識のような意味で貴重かもしれない。たった今、ネットで調べてみたら上掲のような言い方は存在しないようである。通常、鶴岡八幡宮と呼ぶ。そして当然ながら地元の人は鎌倉を冠する必要がないので、鎌倉鶴岡八幡宮などと呼ぶこともない。逆に他所の人たちは鎌倉八幡宮と通称するようである。

わかみやこうぢにうち出で四方に兵うちつゝみてありしかども・・・

これは顕正新聞からの引用ではなく、平成新編から種々御振舞御書の一節を引用したわけだが、「わかみやこうぢ」が興味深い。ここには漢字ルビが振ってあって、若宮小路となっている。しかし、今現在の鎌倉ではあの中央の大通りを若宮大路と称している。

だから何なのだと問われると困る。一つ言えることは、わかっていないことがまだたくさんある、ということだろう。ゆえに上述のような視点からもっと深く探求すれば、あるいは今まで気がつかなかった発見があるかもしれないということである。

 「汝、伏して之を信ずべし。当に知るべし、此の文の元意は、蓮祖大聖、名字凡夫の御身の当体、全く是れ久遠元初の自受用身と成り給い、内証真身の成道を唱え、末法下種の本仏と顕われ給う明文なり」と。

これは顕正新聞の引用である。日寛上人の仰せであることは誰もがすぐにわかるだろう。そしてこれがなんと前掲のリンク先にも出てくるのである。浅井先生のご都合主義がよくわかる事例と言うべきだろうか?

 やがてこの日本国に、立正安国論に仰せの天変地夭が相次いで起きてくる。すでにそのはしりは始まっているが・・・

ハシリもまた浅井先生の好んで使う言葉かもしれない。詳しくは調べていないが、ずいぶん昔から使っていると思う。いつまでハシリが続くのだろうか?


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ