2020/1/7

ナンダカンダ  
ハラダ氏の疑問について、わたくしなりの所感を書いておきたい。

動画配信は法華講の有志が行なっている。有名なのは樋田昌志氏だろう。氏の動画は今や膨大を極める。ところがそれほど注目されているようには見えない。では、宗門が公式にやれば視聴数が伸びるのかと言えば、たぶん伸びないだろう。
顕正会にも同様のことが言える。樋田氏のように実名顔出しでやっている人間はいないと思うが、顕正会の総幹部会などの映像を配信している人がいるのは事実だ。しかし、それが大注目されているかと思えば、さにあらずである。
動画サイトで「顕正会」を検索すると、最近は顔出しの人物が顕正会の被害を云々していたりする。その代表格が「えらてん」という人物で、この人はすでに実名で動画を出しており、顕正会だけではなくあらゆる方面の動画を出しているので別格だろう。例えばわりと最近は立花孝志氏に噛みついたりして、それがかなり注目を集めている。

では、えらてんチャンネル以外の人たちはどうかであるが、実はほとんど視聴数が伸びていないのである。顕正会の話題を取り上げても誰も見てくれないのだ。

これが現実なのである。

単純に、宗門と創価学会と顕正会の話題では、ナンダカンダ言っても創価学会の話題がいちばん注目を集める。まさに人数に比例して、知名度に差があらわれているのだ。

動画配信サイトとしては、ユーチューブが有名であり、ここは基本的に誰もが自由に投稿できる仕組みになっている。ゆえに無名の一般人に過ぎなかった人が、ここで一躍有名になったりもしている。ややもすればテレビタレントよりも収入が多かったりするらしく、そこで最近はなんとテレビタレントたちも挙ってユーチューブに参入してきているらしいのだ。

競争が激化している。そうした中で宗門が動画を配信して、どれだけ注目を集められるかを考えると、暗澹たる気分になる。

以前、僧侶はオワコンだと書いた。

葬式の簡素化に伴ない、僧侶を呼ばないで葬儀を済ませてしまう人たちが増えている。もちろん今も葬儀には僧侶を呼ばなければいけないと考える人たちも多くいるわけだが、それでも簡素化は否めないだろう。わたくしの親戚で、それほど信心深いとは思えないものの古くからのシキタリみたいなものに縛られているためか、盆には菩提寺から住職を読んで御経を上げてもらうのを恒例にしている人がいた。しかし、数年前に亡くなってしまい、跡継ぎもいなかったため、菩提寺側の立場で言えばオトクイサマを一件失ってしまったことになるだろう。その回復はほぼ見込めない。

動画配信に戻って、おそらくは既成仏教のどこの宗派であっても、たとえ動画を配信したところでそれほど注目を浴びることはないだろう。宗門もしょせんは既成仏教の一派に過ぎない。客観的にはそのような位置付けになるはずだ。

つまり、葬儀だけの話ではなく、宗教としての存在価値がどれだけあるのかを考えると、絶望的かもしれないのだ。

動画サイトとテレビの違いはチャンネル数だろう。

基本的に、テレビはいわゆる地上波の限られたチャンネルしか存在しない。昔であれば十二まであるダイヤルをガチャガチャ回して、どこもツマンネエなあ、と言いつつ、その中でマシなチャンネルを視聴するしかなかった。
ところが動画サイトの場合はチャンネルが無数にあって、そこから自由に選ぶことができるのだ。ゆえに今まで視聴していたチャンネルであっても飽きてしまえば他のチャンネルを選ぶことが可能であり、地上波とは違って無数に選択できるわけだから、ツマンネエ、ということにはなり難いのだ。
まさに選択の自由がある。その無数の選択肢から日蓮正宗であるとか顕正会が選ばれるにはどうしたらいいのか、宗門首脳にとっても顕正会首脳にとってもまさに超難題と言えるだろう。

実は宗教そのものがオワコンなのではない。

動画サイトを詳しく調べたわけではないが、いわゆるスピリチュアル系だとか自己啓発系のチャンネルで好評を博しているところもある。つまり、人々のニーズとして宗教系も存在し得るし、おそらくは一定以上の支持を得ているところもあるはずなのだ。

ここで、あるはず、と書いた点に注目したい。

つまり、チャンネルが無数に存在するために、漫然と眺めているだけでは見つからないのである。ゆえに宗門や顕正会が動画を出したところで、なかなか見つけてもらえないという現実に突き当たる。

無責任な立場で言いたいことだけを言って恐縮だが、差し当たってはネットとリアルの両面作戦が有効だろう。

ネットだけでもダメだし、リアルだけでもダメ、その両方を効率的に活用する。人々は現実の世界で懸案が生じた時、今の時代はネットで解決法を調べたりする。実は葬儀葬式を専門に扱う動画チャンネルがあって、それが数年前からけっこう好評を博している。人は必ず死ぬわけだから、その時に何をどのようにするのか、それを今の時代はネットで調べるのだ。くだんのチャンネルは実は小さな葬儀屋さんの社長が運営しているもので、どうやら動画のほうで人気を博したことで葬儀の依頼が劇的に増えたようである。

さらに無責任に話を進めてしまうと、浅井先生と大草氏とで法論をやればいいのである。それがリアルということだ。そしてそれを動画配信する。ネットである。この衝撃度は甚大だ。

以上、思いつくままに書いてきたが、宗門の伝統行事をそのまま動画配信したところで退屈だろう。刺激を求めるならば折伏の宗らしく法論をやらないといけない。それが一つの答えのはずである。

基本的にですが、貴方や宗門更に顕正会の根本的な過ちは、曼陀羅本尊を仏の当体としている所です。

沖浦氏の所論はいくらでも破折できる。今回は、仏の当体じゃないとすると何なの? と問うておこう。

勤行の時、曼荼羅に向かって合唱礼拝をする。これはまさに曼荼羅御本尊が仏の当体だからである。顕正会の場合、大石寺の戒壇の大御本尊に向かって遥拝勤行をする。大御本尊は日蓮が魂、すなわち仏の当体に他ならない。これを根本的な過ちだと言っているのだから困った人である。現在の創価学会は弘安二年の大御本尊を受持の対象にしないと宣言したものの、曼荼羅御本尊に対する認識は基本的に変わっていない。ゆえに沖浦氏は他の創価学会員からも破折されてしまうのだ。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ