2020/1/9

アシザマ  
沖浦氏から反論が寄せられた。仏像について、辞典にはこれこれこのように書かれており、大聖人もそのように認識されていた、違うと言うなら反証しろ、というような感じである。

おそらく沖浦氏は開眼のことを度外視しているのだろう。単純に言えば、開眼された仏像は本物の仏と異ならない、ということなのだ。これを現代人がどのように考えるかは別問題で、大聖人の時代においてはそれが常識だったのだ。

また、少し余談になるものの、御書には中国という表記がわりとたくさん出てくる。現代人にとって中国はチャイナのことであり、他の用法はほとんど存在しないはずである。ところが大聖人の仰せられる中国は意味が違うのである。つまり、現代人が現代感覚だけで御書を読んでいると間違うことになる。この点、沖浦氏は認識を改めるべきである。

さて、今日も顕正新聞の続きを見て行こう。

大師子吼

副総男子部長である。いつまで言い続けるつもりだろうか?

平成二十六年の元旦勤行において先生が「国難元年」と銘打たれてより間もなく六年。

第二十七女子部長(九州)はなかなか鋭い。わたくし自身、この顕正会式年号については注目し続けていたものの、ウッカリ失念していた。さて、本年は国難六年? いや、七年? いよいよわけがわからなくなってきた。

先生が東北の地に赴かれるのは本当にこれが最後では・・・

婦人部片瀬支区部長(神奈川)の発言である。これが最後というフレーズは先生の年齢的限界を意味するのだろう。不謹慎なようだが、それが事実である。

 経済的な理由で火葬のみとなりましたが、臨終より一週間も経っているにもかかわらず綺麗な遺体・・・

婦人部多摩支区総班長(首都圏)の記事には、組長の娘さんが透析中に亡くなったことが書かれている。火葬のみ云々は経済的理由とわかるが、一週間云々の理由がわからない。あるいは透析中に亡くなったことが、いわゆる医療事故に相当するのかもしれない。その場合、司法解剖のようなことが行なわれるので、火葬までに時間を要したのかもしれない。

この記事ではもう一人、八十四歳の人の臨終について書かれている。しかし、どうやら家族は誰も入信しておらず、総班長は後になってから亡くなったことを知ったらしい。当然、顕正会で葬儀を挙げたわけではないのだろう。にもかかわらず良き臨終と書いている。そこが釈然としないところである。

ともかく臨終の話題が多い。上掲は六面の記事だが、七面には三本の体験発表が掲載されており、いずれも母親の臨終について書いている。

一方では幹部たちが、日達上人や日顕上人の臨終について悪し様に書いている。まったく困った人たちだ。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ